2019年9月16日 (月)

86のレリーズ

ZN6のレリーズからクラッチを踏むたびにキィキィと音が出て気になるということで修理しました。

踏むときに音が出る箇所はエンジンルーム側であればレリーズフォークの支点が一番出る場所です。

P9160007

この場合ミッションを降ろしてグリスアップするという作業になるのですがそれだけではもったいない気持ちにもなります。

ということで、今回は強化レリーズフォークに交換と新品のレリーズベアリング、ピポットに交換しました。

グリスアップして組み込み、ミッションを載せて完成です。

シルビアのステアリング系

S14のパワステオイル漏れなどの修理です。

ラック、ポンプはリビルトですがラックのほうがリビルト会社の方で在庫がなくなっていて現物修理となりました。

P9130005

リビルトラックにはタイロッドエンドは含まれないので再使用可能であれば良いですが、

今回はそこそこ劣化をしている状態でしたので交換しました。

P9080001

エア抜きしてアライメント調整して完成です。

コロナ

AT141のコロナに20Vの4AGが搭載してある車両ですが、ECUをモーテックにしたいとのことでスタートしましたが・・・

載せ替えしてから10年くらい経っているということだったので圧縮を測定したらかなり低くなっていました。

なのでエンジンをオーバーホールして同時にモーテックも取り付けすることになりました。

 P9100001

まずはエンジンを降ろして分解しました。

どんどん分解して棚落ちはしていませんでしたがピストンリングクリアランスはほぼ限度でしたし、

P9100002

バルブの密着もかなり悪くなっていました。

壊れているわけではなかったので一安心です。

内燃機加工に出してひとまず作業はストップです。

 

 

2019年9月 1日 (日)

86のサーモスタット

ZN6のサーモスタットを当店オリジナルのローテンプサーモに交換しました。

オーバークールにならないちょうど良い温度になるように設定してあります。

P9010005

今回の車両ではエキマニは触らずに交換可能でした。

エキマニによっては取り外しが必要なものや少しずらして交換できるものなどありますので交換作業にかかる時間が多少違いがあります。

シルビアのテンションロッド

S15で先日オイル交換をしたときに発覚したテンションロッドブッシュのグリス漏れの修理です。

P9010004

今はとりあえず修理ということでブッシュのみ入れ替えしました。

できるなら調整式のピロアームにしたいところですがそれは次回のお楽しみということになりました。

AE86のタイミングベルト

AE86のタイミングベルトを交換しました。

P8300002

同時にカムプーリーやクランクプーリーも交換しています。

合わせ位置が通常と違っていたので危うくズレて取り付けしてしまいそうでしたが違和感で気がついてズレずに取り付けできました。

スープラLSD

JZA80にLSD組み込みしました。

今回はドリフトもしたいと言うことでATSのRタイプです。

P8280001

使用用途に応じて部品を選択しないと後悔することにもなりますので相談してください。

2019年8月16日 (金)

BCNR33のタービン

スカイラインGT-Rのタービンとエキマニを交換しました。

既にTO4Rを取り付けしてありましたがエキマニが割れていたことなどからエキマニとタービンを交換となりました。

P8050012

ですが画像はこれだけ・・・

エキマニを交換してタービンはGT3-4Rを取り付けしフロントパイプやインタークーラーパイピングも加工&製作したのに良いところは何も撮っていないという・・・

慣らしが終わったらセッティングです。

マークX

GRX133にオイルクーラーの取り付けをしました。

コアはラジエター前にエアガイドを少し作って取り付けしました。

P7290003

オイルフィルターは2GRは中身だけ交換するタイプなので少々特殊で純正の部分はラスティさんから販売されているアダプターを使って移動して取り付けすることになります。

P7290004

移動ブロックの取り付け位置決めに少々苦労しましたがなんとかフィルター交換時に汚れないところへ取り付けできました。

 

お次はリアブレーキオフセットキットを取り付け。

P7290005

Biotから販売されているキットですがGRX133はリアキャリパーの種類があるらしく発注前に確認してからの注文でした。

フロントに対してリアのサイズがかなり小さかったのが同じくらいになりました。

 

 

FD3Sのダンパー仕様変更

FD3SのN1ダンパーを中古で手に入れたとのことでオーバーホール+仕様変更をしました。

P7240006

前のモデルのダンパーでしたが当店のデモカーで使用していた時のΦ52シリンダーのモデルですので当時のデータを現在の物と加味して修正した仕様で組みました。

スプリングもハイパコで行きますのできっと楽しい足になってくれると思います。

 

«86いろいろ

無料ブログはココログ