2019年7月14日 (日)

試作

ZN6用N1ダンパーのリアのロアアームとの取り付け部分のブッシュが切れてしまうと言う

トラブルが現在までに数件発生しているので。。。

ブッシュを入れ替えしてピロにする加工をして見ました。

P7140005

商品化する予定なのでピロカラーは既に数台分製作しました。

ブラケットを新品で販売するか現品加工にするか考え中です。

 

カローラスポーツ

新型車のカローラスポーツにクスコの車高調を取り付けしました。

と言っても作業途中の画像は撮り忘れ・・・

取り付け後にうちの86のタイヤホイールを仮付けしてホイールマッチングを見て見ました。

P7080003

なかなか良い感じにツライチ?やや出ぎみですがこれくらい攻めても良い気がします。

 

2019年6月19日 (水)

86のエンジン

メタル流れでオーバーホールとなったエンジンですが加工関係も完成し組み付け開始です。

P6160005

クランクは新品でメタルはWPC加工しています。

P6160006

ピストン、コンロッドは重量合わせしてあります。

随分慣れてきたもので組み始めれば組み上がりまでそれほど時間はかかりません。

P6170007

組み間違えしやすい部分は念入りに確認して本体完成。

補器類を取り付けして車に載せます。

P6180008

同時にブローの原因も取っておく必要がありますのでオイルクーラー、メーターも取り付けします。

P6180009

メーターの方は撮り忘れていました。

 

ロータリーエンジン

久しぶりにロータリーエンジンの組みつけが入りました。

以前に自分の車でもオーバーホールしましたが2ピースのアペックスシールはどうも信用できないので

P6120004

3ピース加工仕様で組みます。

ロータリーは組み始めると一気に組み上げないといけないので前準備の時点で画像を撮り忘れると画像はありません。

シルビアのN1ダンパー取り付け

先日内部仕様変更したS14のN1ダンパーを取り付けしました。

P6100003

最新仕様のアシストスプリング付き仕様です。

アライメント調整前に調整式アーム類の固着確認して一部アーム長を変更してアライメント調整して完成です。

少し乗っただけですがスムーズに動いてくれていました。

86のクラッチ

ZN6のクラッチ交換作業です。

今回はお客様指定でエクセディカーボンDです。

P6080001

この仕様は初めてですがカーボンクラッチは冷間時に滑ってしまうとかよく言われますがきちんと暖機して使えば

繋がりがマイルドでディスクが軽量なのでミッションの入りが良くなるなどメリットも多いですね。

 

同時作業でミッションマウントも交換します。

P6080002

TRD製です。

エンジンマウントもクスコ製に交換しましたが画像はありませんでした。

 

2019年6月 5日 (水)

N1ダンパー

S14のダンパーのご注文をいただきました。

もちろん仕様変更をして組みます。

P6050009

バルブ仕様、ストロークもスプリングレートなどから考慮して変更します。

新品ですがオイルは入っていたものは捨てていつものオイルにします。このオイルにしてから次に開けたときの汚れがかなり少なくなりました。

P6050010

組みあがりました。

あとは車に取り付けするだけです。

富士スピードウェイ

1日、2日はスーパー耐久富士24時間レースの手伝いに行ってきました。

P6010007

24時間以上ピットに居るというのはなかなかにハードでしたが普通には体験できないので良い経験だと思います。

グリッドウオークではモリゾウ氏が大人気で人だかりができていました。

P6010008

帰り道は必死に眠いのを我慢して何とか帰宅しました。

2019年5月31日 (金)

AE86のエキマニ

AE86のエキマニを交換しました。

戸田レーシングの4-2-1タイプから4-1タイプへの交換です。

P5270005

バンテージも巻きましたが画像は撮り忘れました。

特性が変わるのでセッティングも作業しますがこの車にはモーテックM84が取り付けしてありますのでどのように変化があるのか楽しみです。

基本的には4-2-1はトルク型で4-1は高回転パワー型と言われていますが実際にはパイプ径も絡みますので必ずしもこの通りではありません。

個人的には集合前パイプの違いのほうが気になるところです。

車検時

CP9Aの車検のための下回り確認をしているとメタルキャタライザーのフランジ部分に割れがありましたので修理しておきました。

P5200003

結構長期的に使用していますので振動で割れてしまったのでしょう。

排気漏れしないように確実に溶接で付けておきます。

P5200004

キャタライザーの浄化能力も徐々に落ちていくのでいつかは交換する必要が出てくるとは思いますがその時までは活躍してもらいます。

«86のドライブシャフト

無料ブログはココログ