2020年9月16日 (水)

ミッション組み立て

ZN6のミッションオーバーホールです。

WPC加工に出してあったものが帰ってきたので組み付けしていきます。

P9160002

シフトフォークシャフトブッシュは分解したときにはやっておくべきものだと思います。

これをしないのであれば新品をAssyで購入したほうが良いかもしれません。

P9160003

4速カラー、シンクロハブ&スリーブ、シンクロリングにはWPC加工をしています。

P9160004

消耗していた3,4速ギヤとシフトフォークも交換して組み込みです。

中古ミッションベースで載せ替えるメニューですが定番化してリビルト+αミッションとして販売することも考えています。

 

カーボンペラ

86にカーボンプロペラシャフトを取り付けしました。

P9120001

センターベアリングも無くなって軽量です。

一部の車種では純正で採用されているほどですから効果は確実です。

2020年9月11日 (金)

シルビアの冷却系

S15の冷却系の見直し作業です。

P9070002

ラジエター、サーモスタットは交換する方は多いと思いますが忘れていけないのがファンカップリング。

P9070001

新品と比べると良くわかりますが抵抗が少なくなってファンが勢いよく回転していない事があります。

この車も既にそうなっていました。

今回はさらにラジエターの前の部品を減らす作業もしました。

P9070003

オイルクーラーがラジエター前に設置してあったのをフェンダー内に移設して水温に影響しないようにしました。

オイルクーラーも直接風が当たるようになるので今までより冷えるかもしれません。

2020年8月31日 (月)

86吸排気

ZN6の作業です。

吸気は当店では定番とも言える関西サービスエアダクト+アディショナルインテークです。

P8300001

関西サービスエアダクトはクリーナーボックスの吸い込み側の穴を拡大するので吸入抵抗をかなり減らすことができます。

そこへ更に元は吸込口でない所からも吸気させるアディショナルインテークを取り付ければ純正からは比べ物になりません。

P8300002_20200831191701

ちょっと画像はわかりにくいですがラジエターの前から吸入します。

 

排気はこの車両が新排ガス規制車なので適合しているパワークラフトのエキマニでいきます。

P8300004

第2触媒部分をカットしてサイレンサー部分を純正を使用することでマフラーの自由度があるというのは良い所です。

 

忘れずにやっておきたいのはプラグとイグニッションコイルです。

P8300003

プラグはHKS、コイルはOKDプラズマダイレクトです。

意外なほど全域トルクアップしますのでおすすめです。

 

先日製作しておいたチタンインテークパイプも取り付けして残すはECU-TEKセッティングです。

P8300005

ROM番がまた新しくなっていましたので初期データを新規で作ってインストールしてセッティングします。

2020年8月21日 (金)

オリジナルパーツの製作

チタンインテークパイプの後期用を注文していただいていますが他の同時装着品がバックオーダーで待ちになっているので作業の合間を縫って少しづつ製作しました。

P8210003

一緒に在庫も作っておこうと前期用も作っておきました。

この季節に溶接物はかなり辛いですがなんとかなりました。

FD3Sの作業

FD3Sの作業でお預かりした車両ですがバックオーダーになっていたサスキットが予定より早く入って来たので取り付けしました。

P8190001

エンドレスファンクションです。

今回は完全ストリート仕様ということでソフトタイプの設定があったのでこれに決定しました。

P8190002

フロントはアームなどを分解する必要がありますがデモカーでやっていた頃にかなり何度も分解したので慣れたものです。

リアは外すものが少なくてすぐ完了します。

 

2020年8月 7日 (金)

8月6日

毎年恒例の86/BRZフェスIn美浜サーキットへ行ってきました。

P8060013_20200807191801

今年もデモカー同乗ができるようにして行きましたので結構いっぱいの同乗走行を行いました。

参加者に若い方が増えてきた気がします。86/BRZも最初に発売されてから8年になりますので中古車の価格も下がって手に入れやすくなって来ているということでしょうか。

速すぎずハンドリングが良くて、荷物もある程度載せられて使い勝手もそれなりに良いのでテクニックを磨くにはちょうど良い位の車だと思います。

今回参加者の車でも同乗をしましたが案外純正のサスでも素直な良い動きをしてくれるのでタイヤをグリップするものにしただけでも十分練習できるので初めはノーマルのまま走ってみてほしいと思います。

GT-Rのメンバー交換等

BCNR33のメンバー交換とフルピロ化です。

メンバーは錆が気になるということで交換しますが同時にリジット化もします。

P8030010_20200807185901

メンバーを外して新品メンバーのブッシュをリジット用のプレートを溶接取り付けしていきます。

外したアームとナックルのブッシュはピロブッシュへ交換しました。

P8040011

P8040012

フロントはテンションロッドを調整式のピロタイプへ交換。

P8070014

R33にはブレーキダクトを取り付けする部分があります。

調整ネジ部にはかじり防止剤を塗ってから取り付けします。

残すはアライメントです。

 

86のプーリー交換

ZN6のクランクプーリーキットの取り付けをしました。

今回は赤が良いということで戸田レーシング製で決定。

P8010009

エンジンルームの中では見えるものではあるのでアルマイト色によって好みが分かれる物ではあります。

当店のオリジナルもそうですがプーリー比が純正と変更してあって少しパワーアップにも貢献します。

 

86メンバーブッシュ

ZN6のメンバーブッシュ交換作業です。

リア周りの補強でVSC&ABS介入が少なくなるという話を聞いてやりたいとのことでした。

何はなくともメンバーを外します。

P7280003

右のドライブシャフトのグリスが飛び散っていますので外したついでにブーツバンドを純正から締め込むタイプに交換しておきました。

P7280004

純正のメンバーブッシュを抜いて

P7280005

当店オリジナルのロールセンターメンバーブッシュに交換しました。

ボルト穴径も小さくしていますのでカッチリ取り付けできます。

更に補強プレートも溶接しました。

P7290006

取り付けしてあった部品を付けていき、

P7310007

リア周りが終わったら補強プレートキットのセットに入っているフロントロアアーム用の当て板も溶接しました。

P7310008

アライメント調整をしたら完成です。

 

«86の燃料系

無料ブログはココログ