2019年1月15日 (火)

AE86の修理作業

車検前に修理する箇所がいくつかあるということで入庫して作業開始しました。

 
まずはデフのコンパニオンフランジからのオイル漏れを治す所から。
 
コンパニオンフランジを外してオイルシールを交換してここは完成する予定でしたがそんな簡単に行かないのが現実です。
 
仮組みしてフランジを手で回転させてみるとゴロゴロした感触が・・・
 
どうやらベアリングが逝っているようです。
 
ということでそのまま電話連絡して更に分解開始。
 
P1130002
 
P1130001
 
デフキャリアを外してピニオンを抜きベアリングレースも外して洗浄して部品待ち状態です。
 
ついでにドライブシャフトのベアリングも確認するとこちらもゴロゴロ。
 
AE86のドライブシャフトのベアリングは交換が少々大変です。
 
ベアリングカラーを削って薄くした部分で割って取ってからベアリングをプレスで抜きます。
 
P1140004
 
新品のベアリングが1個手持ちであったので片側は作業できます。
 
P1140005
 
新品のカラーは熱々に温めてからプレスで入れます。焼き嵌めと言うやつですね。
 
昔そのままやってカジッた事があるので必ず修理書通りに温めましょう。catface
 
ここまでで部品待ちになりますので次の作業を進めます。
 
次はパワステポンプからのオイル漏れ修理です。
 
AE86では結構ある事例ですね。
 
ポンプを外して分解して行きますがすでにオイルでドロドロになっていて手は真っ黒になります。
 
P1130003
 
分解したらすべて洗浄して新品のシールキットを使って組み付けしていきます。
 
今でも新品部品が手に入る事が偉大ですね。
 
ラック側の部品は廃盤になっているようなのでこれもいつまで供給があるのか分からないですね。

ちょっと遅れてオートサロン

年明けして初のネタが遅れてのオートサロンネタです。coldsweats01

 
気になるといえば真っ先に90スープラ
 
P1110008
 
P1110009
 
レース車のバンパーデザインのほうが好みです。
 
MT車があれば・・・と思うのですが。
 
もちろん裏側は気になるところなので覗き見るのは当たり前ですが周囲の明るさとの差でよく見えません。crying
 
P1110011
 
デフは辛うじて見えますがトヨタ製ではない様です。
 
テインさんブースではGRB時代のラリーダンパーの造り物をパチリ。
 
P1110006
 
P1110007
 
苦肉の策といった所でしょうか。発想して実際に造るのにはかなり苦労があったと思います。
デメリットもいくつか思いついてしまうのですがやってみるのも面白いかもしれません。

2018年12月29日 (土)

2018年の最後の作業

今日で今年最後の営業日です。

 
今年もいろいろな作業のご依頼をありがとうございました。
 
2019年は1月5日(土)からの営業となります。よろしくお願いします。
 
今日の作業は掃除と代車の洗車、オイル交換の作業をして完了とします。
 
 
Pb120004
 
今年新規で組んだエンジンはスーパーバトルでは不発となりましたがパワーは出てくれているようです。
 
Pc210001
 
新品のタイヤは使わず仕舞いになっていたのでどうしようか考えていたのですが・・・
 
レブスピード編集部の加茂氏から一報があり、どうやら1月24日にスーパーバトルリベンジなるものをやると言うことです。
 
早速参加表明はしておきましたので他にももっとタイムアップできるような事も考えておきます。wink

2018年12月24日 (月)

チタンマフラー

86のマフラー製作です。

 
中間タイコはできる限り大きいものを使用します。
Pc240001
 
クリアランスが厳しいですがなるべく大きいものを使っておかないと音量が大きくなりすぎてしまいますし、中間タイコで消音したほうが良い音になってくれると思います。
 
Pc240002
 
消音するためにはテールのタイコも大きいものを使用すれば良いのですがオーバーハング部分を軽量化しておきたい面もありますので小さい物です。
 
バンパー下部に大きな空間ができますのでディフューザーで塞ぐかバンパーをカットしてエアがバンパー内部に留まってしまわないようにしたいですね。bleah
 
マフラーと一緒にご依頼いただいたのがフロントプーリーセット。
Pc240003_2
戸田レーシング製です。
 
純正とプーリー比を変更してあるタイプなので軽くなるだけでなく駆動ロスも軽減するのでパワーも上がります。
 
Pc240004
 
取り付けしました。
 
この状態ならばよく見えますが、エアクリーナーボックスやサクションパイプなどを取り付けした後ではあまり見えなくなってしまいます。catface

2018年12月19日 (水)

86のエンジン作業続き

12月に入ってすぐ入庫して加工待ちしていたエンジンの組付け開始です。

 
Pc140010
 
ピストン、コンロッドを重量合わせして
 
Pc140011
 
新品の後期シリンダーブロックに組みました。
どうして後期ブロックかというと、クランク支持剛性アップがされているので予算がある場合は使うと良いでしょう。
 
 
Pc180012
 
ヘッドはまだ商品化していないアレとポート加工をして組んでいます。
 
ほぼデモカーと同じ??むしろこちらのほうが良い部品が入っているかもしれません。
 
Pc190013
 
本体はほぼ完成しました。
 
少々部品を待つ必要が出来ましたが今週末に載せられる予想です。

筑波のあと

ずいぶんサボってしまいましたが・・・

 
筑波スーパーバトルが雨で不発に終わってしまったのでちょっと自分で様子見に走行してきました。
 
Pc100009
 
モーターランド三河でフリー走行です。
 
足は結構良い感じでしたがデフはイマイチで空燃比が何故か全く合っていないという状態で、パソコンを持って行き忘れて玉砕でした。crying
 
それでもエンジンは今までにない速さで、良い条件を揃えればタイムアップの期待ができそうな感触です。
 
新品のタイヤも残ったままなので何処かでまた走らせたいですね。

2018年12月 3日 (月)

FA20エンジン

86のエンジンオーバーホール作業です。

 
今年はFA20の当たり年?デモカーのエンジンを入れるとこのエンジンばかりを開けている気がします。bleah
 
Pc020003
 
一気に分解してしまいましたので画像はあまりありません。
 
Pc030004
 
全バラして加工に出します。
 
しばらく待ち時間が出来ますのでその間に洗い物と他の仕事をやっておきます。

アルテッツァ

アルテッツァの作業の続きです。

外したものをどんどん取り付けしていきます。
 
クラッチは少し前に交換してあったということなのでフライホイールのみを戸田レーシング製に交換しました。
 
Pb300001
 
純正はかなり重いので効果抜群です。happy01
 
エキマニもマキシムワークス製に交換しました。
 
Pb300002
 
現在入手可能なエキマニはかなり少ない状況ですので今から色々やっていきたい方にはつらい状況ですね。

2018年11月28日 (水)

アルテッツァのエンジン

作業は進ませていましたが、書いていませんでしたのでまとめて。

 
Pb210006
 
加工から帰ってきたので洗浄して組付け開始です。
 
ピストン、コンロッドは重量合わせをしてから組み込みです。
 
Pb260007
 
今回はバルブは新品です。
 
ポートはバルブシート周りの段付きを修正しています。
サクサクと組み付けすると画像がないことに気が付きます。coldsweats01
 
Pb280008
 
途中画像は無く、エンジンはエンジンルームに収まりました。

スプリング交換

ZN6のスプリングをレートと銘柄変更しました。

 
Pb170004
 
ハイパコにしたいということで交換ですがレートも少し変更しています。
 
更にリアにはアシストスプリングも取り付けしました。
 
Pb180005
 
ストローク量も合わせて変更して取り付け・・・ダンパー長が長くなるので取り付けしにくくなります。wobbly
 
サスペンションのブッシュをピロブッシュに変えてある車は少し作業しやすくなります。catface

«筑波サーキット

無料ブログはココログ