2018年7月16日 (月)

BRZのリア足回り

ZC6の作業です。

 
リアメンバー周りの部品を同時作業です。
 
P7150003
 
定番のメンバーカラーを取付して
 
P7150007
 
さらにデフマウントブッシュカラーを取付
 
P7150004
 
差し込む部分にバリがあったので切り取りして差込。
 
P7150006
 
さらに当店のリヤスタビ移設ブラケットも取付。
 
P7150005
 
今回はメンバーブッシュのワッシャが干渉したので少しカット。
 
この画像なら分かると思いますが当店のブラケットは取付後のスタビ交換が簡単に出来るように設計してあります。good
 
そしてメンバーブレースも取り付けしました。
 
P7150008
 
リヤ周りの剛性はこれでかなりアップできます。
 
最後にサウンドクリエイターの音にも飽きたということでインテークパイプを当店オリジナルのチタンインテークに交換しました。
 
P7150009
 
マフラーの音が気持ちよくなればサウンドクリエイターの音は無いほうが良いと思うのは私だけではないはずです。wink

2018年7月14日 (土)

バンプステア修正

86のバンプステア修正です。

 
今まではクスコのピロブッシュが入れてありましたが、サーキットでの回り込み感がもう少し欲しいということで入れ替えることになりました。
 
P7140001
 
今までのピロは外して見たら中で回転してしまっていましたのでちょうど良い交換タイミングだったとも言える状況でした。
 
P7140002
 
ラックブッシュのほうは以前に修正キットの部品で交換してありましたので取り付け方向を変えて入れ替えしてバンプステア修正キットとして使用できます。
 
バラ部品でも設定はしていますので補修やラックブッシュのみ使いたい場合などの要望にもお応えできるようにしてあります。happy01

2018年7月13日 (金)

86のドライブシャフト

中古のドライブシャフトを手に入れたのでインボードを確認してオーバーホールして欲しいということです。

 
P7130004
 
分解してグリスの粘度が残っていたのでそれほど痛んではいなさそうでした。
 
P7130005
 
洗浄して傷を確認し、問題ない状態でしたのでバリ取りをして組んでいきます。
 
ブーツも新品にしてグリスは純正は使わず高級品catfaceを使って組込して完成です。

2018年7月 4日 (水)

マークX

マークXの作業です。

 
この方、以前もマークXに乗っておられましたが、GRMN仕様に乗り換えられたので以前に使っていたLSDを組みました。
 
クスコRSですが、前の車ではVSCがすぐに介入するということでかなり弱くして組んでありましたがGRMNに乗り換えてからは介入してこなくなっているということで通常通りの仕様にして組み込みました。
 
P7030001
 
このデフケースはちょっと変わっていてリングギヤのクリアランス調整がちょっと特殊で、スナップリングの厚みで調整します。
 
P7030002
 
なのでオイルシールは確実に再使用不可です。
 
それにしてもこのスナップリングが固くて脱着に苦労します。crying

2018年7月 1日 (日)

86の作業

ZN6のクラッチ、ブレーキとドライブシャフトの作業をしました。

 
この方は既に13万キロを超えていますので距離による消耗が見られるようになってきました。
 
クラッチはORCライトですが作業中に画像を撮り忘れてしまったのでスルー。coldsweats01
 
ブレーキはパッド、ローターともサード製に交換しました。
 
P7010007
 
P7010006
 
ローターは独特なスリット+ピンホールですね。ピンホールと言っても貫通していないので冷却目的では無いのでしょうね。
 
P7010009
 
ドライブシャフトは86/BRZでは定番?のインボード側がグリス漏れが始まっていたのでオーバーホールです。
 
分解して中の状態を確認して異常摩耗がなければグリスを入れ替えて組み込みします。
 
P7010008
 
もちろんグリスは純正ではなく、高温高荷重に対応したものを入れています。

2018年6月19日 (火)

86のミッションの作業続き

待っていたWPC加工+シフトフォークシャフトブッシュ入換から帰ってきたので早速組込します。

 
P6160003
 
P6160004
 
ブッシュの入換はもちろん5箇所すべてです。
 
これをやるのとやらないのとでサーキット走行時のシフトのしっかり感はかなり違いますのでWPCはむしろおまけです。
 
ミッションを組んで載せる前に・・・
この車はクラッチがOSストリートマスターにしてありますが旧タイプのレリーズ仕様だったので新タイプに交換しておきます。
 
P6170005
 
レリーズフォークが曲がるとか割れるとかというトラブルがあったらしく、ターボ車のレリーズフォークに交換して強度アップするようにしているということです。
 
ミッションを載せて完成です。しばらくは慣らし運転してください。catface

RX-7のマフラー

FD3Sのマフラー交換です。

 
純正が錆びてテールが落ちたということで交換することになりましたがメーカーに在庫がなくしばらくお待たせしてしまいました。
 
P6160001
 
マフラーは消耗品だということをあらためて思い知らされます。
 
P6160002
 
取り付けたマフラーはアペックスのRSエボリューションです。
 
内部構造で消音してストレート構造になっている所がミソです。
 
小気味良くロータリーらしい音になりました。happy01

2018年6月11日 (月)

スイフトスポーツ

ZC33SにDefiのメーターを取り付けしました。

 
P6100003
 
まだバリバリの新車ですがまずは現状把握からということでブースト、水温、油温計を取り付けしました。
 
LLCのエア抜き中の温度でもう既にこの温度でした。
 
予想通りオイルクーラーとローテンプサーモ、ラジエターも必要になるかもしれませんね。
 
ファンの設定温度が変更できると良いのですが・・・
 
まずはノーマル状態がどうなっているか楽しみです。happy01

2018年6月 3日 (日)

86ミッション

ZN6のミッションの作業です。

 
クロスミッションを組み込む予定ですが、GRMN86のギヤが安くて良かったのですが4月から値上がりしてTRDのギヤと値段が変わらなくなってしまったようです。
 
今後は在庫の具合で選択する事になりそうです。
 
P6030002  
 
P6030001
まずはミッションを下ろして今日のところは終了です。

2018年5月25日 (金)

ランサー追加作業

CE9Aの作業が追加になりました。

 
P5230001
 
オルタネーター、パワステポンプの付近から異音が出ていたのと、微振動が多いので確認しておきたいということでタイミングベルトカバーを外してみると・・・
 
オルタネーターのステーのボルトが折れていました。
 
この事を報告するとどうやら他店で行った作業にかなり不満があって色々確認したいという気持ちでいたようで良い機会ということもあり・・
 
この場所の修理はウオーターポンプを外すのはもちろんですが道具が入らないと思われますのでエンジンを脱着することに。。。
 
P5230005
 
クランクを組み付け用の合わせマークと合わせて見るとバランサーベルトの方は合っていましたが・・・・
 
P5230002_01
 
タイミングベルトで回している方のバランサーシャフトは一コマ分ズレていました。
 
これで微振動があんなに出るのかどうかは作業が終わったら分かりますのである意味楽しみです。bleah
 
 
そしてクラッチもおかしくなっていたので確認して欲しいと言われていましたが入っていたのはOSのSTRツインですが、
 
P5250008
 
フライホイール側のディスクまで行った所で異常発見しました。
この時点で分かる人はOSのツイン以上をよく知っている人です。
 
正解はこう
 
P5250009
 
裏返しだったんですね。
 
ディスクが裏返しになると微妙な反りが反対になるので切れ不良、スプラインの位置関係もおかしくなるのでそちらでもおかしくなるでしょうね。
 
分解した時によく見て無いと言うことなのでしょう。
 
他人の振り見て我が振り直せという言葉もありますから自分も注意しないといけないと思います。

«RX-7の修理

無料ブログはココログ