« 今日のしごと | トップページ | ミッション研究 »

2010年7月 4日 (日)

アルテッツァステアリングシャフト

先日SXE10のステアリングシャフトのブッシュ部分からキシミ音が出ていることが発覚して部品を発注していたのですがやっと入荷してきたので交換します。

Stshaft1 右が新品です

同時にステアリングラックサポートとそのスプリングも交換しました。

Racksupo1 右が新品です

スプリングには前期と後期で品番が違いますが後期のほうがステアリングフィールが良いということでこの違いがあるのかわかりませんが今回は後期用に変更しました。

Racksupo2

特殊なグリスを塗って組み付けしました。

こういった少しずつの積み重ねできっとよくなってくれるでしょう。

もちろん当初の目的のキシミ音はなくなりました。

 

ついでにクラッチレリーズ部分でもキシミ音が出ていたのでグリスアップをしておきましたよ。 こちらももちろん解消しました。

« 今日のしごと | トップページ | ミッション研究 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

昨日は作業ありがとうございました。

ステアリングの方ですが、冷えるとやっぱり
キシミ感が出てくるようです。
もう少し様子を見てキシミ感が続くようなら
また相談に伺います。

クラッチのレリーズ部はメチャ調子が良くなりました。

いつもありがとうございます。
冷えるとキシミますか。原因追求していたときの感じだとブッシュから出ていたようでしたが・・・
馴染みがでて消えてくれるかもしれませんのでしばらく様子を見て消えなければまた調べます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルテッツァステアリングシャフト:

« 今日のしごと | トップページ | ミッション研究 »

無料ブログはココログ