« シルビアメンバー交換 | トップページ | ランクスエンジン降ろし »

2010年9月10日 (金)

R34クラッチ組み付け

部品が届いたので組付けします。

組み付ける前にミッションのメンドラのスプライン部分をきれいにしておきます。

R34cluch3

結構錆びなどで汚くなっている場合が多いのでワイヤーブラシで落とします。

ここの溝に汚れがあるとクラッチの切れが悪くなる場合があります。

きれいになったらレリーズベアリングを組み付けしますがここに使うグリスは色々試して現在使っているものになりました。

クラッチ本体は今回は乗りやすさ重視でカッパーツインです。

R34cluch2

ミッションを載せて試乗し各部確認。ペダルも軽くつながりも穏やかですね。

まるでノーマルクラッチのよう? と言うのは言い過ぎでしょうか。

とても400PS以上に耐えるクラッチとは思えませんね。

良い時代になりました。

« シルビアメンバー交換 | トップページ | ランクスエンジン降ろし »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: R34クラッチ組み付け:

« シルビアメンバー交換 | トップページ | ランクスエンジン降ろし »

無料ブログはココログ