« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月27日 (月)

29日の準備

スープラのセッティングも終わったので29日の準備です。

Fdoil3 FDのオイル交換

しばらくの間工場の出し入れしかしていなかったのでエンジンオイルがかなり希釈されていました。

エンジンが動いている時間が短いと良くないですね。

やはり一度エンジンを始動したら30分ぐらいは走らないとこうなります。

 

もっと重要な準備の・・・

Haif1

走行会の配布物を用意しました。

いよいよ明後日が本番ですので間に合わせないといけません。

明日積み込みまでやってこそ準備完了ですのでまだまだです。

2010年12月26日 (日)

オプション記事&走行会ページ

スープラの作業がひとまず完了してセッティングを残すのみになったので・・・

 

新しいオプション誌を買って来て見てみると先日の取材した記事が載っていました。

Piop1 なんと

RE雨宮さんのRX-8と並んで載っていました。

良いですね~

 

差し迫ってきた走行会のエントリーリストとタイムスケジュールをHPで発表しておきました。

1229hp1 更新中

4クラスに分けました。

天気も良さそうなので楽しく走れますね!!

2010年12月25日 (土)

スープラの作業続き

フロントパイプ用の部品がやっと来たので製作しました。

A80fpip1 またピンボケ

暗くなるとピントが合いにくいようです。

タイコをつけて製作しましたがこれがなかなか大変なことに!

納期が早いタイコで発注したら予想以上に大きくてタイコを改造して何とか作りました。

市販のフロントパイプがストレートばかりの理由がわかりました。

 

次はエア抜きタンクの取り付け。

A80subt1

こちらはすんなり予定通り取り付けできました。

明日はいよいよエンジン始動です。

2010年12月24日 (金)

ターボが帰ってきたので

今日タービンオーバーホールから帰ってきましたので早速取り付けしました。

A80pip1

予定外?のパイピング製作からです。

今まで付いていたパイピングはオルタネーターの大型化に伴い、使えなくなってしまいましたので作り直しました。

案外複雑で狭い部分を通す必要がありました。

明日はフロントパイプの製作です。

かなり時間が押し迫ってきましたので少しあせってきていますが完成するまでもうひと頑張りです。

2010年12月22日 (水)

スープラカム

JZA80のカムを交換します。

A80cam1 新品のカムを

まずはカム山の面取りをしておきます。

面取りをし、洗浄したら組付けしていきます。

A80cam2

仮組みしてバルブクリアランスを調整します。

ラッシュアジャスターであればこの調整は必要ないのですが2Jはシムで調整するようになっています。

この作業は非常に腰が痛くなります。

その後クランクシールとウオーターポンプも交換し、組みつけていくと・・・

A80crankp1

なんとクランクプーリーにクラックが入っていることを発見!

ここは遠慮なく?部品を交換しますので早速発注。

部品待ちになってしまいました。

2010年12月21日 (火)

スープラのクランクプーリーが!

JZA80のクランクプーリーを外そうと分解していくと・・・

センターボルトが緩んでいました。

いやな予感を感じつつはずして見ると

A80crank1 予感的中

かじっていました。

クランクプーリーは専用のプーラーがあるので良かったのですが・・・

問題はタイミングプーリーです。うまく使えるプーラーがありません。

A80crank2 端材とボルトで製作

見た目は悪いですがちゃんと抜けました。

これでクランクシールが交換できます。

2010年12月20日 (月)

昨日も

またバタバタで更新できませんでした。

Na8pad1 キャンペーン品

NA8Cに取り付けしました。

キャンペーンは今年中に注文していただければ適応できます。

私もFD3Sで使用中ですがなかなか良いですよ。

このほかにもオイル交換やタイヤのハメカエ等の作業が入り忙しい日でした。

今日は先週からの忙しさでたまった事務仕事もできたのでちょっとホッとしました。

しかしまだ年賀状という大仕事?がありますのでがんばらないといけませんね。

2010年12月18日 (土)

昨日の

昨日、今日とバタバタしてしまって更新していませんでした。

とりあえず昨日の作業

A80tb1

JZA80のタービンを外しました。早速オーバーホールに出す為発送。

早く帰ってきてくれることを祈っています。

今日はスターレットのタイミングベルトとウオーターポンプを交換しましたが画像を取っているだけの気持ちの余裕がありませんでした。

2010年12月15日 (水)

電動パワステ取り付け

電動ポンプの位置を決めてステーを製作。

Pspump1

結構な重量があるのでしっかりしたステーを作る必要もあり、振動も逃がすようにもします。

部品がまだ全て揃っていないのでここまでです。

2010年12月14日 (火)

作り物(改造)

ランサーの加工ものをやりました。

Cefook1 またピンボケ

積車に乗せたときに固定するフックを作りました。

いつも借りる積車の固定ワイヤーが下へ引くタイプが付いているのでフロア下側に掛ける所があるとしっかり固定できて都合が良いのです。

もうひとつはこれ

Cepedstop1 クラッチペダル

クラッチのストロークを規制するストッパーですがここはやはり調整できるようにしてちょうど良いストロークにしてあげないといけません。

フロアの内装を取ってしまうとマットの厚み分ストロークが増えてしまう場合があります。

しかしあまり短いストロークに調整してしまうとクラッチの切れが悪い状態になってしまうので注意が必要ですね。

2010年12月13日 (月)

キャンペーンのパッド

R34スカイラインにキャンペーン中のブレーキパッドをつけました。

R34pad1 他にはない色ですね

私もFD3Sで使っていて絶賛お勧め中です。

前後セットでお買い上げしていただくとお買い得になっていますよ。

2010年12月12日 (日)

CE9Aにリヤディフューザー

ランサーエボ2にリヤディフューザーと牽引フックをつけました。

Defu1 画像が暗いですね

CT9A用のディフューザーでしたが加工して取り付けしました。

これで輪止めに前からも後ろからも行けれなくなりましたね。

積車に乗せるのも大変そうです。がんばってくださいね~

2010年12月11日 (土)

スープラエンジントルクダンパー

2Jに乗せ換えしたMA70スープラにエンジントルクダンパーを取り付けします。

もちろん専用品はありませんので汎用で製作。

仮付けをしながら形にしていきます。

Ma70etd1 鉄板を溶接しました。

かなり力が掛かりますので頑丈にステーを製作します。

塗装して本付けしたら完成です。

Ma70etd2 付きました

こういうときシングルターボになっているとスペースがあって良いですね。

エンジンの振れはかなり止められると思います。

2010年12月10日 (金)

レースパック

レースパックのセンサー取付です。

大まかには自分で作業してこられたのですが液体の流出があるセンサー取り付けは頼まれました。

Rpack1 排気温度

特にこの排気温センサーはラジエターを外さないとできません。

しかもアダプター加工も必要でした。

Rpack2 燃圧

ここも予定通りに行きません。今までDefiのセンサーが付いていましたが、ただ単に取って付けるというわけに行かずレギュレターのステーを作り直しました。

こうなると他のところも一筋縄でいかない可能性がありますね。

がんばります。

2010年12月 8日 (水)

アルテッツァの取材

今日はアルテッツァを取材に来ていただけました。

前回との最大の違いは来てもらえたことです。(早起きしなくてすみました)

まずは背景の良い某所へ行って外観とエンジンルームなどの撮影です。

Pisyuzai1 天気が良くてよかったです。

一通り撮影したら今度はリフトアップして詳細部分を撮影。

Pisyuzai2 記念にオーナー入りです。

アルテッツァは近年非常に評価が高くなっているようですね。

走りにも通常走行にもオールマイティに使える車でFR車はあまりありませんので良いのでしょうね。

すごく速いわけでもないので気張らずに楽しめるところも良いでしょう。

しかもチューニングパーツやドレスアップパーツも豊富にあるのでこつこつ仕上げていく楽しみ方もできるので長く乗っている人も多くなっているようです。

うちに来てくれている方もこういう人が何人もいますので私も色々と研究させてもらえて面白いベース車の中の1台と思っていつもやっています。

2010年12月 7日 (火)

フィールダー作業続き

昨日に引き続きカローラフィールダーです。

今日は製作ものでうちにあったシートをレール改造して取付し、

ノーマルでは何もなかったフットレストをアルミ板切り出しで製作しました。

Fielderfoot1 滑り止めも万全

フットレスト製作時は取付位置と角度に注意して、踏ん張ってもぐらつかないようがっちりと付けます。

いい加減につけると意味がありませんからね。

これで長距離走行も楽になるでしょう。

2010年12月 6日 (月)

カローラフィールダー

NZE121のフィールダーの作業です。

まずはショックアブソーバーを交換

Fieldersus1 KYBニューSRスペシャル

最近では車高調の比率が高いので久しぶりな気がしますね。

ノーマルより少し安定感が欲しいときには良いと思います。

Fielderetc1 カムコン&ETC

レアな5速マニュアルミッションですよ。

カムコンはステアリングコラムの上に付ける予定でしたが寸法が足りなかったのでETCと仲良く並べてみました。

カムコンはバルタイと燃調補正ができるのですが、バルタイのセッティングはアルテッツァのパワーFCのセッティングでもうまくあわせるとかなりトルクとフィーリングが変わり、面白いのでバルタイコントロールをしている車ではお勧めのチューニングですよ。

2010年12月 5日 (日)

電動パワステの研究

今日もオイル交換などで夕方まで仕事をしていた気分になれる日でした。

 

夕方から少し時間が空いたのでいよいよ電動パワステの研究を始めることにします。

Elps1 修理書&配線図

まだ少し見ただけですがオイルポンプを電圧変化で制御しているようです。

難しいことをせずにフルに動かしてやっても大丈夫な気がしますね。

まずはポンプを用意することからスタートですね。

2010年12月 4日 (土)

お久しぶり

久しぶりに来ていただきました。

S15na1 シルビアNA

オイル交換でご来店。走行会も申し込みしていただきました。

今日は他にもタイヤのハメカエ、デフオイル交換など細かい仕事が多かったですね。

Fcoil1 ピンボケです

最近では珍しくなった車ですね。わかりますか?

オイル、プラグ、ブレーキフルードを交換しました。

2010年12月 3日 (金)

キャンペーン第三弾

まだまだ続くキャンペーン第三弾

Orclight1 クラッチです

詳しい情報はホームページで

http://www.parts.ne.jp/eg_magic/

 

ORCライトは切れのよさ、ミッションへの優しさから絶賛お勧め中。

ATSカーボンクラッチは切れは最高、軽量になっているので超ハイレスポンスになります。

クラッチの組み付けにはちょっとひと手間掛けていますのでとっても扱いやすくなります。

ただの取り付けとは違いますよ。

2010年12月 1日 (水)

ローレルのパワーFCセッティング

昨日C35ローレルのセッティングに走りましたが今日は朝一で仕上げの調整です。

C35pfc1

朝一でやる必要がある部分・・・冷間時の補正ですね。

当然ですが補正は基本のセッティングが完成しないと出来ません。

基本のセッティングは実走しますので大変ですがここまでくればあとは時間さえあればできます。

冷間時補正は寒い時期の方がやりやすいですが高温時の補正は確認できないこともあります。逆に暑い時期には当然ですが冷間時の部分でできないところがあります。

気温は私の力では変えられないので仕方のない部分です。

私のところでセッティングした車で夏冬で不具合が出る場合は申請してもらえば調整しています。(もちろん仕様が変わっていないことが前提です)

 

現車セッティングは知識が必要でしかも大変な作業ですがやりがいはありますね。

セッティングの良し悪しで直接調子が良い悪い、最悪壊れることもありますので細心の注意が必要になり、同時に怖くもあります。

私はセッティング後、普通!になっている事が大事だと思ってやっています・・・が、とっても難しいことでもあります。

普通以上になったと感じていただけた時は非常に嬉しいのでいつもそこを目指して研究しています。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

無料ブログはココログ