« 2010年もよろしくお願いします | トップページ | シルビアのターボ »

2011年1月 7日 (金)

シルビアのクラッチ&ターボ

2011年の作業が本格始動しました。

クラッチとリビルトタービンの作業ですがミッションを降ろすときにミッションマウントのボルトが不自然な外れ方をして、おや?と思うと、エンジンミッションの位置が妙に後ろに来ました。

かなり無理に前方に押してミッションマウントのボルトを付けていたようでボルトを外したら15mmぐらいボルト穴とずれました。

しかもミッションを降ろすのにもボディとかなり干渉して強引に降ろさないといけないという状態でした。

???もしやこれは・・・と思い、エンジンマウントを見ると、予想通り左右逆に付いていました。(画像は取り忘れました

シルビアのエンジンマウントは取り付けボルトが微妙にオフセットしているので逆に付けると位置が合わなくなります。

原因が発覚したので左右入れ替えておきます。

これで載せるときは通常通り乗せることができるでしょう。

やや苦労してしまったのでミッションを載せるところまでいけませんでした。。。

とりあえず外したクラッチは・・

S15clu2

最近では珍しい?ダンパーなしのメタルディスクでした。

少し斜めに減っていますね。ディスクが反っている(曲がっている)でしょう。

そして忘れないうちにボルト穴を修正。

S15clu3 

タップを立てて修正してボルトは1本ひどくつぶれていたのでストックから探し3本修正。

これで明日載せればOKですね。

« 2010年もよろしくお願いします | トップページ | シルビアのターボ »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シルビアのクラッチ&ターボ:

« 2010年もよろしくお願いします | トップページ | シルビアのターボ »

無料ブログはココログ