« シルビアのクラッチ | トップページ | 4AGを仮乗せ »

2011年2月15日 (火)

アルミ鋳物溶接

ウオーターアウトレットの溶接加工をしました。

鋳物の部品を溶接すると溶けているところが沸いてきて巣穴ができます。

Wout1 漏れています

エア圧をかけて石鹸水を塗って漏れチェックをしておきます。

漏れている場合はその場所を削って溶接しなおす必要があります。

なかなか一度で止まってくれませんね。

新品の部品でやれば汚れが付いていないので少しやりやすいですが使ってある部品は最初に汚れを削り落としておいてもなかなかうまく行かないことが多いです。

何度か溶接して漏れなくなりました。

« シルビアのクラッチ | トップページ | 4AGを仮乗せ »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルミ鋳物溶接:

« シルビアのクラッチ | トップページ | 4AGを仮乗せ »

無料ブログはココログ