« エンジン始動 | トップページ | マークXのデフとリジカラ »

2011年3月21日 (月)

スターレットミッション修理

EP82のミッションですが異音がするということでまずは分解し・・・の前に

B201103211 キャタライザーが割れています。

見てしまったので直します。

 

クラッチを切ると音がしないということでしたのでメインシャフト側に異常があるのではないかと思い入念に調べていくと・・・

B201103212

4速の周辺が異常磨耗しています。それに加えベアリングも引っかかり感が少しあります。

さらに各部チェックしていくと・・・

B201103213 何かを噛み込んだ跡があります。

スピードメーターギヤが以前おかしくなったとも聞いていたのではっきりした原因がありました。

ケース側を見ると

B201103214 引っかいていった跡があります。

するとこの隙間で挟まった物があるはずですのでまずはどのくらいの隙間なのかを確認すると・・・結構隙間がありますね。5mmぐらいはありますのでこの隙間より大きな物がどこかから来たということになるのですが・・・欠片が無いのはともかく、欠けた部品が見当たりません??どういうことでしょう??

これだけの痕跡があるので何か原因がないと理屈に合いません。

日を改めて気分を変えてまた見直してみることにします。

« エンジン始動 | トップページ | マークXのデフとリジカラ »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スターレットミッション修理:

« エンジン始動 | トップページ | マークXのデフとリジカラ »

無料ブログはココログ