« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

予想外の・・・

今日は久しぶりに86を洗車しようと思い、エンジンを始動すると・・・

かぶった???と思いきや、なんと1番4番が火が飛んでいません。

調べていくとこの部品がいけないようです。

B201104301 パワトラ

これは予備部品がないのでストック部品の中から良い物を探してシステムを新しいものにすることにしました。

何とかその部品が使えることが確認できたので明日配線を改造します。

2011年4月29日 (金)

FD3Sのミッション

先日のMLMのREPSOL杯を走ってからミッションがゴロゴロと音が出るようになってしまっていたのでとりあえず予備のミッションに乗せ換えしました。

B201104291

クラッチを切ると音が止まっていたのでインプットシャフト側で何か起きていると思いますが降ろして手で回すとやはりゴロゴロ感があります。

異常があることを確認したので今日のところは乗せ替えだけして走行可能な状態にしておきました。休み中にどこかに行くかも知れませんからね。

これでもう予備はないのでまた用意しておかないといけないかな。

2011年4月27日 (水)

N1ダンパー仕様変更

昨日から引き続きダンパー仕様変更です。

バンプラバーはお亡くなりになっていました。

B201104271

年数が経つと割れていることがありますのでダンパー自体にダメージが行かないうちに交換しましょう。

リヤもアッパーマウントのカラーを調整してヘルパースプリングに対応できるようにしておきます。

FF車のリヤは軽いのでダンパーの伸びストロークを使えずに挙動が不安定になることがあるので全長調整タイプのダンパーでもヘルパースプリングを入れたほうが良い結果になることがあります。

今回もそれを狙って設定しました。

2011年4月26日 (火)

セッティング準備&ダンパー仕様変更

シルビアのセッティング準備です。

B201104261 クリーナーとプラグ

セッティングをするときには新品が良いですね。

セッティング時に条件が悪いまま合わせてしまうとそこを新品に交換したときに不具合となって現れることがあります。

 

準備も終わったのでお預かりしているEP82のN1ダンパーの仕様変更に取り掛かりました。

B201104262 最新仕様

減衰設定は最新のデータをラジアル設定に変更したものです。

さらに小細工で

B201104263 ピロカラー加工しました

今まで長いカラーでしたのでストローク確保しにくかったのを10mmほどカラーをカットしてストロークを取れるようにします。

10mmですがギリギリのところでは大きな違いとなってきます。

2011年4月25日 (月)

ポルシェの作業続きとシルビア

ポルシェのフットプレートの助手席側を製作。

B201104251

これで左右揃いました。

助手席側なのでABCペダルが無い分切り出すのは簡単になりますがその分板のしなりが出てしまうので見えないところで少し補強を入れました。

 

ポルシェの作業が終わったので次はシルビアのセッティングの前準備に入ります。

エンジンを組んで慣らしが終わったばかりなのでオイル交換をしておきます。

同時にミッション、デフのオイルも交換。

B201104252

A/F計も取付していきます。。。が!

ここでふと思い立って燃料計を見ると・・・ほとんどガソリンが入っていません!!

 

パワーFCのセッティングをするには実走しますので満タンとは言いませんがそれに近いぐらい入っていた方が偏りの心配も無くなるので良いです。

最近セッティングで入庫してもらうときにガソリンの残量が少ないことが時々ありますがセッティング費用にガソリン代は含まれていませんので私が入れて請求することになってしまいます。

しかしできることならいつも入れているガソリンでセッティングする方が条件が同じにできて問題が起きにくくできますから入庫前に入れておいて欲しいですね。

2011年4月24日 (日)

ポルシェのフットプレート

ポルシェのフットプレートを製作します。

B201104241

ペダルの向こう側も必要と言うところが変わっていますね。

整備性?も考慮して2分割にしました。

床面の高さも上がり、ペダル操作性も良くなります。

2011年4月23日 (土)

ポルシェのタワーバー

ポルシェ930のタワーバーを製作しました。

純正がアッパーマウント部分でスライド調整できるようになっていますので調整ができるように中古のタワーバーの部品を使って長さを調整できるようにしました。

B201104231 ブラケット部分

下塗りで白く塗っています。

純正のプレートにロッド部分を付けるステーを溶接しました。

B201104232 完成

こういったものは時間は結構かかってしまいますね。

2011年4月22日 (金)

インプレッサのROM

GRBのROM書き換えをしました。

B201104221 反射

純正ECUで書き換えができてしまいます。

これで走りながら書き換えできればもっと良いですがそこまで出来るようになっていませんのでいちいち戻ってきては書き直しと手間がかかりますね。

キャタライザーを交換したのでブースト制御が追いついてくれずオーバーシュートしてしまいますがデータを変えていってもあまり良くなりません。

立ち上がり部分以外はそこそこ合ってきますが踏みなおしたときは特にオーバーシュートが出ます。

ここは純正制御では制御しきれていないようです。

社外のブーストコントローラーで抑えるしかないようですね。

2011年4月19日 (火)

GRBの作業

インプレッサのサクション、キャタライザー、インタークーラーを交換します。

B201104191 サクション

カーボンサクションパイプに交換しました。作業はインマニをはずしますので結構大変で時間もかかります。

インプレッサではとても効果が望める部分ですね。GC8の頃はノーマルはかなり潰れている状態でしたが現在はずいぶん良くなっています。それでもカーボンサクションと比べると曲がり部分は違っていますね。

B201104192 キャタライザー

ここもスバル車ではかなり効果が期待できるパーツです。

ターボのかかりが良くなってトルクアップするので定番のパーツと言っても良いと思います。

B201104193 インタークーラー

以前のモデルから考えるとかなり大型化されています。

おかげで整備性は悪くなってしまいましたが少しでも冷えてくれるとパワーとトルクが出てくれます。前置きにすればよく冷えますがレスポンスが落ち、純正置き換えではレスポンスは良いですが冷えてくれませんね。どちらを取るかですが、そろそろスバルが配置変更などして前置きにしてくれないかな~と思います。

2011年4月18日 (月)

ランサーとアルテッツァ

ランサーは以前とある事情で右のヘッドライトユニットのみ交換してあったのですが左右で色合いが違ってしまっていたので左側も交換することになりました。

B201104181_2 これで左右揃いました。

ヘッドライトが綺麗だと車が新しくなって見えますね。

 

アルテッツァはパワーFCのセッティングでの入庫ですのでまずはセッティング機材の取り付けとセンサーチェック。

それと今回はプラグの交換も依頼いただきましたので交換します。

B201104182 新旧並べてみました。

イリジウムプラグは中心電極がイリジウムで外側が今までと同じなのですが、イリジウムの減りが遅いのはプラグメーカーの宣伝文句にもありますので知られていると思いますがその分?外側電極の方で減っていきます。画像でも判るかもしれません。

今日は雨が降ってしまったのでセッティングを進めることができなくなりました。

2011年4月15日 (金)

17日の準備

17日のモーターランド三河のREPSOL杯の準備を進めていきます。

B201104151

今回はいよいよFDにもSタイヤを用意しました。

近年のラジアルハイグリップタイヤのグリップは相当に良くなっていますがやはり剛性感やスライドからの回復力はSタイヤならではですし何より安心感が圧倒的です。

タイヤを交換し、オイルも交換したのであとは洗車して荷物を積んだら準備完了ですが明日は洗車可能な天気なのでしょうか?

2011年4月13日 (水)

インナーサイレンサーと車検準備

セッティングも完了したのでインナーサイレンサーを付けるために少し加工しました。

B201104131

手持ちであった部品と合わせてみたらややテールパイプの方が太いので太さを合わせるためにパイプを輪切りにして隙間をなくしました。

ややかたいぐらいにピッタリになりました。

 

そしてこちらは車検を受ける準備をしていきます。

B201104132 ブレーキフルード交換

車高を調整して、スペーサーを外してブレーキフルードも交換します。

今日はここまでですがあとはエンジン、ミッション、デフのオイルも交換して車検です。

2011年4月12日 (火)

マフラー製作続き

昨日からのマフラーが完成。

B201104121

そしてセッティングの前に細かい消耗部品を交換します。

B201104122 ディスキャップとローター

プラグとプラグコードも定期交換部品ですが、ここを定期交換している人は少ないのでは?

ディスビ内部でローターとキャップの内部端子の間でもスパークしていますので消耗していきます。

最近はダイレクトイグニッションになっている車が多いですがディスビがある車に乗っている人は要チェックですよ。

2011年4月11日 (月)

マフラー製作

フロントパイプ部分からマフラーを製作します。

今回は中間にもタイコをつけてある程度音量を抑えるようにします。

B201104111_2

メインパイプを今までより太くしてリヤサスの上を通るように作るため少し手間がかかりますね。

今日だけで完成できませんでした。

2011年4月 9日 (土)

オイルキャッチタンク

今日は少し時間があったのでFD3Sに付けるオイルキャッチタンクを製作しました。

今までは分離用の小さい箱のみでしたがそれだけでは受け切れていなかったので外へ出ないようにするためにキャッチタンクも付けます。

B201104091 内部

いつも通りタンクの内部でもガスを分離するような構造で製作しました。

完成してしまうと判らなくなってしまうのですけどね・・・

2011年4月 8日 (金)

シルビアデフブローバイキャッチタンク

シルビアのデフのブローバイタンクを作ってみました。

B201104081

ノーマルだと結構オイルを吹いてしまうので一時的に溜めて戻ってくれるようにしてみました。

微妙に傾けてありますが判りますか?

もちろんタンク内部はある程度溜まってもエアとオイルが分離できるようにしてあります。

取り付けしてみたらボディとのクリアランスが少なかったですがこの車はデフマウントがリジットになっているので問題ないですね。

これでうまく吹かなくなったら商品化しようかな?需要はあるのでしょうか?

2011年4月 6日 (水)

アルテッツァデフファイナル

これも定番の4.5ファイナルとクスコデフです。

B201104054

デフはいつもの通りマイルドに効いてくれるように内部変更しています。

ファイナルはローギヤード化することで加速力アップになってくれます。

高速道路が辛くなるのが嫌な方はミッションの6速ギヤをハイギヤ化するとノーマルと同等にできます。今回はミッションはそのままです。

ローギヤ化するとデフ温度が上昇しやすくなるので本当ならデフクーラーも欲しいところですが次回に持ち越しするので前準備として取り出し穴を開けてメクラをしておきました。

B201104055

こうしておけばデフクーラーを付けるときにデフケースを降ろす必要がなくなりますのでその時の工賃が抑えられます。

2011年4月 5日 (火)

アルテッツァクラッチ

無事セッティングが終わったので次はクラッチを交換します。

アルテッツァももう慣れたものです。

B201104051 フライホイール

アイシンの6速ミッションの車のノーマルフライホイールにはダンパー機構があって重量も非常に重くなっています。

B201104052 外したクラッチ

またピンボケしました。・・・・きれいな状態でした。

B201104053 250Light

取付したのは当店では定番?のORCライトです。

SXE10用は高圧着タイプのみの設定になりますが踏力はノーマルよりやや重いかな?と思う程度でとても扱いやすいです。

しかもミッションに優しいのも良いですね。

2011年4月 4日 (月)

アルテッツァのエキゾースト

エキマニとキャタライザーを交換してセッティングをします。

B201104041 純正と比較

エキマニのパイプは太いものの方が良さそうです。

キャタライザーのこの部分がメーカーによって若干違っていますね。

B201104042 ピンボケですが・・・

外から見るより中を覗くと違いが良くわかります。

B201104043 遮熱板をつける前にパチリ

パワーFCも取付しましたのでセッティングももちろんやります。

エキゾーストを交換してセッティングをすると他のNAの車では考えられないほど違いが出ます。

可変バルタイのセッティングで変わるのですが実際の調整は個体差が大きいので毎回違ってきますので苦労します。

でも確実に体感できるので苦労する甲斐はありますね。

2011年4月 2日 (土)

アルテッツァ完成+

昨日やれなかったアルテッツァの作業を終わらせます。

ブレーキPバルブをウィルウッドからAPへ交換しました。

B201104021

減圧特性などがAPの方が良いようです。

取り付け場所自体は変えていませんが形状が違うのでステーは少し作り変えています。

キャリパーもオーバーホールをして組み付けてエア抜きして終了。

 

案外早く終われたので放置していた作業台製作の続きをしました。

B201104022 こうなりました

今まで床にボール盤があったのを作業台の上に乗せて固定。

しゃがまずに穴あけ加工ができるようになりました。

2011年4月 1日 (金)

アルテッツァブレーキ

キャリパーオーバーホールをするのですが、シールキットを発注した所が今日は創立記念日で休みで昨日の当店の定休日と併せて部品が入荷できないという予定外の事態になってしまいました。

と言うことで今日は分解して洗浄までの作業です。

B201104011

全てのキャリパーを分解洗浄して組み付けるだけにして今日の作業は終了。

明日の朝から組み付けです。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

無料ブログはココログ