« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

180SX続き

カムも交換してインジェクター、レギュレターを取付しました。

B05311

ついでに気になっていた燃料フィルターからのホースも交換しておきました。

これでシッカリとブーストがかけれます。

2011年5月30日 (月)

タービンブロー

180SXのタービンがブローしてしまったので交換します。

S15タービンとの事でしたがボールベアリングが壊れてしまったようでシャフトがガタガタになってそれに伴いオイルが流れ出てしまっています。

B05301

今回交換するのは東名タービンですがアクチュエーターの開弁圧を念のため確認すると・・・

B05302 まだ開いてきません。

ちょっと高くないですか?

調整式になっているので緩くして見ますが最弱にするとアクチュエーターの動作に引っかかりが出来てしまいます。

どうやら内部で張り付きのような現象が起きてしまうのではないかと思います。

と言うことでほんの少しだけ張力を与えた所で固定して見ました。

引っかかりがない状態にはできましたが圧自体は100Kpaぐらいからの開弁になりました。

実際には排圧がかかるので最低ブースト圧は0.9K前後になると思いますがノーマルエンジンなのでもう少し下げたかったですね。

2011年5月28日 (土)

ハチロクのブレーキ

キャリパーオーバーホールです。

B05281 フロントのピストン

左が洗浄前です。通常オーバーホールする場合で分解するとこれぐらいの状態になっていることが多いです。

B05282

リヤのスライド部分はゴムが破れてしまっていました。固着はしていませんでしたがこのままであればすぐに固着してしまうでしょうね。

B05283 リヤ

リヤキャリパーはサイドブレーキ機構がありますので部品が多いですね。

マスターシリンダーはAssy交換しました。

案外マスターシリンダーはオーバーホールしても良くならないことがありますので交換することをお勧めします。

2011年5月27日 (金)

サクション改造

4AGZの吸気サクションを改造しました。

エアクリーナーからスロットルに行く部分を曲がりを少なくして太さも変更。

B05271

パイプ部分は今までのものを位置あわせで加工したのみですが鋳物の部品は内径が細く、潰れた形状でしたのでパイプ部分と同じ太さにしました。

ついでと言っては何ですが今まで無かった抜け止めもやっておきました。

圧がかかる部分ではないので無くても問題にはならないのですけどね。 気持ちの問題です。

2011年5月24日 (火)

部品待ちなので

FD3Sの作業を進めていきます。

B05241 相変わらず見にくい

パワーFCのコマンダーのコネクターがグラグラしていたので見てみました。

半田が割れてしまっていますね。

早速修理しました。

 

そして止まっていた地味な作業です。

B05242 バラバラ

アンダーコートを剥がしていきますがこの作業はいつも大変です。

腰が痛くなります。。。

こつこつとやっていくしかありませんので少しづつ進めていこうと思います。

2011年5月23日 (月)

ミッション続きとPS13セッティング準備

昨日分解し始めたミッションのギヤを分解すると・・・

B05231 発覚

シャフトから簡単に抜けたのでおかしいと思って見たらやはり割れていました。

これは交換するしかありませんので部品待ちです。

B05232 部品を並べてみました。

下側の6個が新たに組む部品です。見るからにギヤ比が違いますね。

 

シルビアはパワーFCのセッティングをするためにA/F計等を付けていきます。

初期化してデータを入力して初期学習をしている最中になんだかガソリン臭いのが気になって取り付けた燃圧計のジョイントを何度も確認してもなんともないようです。。。

しかし学習が終了した後なんとなく車の下を見ると・・・

何かが漏れているではありませんか!!

どうやら?と言うよりこの状況は間違いなくガソリンだと思い、燃料配管を見ていくと・・・

B05233 発見しました。

フューエルフィルターの下のホースから漏れているようです。

外してみると・・・

B05234 破れていました。

破れているだけでなく、ホースがグズグズになっています。

ホースは在庫がありますので早速交換して修理完了です。

2011年5月22日 (日)

オイルパン加工とミッション分解

オイルパンの形状変更加工のための型取りをしていきます。

B05221 こんな形

これを鉄板で作って溶接するのですが溶接時に歪みが出る事が予想されますのでシリンダーブロックに仮付けした状態で溶接する必要がありますね。

 

今日からの作業でミッションを分解しました。

B05222 ここまでは慣れたものです。

2~5速までクロス化します。

ノーマルと比べるとかなりクロスしますのでパワーバンドから外れなくなります。

うまく使えば良い武器になってくれることでしょう。

2011年5月21日 (土)

シルビアパワステクーラー

S15にパワステフルードクーラーを取付しました。

取り付けするにあたってインタークーラーをいったん外しましたがステーが折れていましたので作り直しました。

B05211

コアの取り付け位置はここにしました。

B05212 わかりにくい?

これでサーキット走行でもリザーバータンクから吹き上がらなくなることでしょう。

2011年5月20日 (金)

インプレッサの点検パック

今日はGVFの点検です。

いつも来ていただいている方がお友達も連れて一緒に依頼してくださいました。

同時にこれも元に戻します。

B05201_2 エアクリ

おそらく純正ターボのうちはノーマルクリーナーの方が良い結果になると思います。

圧縮圧力も点検しますがEJ系のエンジンは色々外す必要もあり、現行車ではこちら側は特にエンジンを持ち上げる必要があったりします。

B05202

もっとも、修理書では違うやり方をすることになっていますが・・・

私はこのやり方のほうがやりやすいと思っています。

同じ事を1日に2回やるとは思いませんでしたが・・・

2011年5月18日 (水)

4AGヘッド

180SXのセッティング準備が整い、あとは実走するのみになりましたので4AGのヘッド加工をしました。

B05181

圧縮比を調整するために燃焼室をリューター加工した後、バルブのすりあわせをして洗浄。

予想よりも面研してあったヘッドでしたので容積を稼ぐために加工量が大きくなり、最終的に私の86のエンジンと同じような燃焼室形状になりました。

こうなるとハイリフトカムとビッグバルブを・・・ピストンも鍛造で・・・などと妄想してしまいますね。

2011年5月17日 (火)

180SXのセッティング続き

パワーFCが入荷してきたので早速取付して確認。

今度は普通っぽくエンジン始動・・・しましたがA/Fがずいぶん濃い状態ですよ?

センサーの数値を調べているとエアフロの数値がおかしいので予備部品のエアフロと交換してみました。

B05171

すると良さそうなA/F値になりました。

その後初期学習をするべく暖気していると・・・水温が上がっていきませんね??

とりあえずダンボールでラジエターを塞いでみましたが

B05172

それでも上がっていきません。

水温センサーがおかしいのかとも思いましたがラジエター自体が熱くなっていないのでやはり温度が上がっていないようです。

ここでオーナー様に連絡を取ってみると、サーモを抜いていたそうです。

これではどうにも進められないのでサーモを持ってきていただいて取付することになりました。

それと同時に、エアフロもZ32用に交換することになり、またまた予備部品から引っ張り出してまずはアダプターを製作しました。

B05173

サーモも交換作業しましたがシール剤の硬化を待つためLLC注入は明日になります。

2011年5月16日 (月)

4AG分解

4AGのオーバーホールをするために分解しました。

B05161

ストックしていたエンジン部品を使って組むことになり、ブロックはボーリングしますので加工行きです。

クランクはバランス取り加工です。

ヘッドは以前にO/Hしているエンジンがベースですので今回は洗浄してバルブ擦り合わせ等して組み付ける予定でしたが・・・

B05162 バルブカーボン落とし

面研してあるヘッドなので容積を確認したら予定より小さい容積でした。

B05163

圧縮比が予定よりずいぶん高くなってしまうので燃焼室加工が必要になりました。

2011年5月14日 (土)

180SXパワーFCセッティング

180SXのセッティングで入庫した車ですが今までROM書き換えで乗っていてある時から遅くなったということだったのでまずは各部チェックします。

普通はECUの異常で車が遅くなるということはないのでまずはセンサーやホース類に異常がないかを・・・

B05141 何か変です

ブローオフを取り外してあるようですがそのメクラ栓が何と!

B05142 ペットボトルのキャップでした。しかも割れています。

これは確実におかしくなりますね。。。ということでメクラ栓を・・・

B05143 作りました。

ちょうど良いサイズが無かったので製作することになりました。

 

そして今回の最大問題!

パワーFCは年式に合わせて後期用を持ってきていただいていたのですが取り付けてみるとエンジンが普通にかかりません??

ECUを取り外すときに配線が改造してあるので変な予感がしていましたが・・・

B05144 しかもSILVIAと書いてあります。

ECUの品番を元に調べてみるとどうやら180SXの中期用のものです。

どうにもおかしいので車台番号で調べると・・・元はNAの車両だったようです。

載せ替えをしたときに組み合わせてやったのでしょうね。

どうやらパワーFCは中期用を使わないといけないようですので部品待ちになってしまいました。

2011年5月13日 (金)

ランサーの作業

昨日やりかけたウオッシャータンクの取り付けを完成させました。

B05131

パワステ、LLCのリザーバーのステーを作り直して取付できました。

 

それとオイル交換、LLC交換、ブレーキフルード交換、プラグ交換の作業もしました。

B05132

これで後は車検に入れるだけになりました。

2011年5月11日 (水)

空き時間とその後

少し空き時間ができたのでFD3Sの軽量化をするために分解を始めました。

B05111

内装を全て外すにはダッシュボードを外す必要がありますね。

空いた時間にこつこつやっていこうと思います。

 

車検およびメンテで入庫していただきましたランサーですが社外のアルミウィンドウウオッシャーのタンクが腐食して詰まってしまうので樹脂のタンクを流用で取付するべく作業を開始。

予定よりもスペースが足りなくて真っ直ぐに取付できません。

B05112

この状態で辛うじて取付できそうですのでステーを製作して・・・は明日ですね。

2011年5月10日 (火)

明るくなりました!

何箇所か切れていた工場の蛍光灯を交換しました。

B05101

新しいこともあってずいぶん明るくなりました。

やっぱり明るいと良いですね。

2011年5月 9日 (月)

インテグラ異音

DC2で発進時に異音が出ると言うことで駆動系を調査。

試乗では右側から音がしていたように聞こえていましたが実際には左のドライブシャフトのインボード側にガタがありました。

B05091

普通はアウト側に問題が起きることが多いのですがちょっと珍しいですね。

リビルト部品待ちになってしまいました。

2011年5月 6日 (金)

手直し

ターボのかかりが思ったよりも良くなかったので手直しします。

まずはパイピングをΦ70だったものをΦ60に細くします。

B05061 比較

比べてみると結構違いますね。

前置きのインタークーラーからスロットルまでの間のパイプですので長さもありますので容積はかなり少なくなって充填効率はかなり変化があると思います。

2011年5月 1日 (日)

完成しました

86の点火系修理完了。

今回はイグナイター内蔵タイプの同時点火コイルを使いました。

B05011 こんな感じ

イグナイター内蔵になったので少しシンプルになりました。

こういう部分がいろいろ変更可能なのがモーテックの良い所ですね。

 

P.S 明日から5日まで休業します。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

無料ブログはココログ