« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

N1ダンパー仕様変更続き&おまけ

昨日からの続きのダンパー仕様変更です。

B07301

完成後試乗してきましたがなかなか良い感じに予想通りの感触でした。

あとはサーキットでどうかだけです。

 

おまけ

B07302

バーキンに載せた4AGのジェッティングです。

A/F計を付けて目標の空燃比に・・・ジェットが足りずに終了しました。

2011年7月29日 (金)

アルテッツァN1ダンパー仕様変更

以前にも仕様変更していただいていますが、今回は1本抜けてしまったので修理と同時に仕様変更もします。

B07291

今度はサーキット重視の仕様でスプリングも18K14Kを持ってきていただいています。

2011年7月27日 (水)

明日の準備

明日のREPSOL杯に備えて準備です。

前回プラグを換えるつもりでしたが換えていなかったので今回は交換します。

B07271 青線無しがリーディング

新品と比較すると判りやすいでしょうか?リーディング側がよく減っていきます。

私の場合これで約3000Km走行、走行会3~4回です。

ロータリーはプラグの消耗が早いので気をつけましょう。

もちろんオイルも交換しました。今回はミッションオイル(オメガ)の新たなブレンドをテストします。

 

そしてこちら

B07272 エレメント交換

こちらはエンジンオイルとミッションオイルを交換しました。

オイルエレメントの位置はこのようにオイルで汚れない位置に付けたいですね。

2011年7月26日 (火)

スピードメーター補正

アルテッツァのスピードメーターの補正をするべく、配線加工をします。

B07261

ABSのコンピューターから出ているスピードパルスをメーターの方に入れます。

純正はミッションから取っているのでファイナルギヤ比が変わるとメーターの表示が実際のスピードとずれが大きくなります。

ABSのほうはハブでセンシングしているのでタイヤ径でずれるだけですのでずれが小さくできます。

配線すること自体は難しくありませんがカプラーのピンが入っていないのでストックパーツの中から形の合うピンを探して持ってくる必要があります。

2011年7月25日 (月)

アルテッツァクロスミッション続き2

今日はミッションケースに組み付けていきます。

B07251

ここまで組んでから画像を撮っていない事に気が付きました。

この時点で既にコツが必要な部分は終了しています。

まぁ、コツといっても修理書通りに組み付けですが、単にちょっとやりにくいと言うだけです。

ミッション単体の組みつけが終わって全てのギヤに変速できることを確認してクラッチ回りのグリスアップをして搭載です。

2011年7月24日 (日)

アルテッツァクロスミッション続き

いつもの通り各部をバリ取り、加工した後各ギヤをシャフトに組んでいきます。

B07241 カウンター側

B07242 メイン側

今回はオーバーホールも兼ねてシンクロリングやベアリングも交換します。

シンクロリングの減り具合としては2速が最も消耗していました。

このミッションはシャフトへの組み付けは普通ですがケースに組み付けるときちょっと組みつけがしにくい部分があります。

何度かやっていますので良いのですが初めて組んだときには苦労しましたね。

2011年7月23日 (土)

スープララジエターとアルテッツァミッション

MA70のラジエターを交換しますがラジエターの厚みが増えてインタークーラーのパイピングが干渉してしまうので改造します。

B07231 仮付け

仮付け後、問題なく取付できることを確認して本付け溶接して冷めたら取付します。

B07232 下から見た図

エアコンプーリーにもラジエターにもぎりぎりのクリアランスですが何とかできました。

 

この後アルテッツァのミッションをクロス化するために降ろして分解していきます。

B07233 シャフト単体までできました。

明日ギヤを分解して組み替えます。

2011年7月22日 (金)

ブレーキエア抜き

ちょっと珍しいので。

B07221 競技車両ですが・・・

マスターバック無しでタンデムマスターシリンダーです。

前後の配管は完全に分かれますのでプッシュロッドの部分で直接前後のバランスが変更できます。

ブースターがないのでかなり強く踏み込む必要がありますがコントロールはしやすくなりますね。

私の86もブースターは取ってありますがマスターシリンダーは普通のものでPバルブで前後バランスを調整しています。

色々あって楽しいですね。

2011年7月20日 (水)

やっと移動

FDがやっと移動可能になったので軽く洗車しておきました。

B07201

手をつけてから2ヶ月ほど放置状態になってしまっていたのでかなり埃やら何やらで汚くなっていました。

これであとはオイル交換をしてやれば28日に走らせることができそうです。

2011年7月18日 (月)

今日は・・・

マークXのリジカラ、スターレットのウオッシャータンクとホーン修理など作業しましたが・・・

画像を取り忘れてしまいましたので。。

FDの作業の画像など。

B07181 またピンボケ

Aピラー止めもしてサビ止めの塗装をしてひとまず完了。

補強はやや少ない感じがするぐらいで足りなければ追加していきます。

内装がなくなったことで気になっていたシートとフロアの隙間を減らすべくシートレールの製作を始めました。

B07182

今回はレールの間にシートを落とし込むようにする予定です。

しかしレールのセンターとシートのセンターが微妙にずれているので中心に来るように気をつけて製作しないといけません。

5~8mmぐらいなのですが合っていないと走りに影響が出てしまいますのできっちり合わせます。

2011年7月16日 (土)

ちょっと進行

久しぶりに進行できました。

1ヶ月ぐらい手を付けられずに放置状態でしたので前に溶接したところがうっすらと錆びはじめています。

 

B07161

あて板を作って溶接しました。

バー同士も溶接。

B07162

ここはTIGで付けましたがやはり仕上がりは半自動よりもきれいにできます。

画像の反対側はとてもやりにくい状況でした。。

隙間のない部分はTIGでできますがどうしても隙間のできるフロア部分は半自動のほうがやりやすいですね。

ガセットも製作してA、Bピラー止めもやりたいと思っていますが・・・

果たして28日のREPSOL杯に間に合うのでしょうか??

2011年7月15日 (金)

インプレッサのハブベアリング

今日はGC8のリヤハブベアリングを交換しました。

B07151 取り外した状態

外した状態で回転させてみると・・・右側がゴロゴロしていました。

B07152 さらに分解

ベアリングの内部にサビの色が入っています。

水が浸入したのでしょうね。

ガタは無かったのですがこの状態ではかなり音が出ると思います。

これで気持ちよく走れるでしょう。

2011年7月13日 (水)

インプレッサ車検準備とエアロ完成

GC8の車検準備でオイル、LLC等々を交換しました。

B07131

この車両は以前に3ナンバー公認を取ってありますがほとんど乗っていなかったとの事で油脂類は全て交換しておきます。

一通りチェックもして金曜日に車検です。

 

そしてこちらをやっと完成させました。

B07132

フロントディフューザーは相当苦労していますので壊さないように頑張ってください。

2011年7月11日 (月)

アルテッツァのセッティング準備とR55ミニ

アルテッツァのパワーFCセッティングをするための準備としてA/F計取り付けと各部チェックします。

エアフロセンサー洗浄、プラグを交換して色々確認していくと・・・

メクラ栓がしてあったのですがテープでメクラしている状態でしたのできちんとしたメクラ栓に交換。

B07111 ここ

インマニ部分なので負圧がかなりかかりますからテープでは持ちませんのでシリコンのメクラ栓にしました。

ブローバイの処理は・・・この方法だと自然に出てくる分をキャッチタンクに入れているという方法ですね。

 

次はミニの車高調が出来上がってきましたので取り付け。

B07112 エナペタル

今回はスプリングレートをかなり上げてF:11.6K、R:12.5Kにしました。

通常のキットではこのレートを使うと車高が上がってしまいますのでかなり色々検討して実現するように特注しています。

こういうセッティングがエナペタルでも初と言うことですので良いセッティングになるか楽しみですね。

取り付け後軽く試乗してみましたが乗り心地は悪くないですね。

明日アライメント調整です。

2011年7月10日 (日)

ダイノック

今話題?のダイノックを使ってみました。

B07101 良い質感です

気になっていた部分をいったん分解して張ってみました。

B07102

良いんじゃないですか?

ツヤの具合が違うぐらいでパッと見ではわかりにくくなりました。

色々使ってみたくなりますね。

2011年7月 9日 (土)

リヤ完成

リヤはVARIS製のディフューザーとボルテックスジェネレーターを取付です。

これは一から製作じゃないのでフロントと思えば普通に作業が進みます。

B07091

・・・おや?わかりにくい画像ですね。 撮ったときにはもっとわかりやすい予定でした。

B07092

これならわかりやすいでしょう。

残るはサイドです。リフトに上げられなくなると思いますので最後に残しました。

2011年7月 6日 (水)

フロント完成

やっとの思いでフロントディフューザーが完成。

B07061 問題の箇所

何とかラインがつながりました。

B07062 全体

B07063 下から

 

今回はこの部分もカバーしました

B07064 タイヤハウス

タイヤハウスの内部の乱流を減らすことで揚力が抑えられるはず・・・です。

しかしこの状態で走れるのかな。

2011年7月 4日 (月)

もう少し

またまた続きですが

B07041 こんな

だいたいイメージどおりに進んで・・・いるようないないような。

サイドのつなぎ部分の取り付けのアルミ板を見えないようにしたかったのですが、どうしても良い方法が思い付かず・・・やりやすい方法にしました。

ある程度脱着性も考えてしかもガッチリ取り付けようと思うとこうなってしまいますね。

ここの処理で昨日は悩んでいました。

B07042

平板を繋いでやっているので曲面とは合わない部分ができてきます。

ここはもう一枚三角の板を作ってやれば問題なくいけそうです。

翼端板は悩むことは無いはずなのでフロントはあと少しです。

2011年7月 3日 (日)

悩ましい

昨日からの続きですが・・・

B07031

ここからサイド部分へどうつなげて行くか非常に難しいです。

なかなか良いイメージが沸いてきません。

考えているだけでも時間は過ぎていってしまうので頑張ってやります。

2011年7月 2日 (土)

ついに着手

材料がやっと入荷してきたので製作開始。

B07021 以外に大変!?

まずは位置決めしてアップスイープ?部分を作ります。

切り出してリベット止めしましたが思いのほか手間がかかりました。

バンパーへの取り付け部分は未だイメージの域を抜けられず。

とりあえずバンパーをもう少しだけ固定することにしましたが後からの作業性も考慮しておかないと何かと大変なことになりそうですので外から外せる位置で固定することにしました。

きっと全てが付いた状態ではとっても不便になるのでバンパーごと外せるようにする予定です。

2011年7月 1日 (金)

完成

無事エンジン始動し、問題も発生せず完成しました。

B07011_2

キャブレターのほうがインジェクションよりアイドリングが簡単に決まってくれるようです。

インジェクションの独立スロットルだと空気はスロットル開度、ガソリンはインジェクターで別々に決まりますので両方の同調が取れていないとうまくいきません。

対してキャブでは空気量が変わっても空燃比はジェットで決まっているので多少空気量がずれても変わらない構造です。

良い意味で簡単にある程度のところまで合わせていけます。

良いセッティングにするにはやれることが少ないので大変かなと思います。

まずは慣らしを頑張ってやってください。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

無料ブログはココログ