« N1ダンパー仕様変更続き&おまけ | トップページ | 配線修理 »

2011年8月 2日 (火)

この前の

28日のREPSOL杯でスターレットのドライブシャフトが折れた&ハブ終了してしまったのですが部品が来たので作業します。

B08021 壊れた部品

ドライブシャフトはハブスプラインの根元で折れていました。

ここで折れるとハブベアリングが抜けてしまうので移動不可になります。

現地でスペアのシャフトと交換してハブをはめ込み移動可能にして積車に載せて帰ってきました。

ハブはベアリングとのはめ込みは何の抵抗もない状態でした。

この状況ではおそらくハブのガタが先に出ていてシャフトが後から折れたと思います。

 

B08022 小細工

スターレットで新品のハブベアリングを組むときにはインナーレースを外して少々加工した後、耐熱、耐荷重の高い添加剤入りのグリス(値段も高い・・・)を混ぜて入れています。

少しでも持ってくれるように願いながら組みつけていきます。

ドライブシャフトもアウタージョイントを分解してみましたがあまり良い状態ではなかったので折れたほうのシャフトに新品のアウタージョイントを組んで付け替える計画になりました。

« N1ダンパー仕様変更続き&おまけ | トップページ | 配線修理 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この前の:

« N1ダンパー仕様変更続き&おまけ | トップページ | 配線修理 »

無料ブログはココログ