« スタビ | トップページ | スターレットクラッチ続き »

2011年10月21日 (金)

スターレットクラッチ

高回転時にギヤの入りが良くないということでしたが・・・

B10212

カバー側の当たり具合がややうまく行っていないようなのでディスクの反りはあると思います。。。目視では・・・そう言われればそんな感じがするというぐらいです。

メタルディスクは重量があるので基本的な切れはあまり良くないようですので最近ではノンアスやカーボンのディスクのクラッチをお勧めしています。

ただ、パワー、トルクが大きい車は容量が足りなくなるのでメタルを選ぶことも当然あります。

 

それと気になったのはここ

B10213

一番見せたい部分にピントが合いません。

ミッションを降ろすときボルトが緩いところが何箇所かありました。

エンジンとの合わせ面ですが振動していたような形跡が見受けられますのでおそらくエンジンとミッションの振動が同調していなかったのでしょうね。

おまけ

B10211_2 ハブ

現状は大丈夫なようですが、色具合から判断するとあと少しで要交換になる状態です。

« スタビ | トップページ | スターレットクラッチ続き »

仕事」カテゴリの記事

コメント

こんばんは 帰り道、シフトフィールや乗り味など確かめながら
運転してましたが以前よりは確実によくなってて満足してます
またサーキットに行ったら報告しますね

ありがとうございます。
前よりも良くなって何よりです。
しばらくは当たり付けで慣らし走行になると思いますが頑張ってください。
また何でも相談してみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スターレットクラッチ:

« スタビ | トップページ | スターレットクラッチ続き »

無料ブログはココログ