« FD3S | トップページ | インプレッサメンバーカラーとロールセンター »

2011年12月 2日 (金)

4EFT

先日スターレットから降ろしたエンジンですが流用ピストンが入れてあるということでしたので分解してみます。

とりあえず1番のピストンを抜いて洗浄して見ていくと・・・

コンロッドはEP91用ですね。

B12021 EP82と比較

B12022 こう見ると違いが良くわかります。

左がEP91ですが軽量化のためかかなり細くなっています。

ターボには少々不安なぐらいに細いです。当店のお客様の中でもEP91のブーストアップでコンロッドが千切れた方もいます。

 

そして期待していたピストンですが・・・

B12023_2 4番

矢印が後ろ向きに入れてありますよ???

逆回転のエンジンのピストンでしょうか?

ピストンピンオフセットが逆なのでしょうか??

とりあえず寸法を確認。

Φ74.5でピストンピンはΦ19、ツインカムヘッド用のピストン。裏にはARTとあります。

しかもピストントップに0.50と刻印がありますので0.5オーバーサイズのようですね。

4Eにはオーバーサイズのピストンは無いですし、ピストンピンもΦ18でバルブリセスもインテーク側のみなので間違いなく違うエンジンのピストンです。

ここで聞いていたエンジンの諸元を調べてみると・・・

寸法的には合っていますが回転方向はやはり通常通りのようです。

普通にいけば矢印はタイミングベルト側に向くように入れると思うのですが・・・

謎です。

« FD3S | トップページ | インプレッサメンバーカラーとロールセンター »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4EFT:

« FD3S | トップページ | インプレッサメンバーカラーとロールセンター »

無料ブログはココログ