« アルテッツァピロブッシュ | トップページ | 86のブレーキ »

2011年12月10日 (土)

シルビアのクラッチ

S15のクラッチのトラブルですが、クラッチペダルを踏むとエンストしてしまう&異音がすると言うことでレリーズベアリングのトラブルだろうと予想して分解を始めました。

B12101 変です

レリーズフォークの位置がかなり押された位置になっています。

通常ならプッシュロッドがこんなに伸びた状態ではありませんのでレリーズピポットも折れているかも・・と思いながらミッションを降ろしました。

B12103 やっぱり

レリーズベアリングが固着してスリーブごと回転してしまっています。

B12102_2 カバー側

ダイヤフラムが削れてしまっています。もう少しでダイヤフラムがなくなってしまいそうなほどですね。

オーナー様もクラッチは長く使っていたとの事ではじめからORCライトに全交換の予定でしたので予定通り進行します。

削れている可能性も想定してレリーズフォークとスリーブ、強化ピポットも用意しておきましたが良い予想でした。

完成して試乗してみると・・・やはり乗りやすいです。

« アルテッツァピロブッシュ | トップページ | 86のブレーキ »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シルビアのクラッチ:

« アルテッツァピロブッシュ | トップページ | 86のブレーキ »

無料ブログはココログ