« 行って来ました | トップページ | スープラのクラッチ »

2011年12月24日 (土)

シルビア不調

エンジンが調子が悪いと言うことで入庫したS14ですが入庫時のエンジン音を聞いて1気筒爆ぜていないと思い、まずはコイル部分で何番気筒が悪いか確認して3番だと言うところを特定しておき、プラグを外してみました。。。

すると・・・

B12241 右から1番

明らかにマイナス電極が無くなっています。

この状況は通常ではありえないのでエンジンのダメージを確認するべく圧縮圧力を測定。

コンプレッションは少し低めでしたが異常があるほどでは無いようでした。

まずはストックパーツのプラグを付けてみてエンジン始動・・・特に問題ないようです。

しかしこうなる原因が何かあるはずですのでコンサルトでも故障診断をしてセンサー類の異常も確認しておきます。

 

色々見ていって最も疑わしいものはやはりエアフロ信号の間に入れて使う簡易燃調コントローラーです。

この類の物はエアフロの負荷信号を変化させて燃調を変えるのですが、実はエアフロ信号から点火時期も決まっていきますので同時に点火時期も変わってしまいます。

増量する方は良いですが減量するほうは負荷が少ないとしてECUが制御しますので点火時期が進んで行き、非常に危険です。

今回はコントローラーを外すことになりました。

最後に点火時期をコンサルトのデータと合わせて終了ですがここでも2度ほど進角方向にずれていました。

良くエンジンが壊れずにもっていてくれましたね。

« 行って来ました | トップページ | スープラのクラッチ »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シルビア不調:

« 行って来ました | トップページ | スープラのクラッチ »

無料ブログはココログ