« インプレッサ作業続き | トップページ | シルビアのクラッチ »

2011年12月 9日 (金)

アルテッツァピロブッシュ

SXE10のリヤトレーリングロッドのブッシュをピロブッシュに打ち換えしました。

B12091 ここ

この車に限らず、ノーマルではリヤの縦方向の動きを結構持たせてある場合が多いです。乗り心地に影響があるからなのでしょう・・・

ここが動くとトー変化が起こります。FD3Sではこれを利用してトーコントロールをしていますがスポーツ走行では限界をわかりにくくしていることで知られていますのでキャンセルしていることが多いですね。

しかし他の車種ではあまりやっている人がいないのはどうしてでしょうね?

B12092 入れました

画像では判りにくいですが抜いたブッシュは当然のように変形しています。

ブッシュは2~3年も使えば元の形状とは違った潰れ、曲がった形に変形します。

酷いものはちぎれている事がありますね。

 

最近は雑誌記事などでもブッシュ交換について触れられる事もないのであまり知られていないチューニングなのでしょうか?

私が免許を取った頃はサスのスプリングの変更自体が違法改造などと言う時代でしたのでブッシュ交換は数少ない合法チューンでしたから真っ先に手をつけたものです。

 

私は現在ではフルピロにしていますがピロの利点は無駄な動きがゼロになるとともに、アームの動きを阻害しないことが大きなポイントだと思います。

ブッシュではサスがストロークしてもゴムの反力で元の位置へ戻ろうとしますので跳ね返るような動きがあります。

これがアーム数の多いダブルウィッシュボーンやマルチリンクではアーム同士が突っ張り合いますので特に違いがあります。

地味な部品ですが効果テキメンですよ。

« インプレッサ作業続き | トップページ | シルビアのクラッチ »

仕事」カテゴリの記事

コメント

作業ありがとうございました。

ピロは無駄な動きを無くすために
入れてみましたが、スムーズに
動くことのメリットは、今回
いろいろ話する中で知りました。

帰りの道でリアの動きが良くなった
気がします。

他のブッシュも気になってきますね。

作業依頼ありがとうございました。
地味ですが確実に効果があるのでいつもお勧めしているのですが・・・
認知度が低いのと、全て交換すると案外高額になるのとでなかなか依頼していただけません。
変化が体感できると楽しいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルテッツァピロブッシュ:

« インプレッサ作業続き | トップページ | シルビアのクラッチ »

無料ブログはココログ