« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

MR-2

SW20のマフラー製作に取り掛かりました。

SW20はどうしても曲げが多くなりますので製作には手間がかかります。

フロントパイプから順に作って行き、サブサイレンサーのところまで仮付けできました。

B04301 ピンボケ!

音量を抑えたいという要望でしたのでタイコを2個取り付けするようにレイアウトを考えて付けています。

この先でさらにUターンするようにしてもう一個の大きめのタイコをつけた後、テールエンドになります。

B04302 フロントパイプ部

パイプを本付けしたら何箇所かステーをつけて動かないようにします。

2012年4月29日 (日)

ランクス

ランクスのマフラーを修理しました。

昨日オイル交換時に潰れて曲がっていることが発覚して修理することになりました。

B04291_2

曲がった部分を切り取って作り直します。

ついでにタイコ部分の高さを変更して欲しいという要望にもお答えしてステーの取付位置も変更。

B04293 完成

潰れの無いストレート構造になりました。

2012年4月25日 (水)

FD3Sラジエター

ラジエターアッパータンクからLLC漏れを起こしていたので交換しました。

B04251

コアとアッパータンクのカシメ部分からの漏れです。  良くある状態ですね。

水温が高めの車のほうがこういったトラブルが起きやすいように思います。

こういう場合は大抵アッパータンクもボソボソになっていることが多いですがこの車もやっぱりなっています。

B04252

今回は銅2層タイプです。私としてはいつもの薄型オールアルミにしていただきたかったのですが予算を無視するわけにはいけませんね。

FD3Sでは水周りで他にもトラブルになりやすい部分がありますので同時に交換して対策しておきます。

その中のサーモスタットですが・・・

B04253 左が新品

ひどい状態でした。

ここも定期的に交換する必要があり、重要な部分なのですがローテンプに交換してそのままずっと使っている方が多いので注意してくださいね。

2012年4月24日 (火)

シルビアターボ

S15のタービンガスケットを交換しました。

当然ですがタービンを外しますがその過程で・・・

B04242 オイルバンジョー

以前にも外したような形跡がありましたが、この部分にシールテープを巻いて取り付けするのはNGでしょう。

どうしてNGなのか判らないならばこういった作業はしないほうが良いと思います。

B04241 抜けています

日産車のターボはよくこの部分でガスケット抜けをおこします。かなり排圧が高くなるのでしょうね。

B04243 こんな状態

完全に抜けていました。

スタッドボルトが1本折れていましたのでそれが原因でしょう。もちろんボルトも入れ替えて組み付けしました。

2012年4月23日 (月)

マフラー製作

チタンマフラーの製作作業です。

裏側から見るのは初めてでしたが基本的に整備性は悪くなさそうですね。

B04221 B04222 B04223

サーキット用なのでΦ70で製作です。

B04231_3

チタンは振動で割れやすいので差込み箇所を作って逃がしを作っておきます。

B04232 

サイレンサーがΦ80だったので直前から太くなっています。

B04233 テール

爆音になっている予感がしますのでエンジン始動は明日にしておきます。

2012年4月22日 (日)

インテグラドライブシャフト

DC2のドライブシャフトを交換しました。

B04225

Assy交換の予定でしたが、とある事情により分解することになりました。

アウター側は新品を組み付けです。

2012年4月21日 (土)

ステージア

ステージアのタイミングベルト交換です。

B04211

いつも通りウオーターポンプとカムシール、クランクシールも同時に交換しました。

今回はタイミングプーリーはすんなりと外れましたので作業が予定通りに進みました。

 

少し空いた時間に次の仕事の準備?をしておきます。

B04212

マフラーサイレンサーですが、バッフルが入った絞りのある仕様でしたのでバッフル部分を切り離しました。

これで絞りの無いマフラーが製作できます。

2012年4月18日 (水)

シルビアキャリパー

S15のキャリパーが固着していましたので修理しました。

B04181 かなり錆びています。

一箇所のピストンだけがひどく固着していて反対側がブレーキロックしやすくなっていました。

ピストンを抜くのにずいぶん苦労しましたが何とか引き抜けました。

B04182

サビを落としてピストンは一個だけでも部品の取り寄せが可能でしたので交換。

シールを交換して組み付けてスムーズに動くようになり、ブレーキロックも通常通りになりました。

2012年4月17日 (火)

MR-S

MR-Sのヘッドカバーパッキンを交換。

先日の点検パックでプラグホールにオイル漏れしていたのを発見したので修理です。

B04171

プラグホールにオイルがたまると点火リークの原因になりますので修理しないと必ず調子が悪くなります。

プラグを定期的に交換するなどのメンテナンスをしていると早期発見できます。

 

ついでにと言っては何ですが、フード裏の断熱材がモソモソになっていたのでこれも交換しました。

B04172

取り付け部分がなくなってしまっている箇所もあり、ブラブラしているところもありましたがきれいになりました。

2012年4月14日 (土)

スターレット

EP82の作業です。

点火系とLLC、ハブ等の作業ですが今日はハブの作業はできず・・・

点火系

B04141

プラグ、プラグコード、ディスキャップ、ディスローターの消耗部品を交換。

B04142

コードは青くなりました。

今日は他のオイル交換や明日の用意などで作業が思ったように進みませんでしたが残るはハブベアリング交換作業ですが月曜日の作業になります。

2012年4月13日 (金)

15日の準備

15日のREPSOL杯に向けて準備をしました。

タイヤはこれ

B04131

ほとんどスリックタイヤですね。

どれぐらい食いつくか楽しみです。

車のほうはスロットルを換えたりしたので当日モーテックのセッティングを素早くやる必要があります。

こういうときはナンバーがあったほうが良いと思いますね。

2012年4月11日 (水)

昨日と今日

AE86の続きですが・・・

オイルクーラーをサイズアップしてオイルエレメントも交換しやすいように位置を変更。

B04111

と、ここまでは良かったのですがオイルと水を入れて、いざ始動・・・しません。

どうしてか調べているとクランキング中だけ火花が飛ばないという不可思議な現象が

昨日は遅くなってしまったので泣く泣く帰宅して寝覚めの悪い朝を迎えました。

 

今日はこれを解決するべくチェックして・・・

B04112

始動しました。

オーバーラップが変わっているのでアイドリングも調整してついでにフリーダムのアイドリング付近のセッティングも少し調整しておきました。

セッティングは自分でされるとのことでしたので軽くだけにしておきました。

バルタイも変わって圧縮圧力が上がったのかセルの回りが辛くなっているようですので対策をしないといけないかも知れませんがまた次回です。

2012年4月 9日 (月)

カムとバルタイ

昨日からの続きです。

カムの仕様を変更し

B04091

開度、リフトの違うカムに交換します。

当然カムが変わりましたのでクリアランス調整を私の基準に合わせます。

B04092

ヴィッツリフターを使っていますのでカムを付けたり取ったりして調整になり、どうしても時間がかかりますがノーマルのアウターシムより軽いこと、調整単位が細かいことが良いですね。

クリアランスを調整したらタイミングベルトを組んでバルタイ調整していきます。

B04093

カムプーリーも今回は新しい物に交換して次回からはバルタイ調整がやりやすくなります。

さらに今までの物よりも軽量になってくれました。

2012年4月 8日 (日)

4AG

今日からお預かりのAE86を分解し始めました。

B04081

クランクプーリーがサビ付いていました。

ここまで分解した時点でおそらくカムシールからはかなりオイル漏れをしていると思われます。

今日のところはここまでですが、まだまだこれからです。

2012年4月 7日 (土)

トレノ

AE86のバッテリー配線とIGコイル、フューエルセンダーユニットを交換しました。

セルモーター配線を交換するのはオススメです。

今回はどういうわけかセル配線の造りが少しずれていました。

 

B04071 コイル

強化品に交換している方もいると思いますが今回は純正新品です。

経年劣化がある部品ですので時々は交換が必要です。

 

B04072 センダーゲージ

燃料のメーターのゲージユニットですが昔から時々あるトラブルでメーターの表示がおかしくなっていましたので交換です。

AE86の場合はゲージユニットの交換はトランクからできるので比較的簡単に交換できます。

 

おまけ  

B04073

中古ですがこれでチタンパイプのカットが今までよりきれいに切れます。

チタンマフラーの製作依頼をお待ちしていま~す。

2012年4月 1日 (日)

スープラブレーキ

MA70にセルシオキャリパーのキットを取付しました。

色々加工するところがありましたがまずはハブにローターが組み込めるように削ります。

04011

ナックルから外さずに何とか旋盤加工できました。

ここの加工が一番大事でしたが何とか取り付け完了。

04012

ホースも現物あわせで製作しました。

今後の補修は純正流用なので選択の余地があることが良いところですね。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

無料ブログはココログ