« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

ブレーキローター割れ

ブレーキローターが割れたので交換しました。

B06301

今までの物は通常のタイプでしたが割れたという事で焼入れされている部品にしました。

通常のタイプはお値打ちなのは良いですが、やはり反りや割れに対しての耐久性が落ちますので焼入れタイプをお勧めしています。

ただ、納期が長いことが多いのが泣き所です。 今回はメーカーに在庫がありましたのですぐに入荷して来ました。

2012年6月29日 (金)

シルビア

PS13のフロントメンバーに補強を入れてみました。

B06291

フチを一回り溶接してロアアームの取付け部分にはあて板をしてみました。

ステアリングラックの取り付け部分はもう少し補強したい気もしますがフロントフレームと繋いだほうが良いとも思いますのでそちらを考えてみます。

2012年6月25日 (月)

ロードスター

NCECのクラッチです。

切れが悪くなったとのことでしたので、原因を探りつつ分解していきます。

B06251

ミッションを降ろし・・

他の車と違う部分を発見。

セルモーターがエンジンに横から取り付けられています。

B06252 判ります?

面白いですね。

そして問題のクラッチを色々チェックして行き、思いのほか悪いところが無いのでまじまじとディスクを見ていると新品よりも厚みがあるようです。

B06253 左が新品

磨材の間の部分は半クラッチ性を良くするためにクッション性を持たせていますが普通よりも隙間が多いような気はします。

しかしこの部分がおかしくなることがあるのでしょうか?

今ひとつ納得がいかない感じがします。

2012年6月23日 (土)

スープラ続き

メーター取付は完成しました。

B06231

DefiのBFとZDの組み合わせで取り付けしました。

ZDの取り付けステーの自由度が少なさに少し悩みましたが何とか完成。

あとは点検パックをしてプラグ交換して作業完成になります。

B06232

プラグホールにオイルがたまってきていましたがどうやらヘッドカバーのパッキンから漏れているようです。

近いうちに修理しましょう。

2012年6月20日 (水)

スープラ

JZA80のメーター交換作業です。

今までトラストのメーターでしたが数点の不具合があり、心機一転Defiにしたいとのことでご購入いただきました。

ということで、まずは付いていたメーターを取り外していきます。

これは車を購入した時点で付いていたそうですが、取り付けのクセというか具合が私のやり方と違うのである意味苦労します。

それにしてもエレクトロタップが多用してありました。エレクトロタップは接触不良を起こしやすいので当店では使用しません。

B06201 外した部品

今日は取り外しのみでした。

2012年6月19日 (火)

ロードスター

NCECのトーコンブッシュを交換です。

B06191 比較

スポーツ走行には邪魔になるリヤのトーコントロールの動きを規制するためにゴムブッシュからウレタンにします。

こういう部分を真っ先にやって欲しいと思うのですがなかなか実行してくれる方が少ないのはやはり見えない部分だからでしょうか?

見えない部分にこそ重要なことがある場合が多いですよ?

B06192 ここ

私個人としてはピロボールのほうが好きですが音などの問題は付いて回りますので乗る方の好みに合わせて選択してください。

2012年6月15日 (金)

本日は

エスティマの作業を終わらせたので新兵器(ミライース)のオエンジンオイル交換をしてみました。

B06151 変な色で写っています。

200Kmほど走行した状態ですが初回ですので既にギラギラです。

しっかり抜いてグレードアップしたオイルを入れておきました。

 

アルテッツァの作業も進めていきます。

B06152 オイルクーラー

エンジン、デフ、パワステの各クーラーを前に付いていたように取付していきます。

そうこうしていると夕方にはプラグ交換

B06153 2Jですので6本です。

どういうわけかうちには6気筒の車のお客様は少ないのですよね~??

6気筒のチューンドは良い音が出て気持ち良いのですけどね。

2012年6月13日 (水)

エスティマ

エスティマのタイミングベルトとパワステの修理です。

B06131

横置きのV6エンジンはやっぱり作業性が良くないですがタイミングベルトはまだ大丈夫でしたが・・・

パワステポンプと高圧ホースは泣きが入るほどのやりにくさでした。

B06132 ポンプ

どうにか取り外して新品のホースを取り付けるのはさらに厳しい状況でしたがアクロバティックな体勢を駆使して何とか取り付けできました。

ポンプはリビルトですがまた次回です。

2012年6月12日 (火)

ポルシェ

930のロアアームとタイロッドを交換しました。

B06121

ロアアームにはジュラコン?のブッシュを圧入して・・・

B06122

タイロッドはピロボールの製品です。

ロアアームはメンバーと組んでからボディに取り付けしますがスタビが斜めに差込になっているので組み付けるのに苦労します。

組み付けしたらトー調整をして完成しました。

2012年6月11日 (月)

レガシィ&アルテッツァ

レガシィの作業は部品待ちで止まっていたのでアルテッツァの作業を進めていきます。

B06111

ミッションを載せる前にマウントブッシュを交換しておきます。

このミッションは当店のクロスミッション組み付けしてありますので当然移植対象でした。

軽量フライホイール、ファイナル変更、パワーFCセッティングなどと組み合わせると面白くなります。

ミッションを載せ、エンジンマウントも交換します。

B06112

どちらもTRD製で硬度を統一します。

こうしている間にレガシィの部品が入荷したので完成させておきます。

B06113

レガシィの作業も完了したのでまたアルテッツァの作業の続きをします。

B06114

タイミングベルト、ウオーターポンプを交換しましたがウオーターポンプの交換作業はあと少しというところで外れてくれないので色々な部品を取り外して交換しないといけない所がじれったいです。

アルテッツァの作業はまだまだ続きます。

2012年6月 9日 (土)

レガシィ

今日はBH5のタイミングベルト交換作業です。

B06091

同時にウオーターポンプやサーモスタット、ヒーターホースなども交換ですが不測の事態が起きて部品を待つことになってしまいました。

このところ作業が私の予想通り進んでいないので明日からまた頑張ります。

2012年6月 5日 (火)

アルテッツァ続き

箱換えの車から部品を外して入れ替えていきます。

B06051

両方の車から外してノーマルに戻す部品、外した部品を交換する所とやっているとだんだんこんがらがってきます。

取り付けする前に良く確認してから組み付けしていきます。

B06052

フライホイールはどちらの車も交換されていました。

ここは入替ですが今度の車はクラッチを新品にしますので手放すほうの車は付いていたクラッチの状態の良いものを付けました。

まだまだ作業は続きます。

2012年6月 4日 (月)

ランサー

エボ9のクラッチ交換です。

滑っていたとのことでしたので外したものはこんな状態でした。

B06041

ディスクはほぼ限界でフライホイールもカバーも焼けた跡があります。

B06042

今回は部品が指定でエクセディシングルでしたのでいつもと違う景色

私としては4駆ターボはストリートでもツイン以上を使って欲しいです。

長持ちしますし、扱いやすいです。なぜ扱いやすいのかはきちんと理由がありますがここでは割愛。

ところでエボ9は純正でもタービンハウジングが大きいですね。

2012年6月 1日 (金)

アルテッツァ

箱換えするとのことで色々部品を外します。

B06012

メーターや配線関係の部品から外し始めました。

B06011_3

デフクーラーのポンプも付いていますが今は配線だけ外しています。

ポンプの保護材は結構頑張って作ってあります・・・って、自分で作ったのですけどね。

 

新兵器?

B06013_2

ずっと代車が1台体制でしたが今日納車されましたのでこれから2台体制になります。

とりあえずコーティングとフイルム貼りとETCの取付までしてから使用スタートです。

思わず自分で乗りたくなってしまいます。

ホームページは見れるようになっています。ご迷惑をおかけしました。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

無料ブログはココログ