« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

エスティマ

GSR50のエスティマにリジカラを取付しました。

アームの取り付けボルトに軽圧入してボディ側の穴との勘合をきつくするようになっています。

B03291

リヤのサスアームは一体式のシンプルな構造ですのでボディに対して2本のボルトのみで取付されていますから取り外すとスプリングの支えが無くなってアームが強制的に外れようとしますのでご自分で作業しようとする方は作業時に注意してくださいね。

また、ボルトを入れるときもうまくやらないと力が掛かっていて入ってくれません。

こういうところをスムーズに作業するにはコツというか技術や道具が必要ですが、私たちが作業しているのを見ていると簡単にやっているように見えてしまうかもしれませんね。

ボルトを入れて仮締めした後、1Gの状態にして本締めして完成です。

 

おまけ

ZN6のフロントのジオメトリーを修正するための部品のもう一方の試作品が出来てきました。

Fjiomet3

寸法などが現物で合っているかどうか確認できれば完成ですのでもう少しお待ちください。

2014年3月26日 (水)

ランサー

CE9AでLLCがなくなっていくということでヘッドガスケット抜けの疑いがあり、

シリンダーヘッドを外してみました。

B03261

4番シリンダーの中に水が入っているような形跡がありました。

B03262

ヘッド側のほうが分かりやすいですね。

B03263

ポートもウエットな状態になっています。

シリンダーブロック、ヘッドとも歪みを見るとブロック側の4番の水路近くが特に歪みがひどいようです。

どうやら修正面研をしないといけないですね。

ポートの濡れ具合も気になりますのでヘッドのほうは水圧点検もしたほうが良いと思います。

2014年3月22日 (土)

86のミッションとクラッチ

ZN6のミッションのシフトフォークシャフトのスライド部分のブッシュを入れ替えてクリアランスを変更してギヤの入りを良くする加工があると言うことで試すことになりました。

B03221_2 ここと

B03222 この部分です。

ブッシュの厚さが純正とは違うのでケース側も加工が必要ですがどう変化するか楽しみですね。

ミッションを降ろすついでにクラッチも交換しました。

B03223

OS技研のレース仕様のツインプレートです。

クラッチディスクの径を小さくして重量物を中心に集めて慣性を減らしています。

フライホイールもかなり軽量になっていますのでレスポンスは良くなるのは当然ですが発進時など扱いにくくなるかも知れません。

B03224 分解した状態

ディスクは見慣れたもので昔からのOS製の雰囲気です。

組んで動かしてみると・・・期待していたほど乗りにくくなく、普通に乗れてしまいました。

あとは走らせてどんな感じかですね。

2014年3月16日 (日)

上げ遅れ

画像は撮ってありましたが少しバタバタして上げていなかったものです。

B03111

ミニのサイドステップをカーボン板で作ってみました。

と言っても板の寸法を合わせて付けるだけの簡単なものですが・・・フロア下面に入っていく空気が少なくなる予定です。

 

お次は86のマウント類の交換です。

B03151 デフマウントはリジット化

B03152 後ろ側

B03154 取り付け状態

デフケースがメンバーに固定されました。

音はうるさくなりますがダイレクト感はリジットにかなうものはありません。

エンジンマウント、ミッションマウントは強化ゴムです。

B03153

B03155

ミッションマウントにはスペーサーが入っていました。

硬度が増す分、振動は伝わってきますがエンジンの振れが減少するのでアクセルレスポンスやシフトの入りやすさは向上しますのでスポーツ走行するには欲しい部品ですね。

2014年3月 5日 (水)

モーテック

86/BRZのモーテックが新発売になっていますね。

当店にも入荷しましたので早速取り付けしました。

B03011

専用設定の本体と専用ハーネスで取り付けになります。

なので取付は本体の固定とラムダセンサーの取り付けです。

B03052

本体はグローブボックス奥にアルミ板で取付しました。

そのままエンジンをかけようとしたらセルが回らず・・・取説書いてあったスターター設定を変更する必要があるようです。

B03051

PCと接続して設定箇所を探し・・・・・・・・ソフトが今までと違って新しいソフトですのでなかなか見つからず苦労しましたが苦労の甲斐もあってだんだん使い方が分かってきました。

エンジンも無事始動したので接続状態のまま色々触って見て行きます。

使い方が分かってくるとやっぱり調整自体はやりやすいようになっているようです。

これであとはセッティングをしていけばOKですね。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

無料ブログはココログ