« ランサー | トップページ | ミニのキャタライザー »

2014年3月30日 (日)

エスティマ

GSR50のエスティマにリジカラを取付しました。

アームの取り付けボルトに軽圧入してボディ側の穴との勘合をきつくするようになっています。

B03291

リヤのサスアームは一体式のシンプルな構造ですのでボディに対して2本のボルトのみで取付されていますから取り外すとスプリングの支えが無くなってアームが強制的に外れようとしますのでご自分で作業しようとする方は作業時に注意してくださいね。

また、ボルトを入れるときもうまくやらないと力が掛かっていて入ってくれません。

こういうところをスムーズに作業するにはコツというか技術や道具が必要ですが、私たちが作業しているのを見ていると簡単にやっているように見えてしまうかもしれませんね。

ボルトを入れて仮締めした後、1Gの状態にして本締めして完成です。

 

おまけ

ZN6のフロントのジオメトリーを修正するための部品のもう一方の試作品が出来てきました。

Fjiomet3

寸法などが現物で合っているかどうか確認できれば完成ですのでもう少しお待ちください。

« ランサー | トップページ | ミニのキャタライザー »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エスティマ:

« ランサー | トップページ | ミニのキャタライザー »

無料ブログはココログ