« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

タービン取付ました

CE9Aのタービンが取り付きました。

B04301

今回ブローオフもトラストのレーシングに変更しました。

今までのブローオフの取り出し口を切ってトラストのフランジを溶接して取り付けますがレーシングブローオフは大きいのでいつも収めるのにちょっと苦労します。

あとはLLCを入れてエア抜きをすれば完成です。

2014年4月29日 (火)

たまには変わった仕事

マフラーの製作ですが今回は車ではありません。

B04291

ショート管にしたいけれども商品がどこからも出ていないので造り物でやりたいということでした。

4輪から見るとパイプ径がかなり細いので苦労しますが何とかできました。

2014年4月28日 (月)

タービン

CE9Aのタービンのアクチュエーターの修理でアクチュエーターは交換にしましたが、

流用しているタービンなので色々改造して取付することになります。

ステーも製作して取付です。

B04281

ステーを製作している間に今まで巻いてあったバンテージがポロポロと崩れて取れてきたので全部取って新たに巻きなおしました。

ステーを溶接する時に頼まれていた部品も同時に溶接しておきました。

B04282

ロールバーに取付するビデオブラケットですが、今まではステンで作ってありましたが今回はチタンです。しかも2個。

ビデオカメラも今はかなり小型化して軽いので薄いチタンでも大丈夫じゃないかと言うことでほんの少しですが軽量化です。

2014年4月23日 (水)

サーモスタット

86のサーモスタット、LLCの交換をしました。

B04221

この車には以前から電動ファンの作動温度が変更してありましたがやはり水温が上がり気味になると言うことでした。

ファンの温度が低くてもラジエターに水が回らなければ冷えてくれません。

外した純正は88℃の開弁温度でローテンプサーモは82℃です。

86、BRZでは純正にいくつか温度の種類があるようです。

現行の車両ではサーモの温度を下げすぎると普段の状況でオーバークールになってECUの補正が入ってしまう場合があるので程々に。。。

あとはECU-TEKのセッティングも依頼されていますのでPCを接続して作っておいた初期データを入れておきました。

モーターランド三河

20日はモーターランド三河のマイカーチャレンジに参加してきました。

B04201

今回はZN6での参加です。

テスト項目は・・N1ダンパーへ交換しましたのでどんな感じになるかのチェック。

リヤダンパーは標準仕様とφ52の試作も持って行き、現地で交換して走ってみました。

標準と言っても、減衰力が標準と言うことでスプリングとダンパーストロークなどは変更してあります。

ZN6はダンパーストロークがセッティングに非常に重要に関わっていますので普通には取付していませんよ。

標準仕様でもかなり良いレベルになっていましたがリヤの動きに鈍さを感じます。

すぐにφ52仕様に交換して走らせて見るとこちらのほうが良い感じでした。

第一段階でこのレベルならちょっと期待できます。

 

それともう一つはフロントのジオメトリーを修正する部品も取付していきました。

アンチダイブ、バンプアウトを修正するために開発しました。

ローダウンしてある車両のフロントタイヤの内側が極端に減っていくことも改善されます。

こちらは以前から試していたものを製品化するための部品でほぼ完成していますのでもう少ししたら発売できると思います。

Fjiomet1

2014年4月19日 (土)

4G63

4G63の加工も上がり、待っていた部品も入荷したので組付けに入ります。

まずはコンロッドの重量を・・・

B04191

B04192

え?

1本だけすごく重い。

・・・同じ部品かどうかを思わず確認しました。

品番は同じでしたので何故?と言う気持ちがありつつも重量を合わせて行き、あまりにたくさん削るのも嫌なのでピストンの重量との合計が同じになるように組み合わせました。

変なところで時間を取られてしまいましたが組付けを進めていきます。

B04193

とりあえずブロックとヘッドを取り付けるところまでいきました。

今月中に完成できるかな?

 

明日はモーターランド三河へ行きますので臨時休業になります。

2014年4月15日 (火)

ランサー

CP9AにレカロのSP-GⅢKKを取付しました。

今私の一番のお気に入り?です。

B04141

表面の生地の質感がお気に入りポイントです。

ホールド感はサーキット用として考えると控えめですがストリートも乗るのであれば丁度良いぐらいですね。

お次はステアリングですね。

2014年4月 8日 (火)

インプレッサ続き

昨日からの続きです。

エアクリーナーはHKSのレーシングサクションですが、そのまま取付しては吸気温度が高くなってしまいますので隔離ボックスを製作します。

B04081

GRBはフレームの下側に元々大きな穴が開いていますので容積が大きく取れます。

位置を合わせるために仮付けしたり取り外したりと何度も何度も脱着して製作していきます。

B04082 完成

純正のエアダクトも使えるようにしました。少しでも外気が入ってくるような作りにしておきます。

インタークーラーを取付する前にブレーキフルードとクラッチフルードも交換しました。

それと、燃料ポンプも交換しました。

B04083

最近の車はこういう樹脂のボックスにポンプが入っていますのでポンプ交換するにはこのボックスを分解して交換することになります。

しかもポンプのサイズがかなり小さいので簡単に他車種から流用と言うわけにはいかなくなっています。

SARD様からGRB専用のポンプがあり、色々と加工することなく取付できるのはありがたいですね。

一通りの取付作業は終了し、LLCのエア抜きをして今日は終了です。

2014年4月 7日 (月)

インプレッサ

GRBのタービン等の交換です。

B04071 外した純正

GC8の途中からIHIのタービンなのは変わっていませんが、内容はかなり変わってきましたね。

容量は今の2Lクラスとしては小さく見えます。

交換するのはHKSのタービン

B04072

遮熱板以外は交換したことがあまり分からなくなってしまいます。

さらにインタークーラーが取り付くともっと分からなくなることでしょう。

一緒にラジエターも交換します。

B04073

SARD製です。GRB用はラインナップが少ないので選ぶ余地がなく、確実に冷えるものを選択していますが、納期が少し長かったので届くのを待っていました。

ラジエターはコアの厚みが増えるので大抵どこか干渉がある予想をしていましたが、やはり一部干渉したので少し加工する必要がありました。

残りの作業はエアクリーナーと遮熱ボックスの製作、燃料ポンプとまだまだありますが明日の作業になります。

2014年4月 5日 (土)

ミニのキャタライザー

R55のキャタライザーを交換しました。

B04042 純正

想像していたよりはすんなりと外れました。

純正は触媒部分が大きいです。

JCWの純正はクーパーSよりも抜けの良いキャタライザーだそうですね。

取付したのはアクラポビッチの100セルと言うものでキャタライザーとしてはかなり抜けを重視したものだと思います。

B04041

純正よりも触媒部分が小さいので取り付けるほうがスムーズでした。

遮熱版なども元のように取付できますので作業を終えてしまうと交換したのかどうか分からないぐらいです。

キャタライザーを交換するとO2センサーエラーが出ると言うことで、27モータースポーツ様から新発売になったセンサーアダプターも取り付けしておきました。

このアダプター、HPではわかりませんが内部がちょっと凝った事になっていました。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

無料ブログはココログ