« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

シルビア

S15の不調修理です。

失火するとの事で、まずは現象を確認するための準備でパワーFCが付いている車両なのでPC接続とA/F計の取付をしてロギングしておきます。

ブーストがかかってくるとバンバンと音がして失火しているのが確認できました。

ログデータを見ると、点火系かエア漏れが発生しているようなデータでしたのでまずはパイピングにエア圧をかけてチェックすると・・・

B07291


バッチリ?漏れていました。

シリコンホースを交換していく過程でパイピングも変形しているのを発見しましたので修理しておきます。

B07292


クラッシュしたことがあるのでしょうか?かなり変形していますのでカットして溶接で付け直しました。

B07293


この後、エア圧チェックして漏れないことを確認し、プラグも確認してみるとかなり良くない状態でしたので交換しました。

コイルは最近交換してあるようなので最初に交換しなかったのでしょうか?

プラグの重要度の認識を低く感じますね。。。とっても重要な部品ですよ。

2014年7月28日 (月)

昨日と今日

昨日はREPSOL杯Inモーターランド三河に参加してきました。

B07271


久々のAE86での参戦です。

ノンパワステ、ブレーキブースターなしですので最近は楽をしていたことが体感できました。

それでも2本目、3本目と徐々に使い方を思い出してきてタイムもアップしてきました。

最終的なタイムは47.106までアップできました。

リザルトとしてはハンデ制ですのでハンデ加算の結果2位でしたがこれまた久々の表彰台に上がれました。

46秒台に入れなかったのは残念ですが朝一からの目標は47.2でしたので良しとしましょう。

 

 

今日は仕事ですよ。

先日キャタライザーとマフラーを取付したZ34ですが、特定の回転数で共振振動が出て、フレキシブル部分が無いことで現象が起きるらしいと言うことでボールジョイントタイプのフレキシブルを追加しました。

B07281


フランジが増えるのもカッコよくありませんので通常のフランジを切り取ってそこにフレキシブル用のフランジを取り付けます。

フランジがふたまわりぐらい大きかったので遮熱板とボディへの干渉に気を使い向きを調整して取付します。

これで共振が無くなると良いですね。

2014年7月23日 (水)

今回は

27日のREPSOL杯には久々にAE86で出場することになり、ほぼ半年ぶりに動かしますので液体関連は全交換しておきます。

B07232


LLCもいつ交換したか記憶に無かったので交換しました。

抜いたオイルは一度は使っていてその後時間が経っているものは酸化していると考えられますから汚れていなくても交換しないと壊れる可能性が高くなるので交換しましょう。

それとずっと気になっていたフロントのディフューザー

B07231


先端が割れてしまっていたのとやや張り出しが大きかったのでカットしました。

これで準備完了です。

2014年7月22日 (火)

ダンパー仕様変更

先日の取材時のインプレッションを踏まえてダンパーを仕様変更しようと考えていました。

ついでなのでダンパーオイルも変えてやってみます。

B07211


当店で良いオイルといえばヤッコですがヤッコのバイクのフォークオイルです。

粘度がもっとも近いもので今までより少しだけ柔らかい物ですが温度上昇での変化が少ないので良いと思います。

プレートバルブの仕様ももちろん変えていきますので直接オイルだけの違いは分からなくなりますが良くなってくれるでしょう。

2014年7月19日 (土)

取材

昨日はハイパーレブの取材に鈴鹿ツインへ行ってきました。

ライターさんとカメラマンさんは何度かお会いしたことがある方でした。

B07181


テスト中の4-1エキマニを撮ろうとしていますが隙間からしか撮影できないので苦労されていました。

B07182


サーキットですのでもちろんレーシングドライバーの走行&インプレもあります。

B07184

今回はシャーク井入選手でした。

足のセットなども変えていきましたのでレーシングドライバーの貴重な意見も聞けますのでこういう機会は重要ですね。

B07188


せっかくサーキットに行ったのでフリー走行で走って自分でも確認してきました。

エンジンは思ったより良い感じになっていましたが足はもう一歩といったところでしょうか。

また考えてより良いものに仕上げたいと思います。

2014年7月16日 (水)

アルテッツァ

SXE10のフライホイール交換です。

TODAレーシングで行く予定でしたが欠品中でしたのでTRD製で行くことになりました。

B07161


純正はダンパー付きで相当重いです。純正は片手では持てませんがTRDは軽々と持てます。

B07162

裏から見ると違いが良く分かりますね。

アクセルレスポンスが良くなって楽しくなりますね。

2014年7月13日 (日)

フェアレディZ

Z34のマフラーとメタルキャタライザーの交換です。

B07121


HKSのキャタライザーですが、前情報でいくつかありましてある程度の予想?をしていましたが・・・

B07123


純正のステー部分との取り付けはほぼ取り付け不可能なズレ具合で溶接部分を切り離して一部カットし溶接しなおしました。

画像で見ても溶接部分のズレがどの程度か分かりますね。

マフラーの方はトラスト製でしたがこちらは特に問題なくすんなりと取り付きまして画像がありません。

86の作業続き

アップし遅れていますが・・・

ZN6の作業の続きです。

B07112

オリジナルパーツを色々ご購入いただきましてありがとうございます。

ロールセンターリヤメンバーブッシュですがメンバー取り付け位置が物理限界まで変更してあります。

ただ、純正のブッシュを抜くことが最も大変な作業かもしれません。

B07113


リヤもフルピロ化します。

今ならぶっちゃけてもだいじょうぶでしょう・・・クスコもピロブッシュの適合が確認できているようですが、当店で最初にフルピロにした時はGRBのピロブッシュで入れ替えました。

あの時はそのまま行けるかどうか分からなかったので加工するつもりで取り寄せしましたが心配は杞憂に終わったものでした。

B07116


さらにはリヤスタビ移設ブラケット。ご覧のように高さと共に後方へ移設しますのでリンクが無理のない角度になります。

ついでに言えばこの方向の角度も

B071110


リンクは長いままで適正化しますのでリンクの振り角度が少なくて済みます。

と言うことは、ストロークしていっても変化が少ないと言えます。

B07117


ロアアーム2本も調整式に変更しました。アライメント調整範囲が広くなりますし左右差を調整することも出来るようになりますのでメリットが多い部品です。

2014年7月11日 (金)

メールトラブル中

現在メールが送信できなくなっています。

お問い合わせもいただいていますが送信できない状態になってしまっています。

解決しだい返信しますのでしばらくお待ちください。

2014年7月 9日 (水)

86いろいろ

ZN6の作業です。

エキマニですがオリジナルの試作品を取り付けてセッティングし・・・

B07091

このエキマニとスポーツ触媒のセットでもデモカーのECU-TEKのデータに近い感じになりました。

試しに以前やった他社のエキマニのデータで走ってみると燃料は足りなくなり、ノーマルよりトルクが無く、フィーリングも悪い状態になりました。

やはりアルテッツァの時と同様にエキゾーストでECUデータはまったく違うものになることが確認できました。ありがとうございます。

やっぱりセッティングはきっちりやる必要がありますね。

普通では走りながらのバルタイセッティングは出来ませんが、少しずつですが走っている状態のままでバルタイ変更できるやり方を考えてありますので直接比較できますのでかなり厳密にセッティング可能です。


お次はバンプステア修正キットを取り付け・・

B07092_2

B07093

さらにリヤメンバーを降ろしてメンバーブッシュとメンバーの補強をし、

B07096

B07098

補強のプレートも86用は商品がありますので一から作らなくて良いので作業時間は随分短縮されます。

まだまだ作業は続きますが今日はここまでです。

2014年7月 5日 (土)

エキマニ

作業の合い間にこつこつ進めてきたエキマニ製作が完了しました。

B07051


集合部分付近の溶接問題は頑張ってクリヤしました。

集合の方法は点火順序も考慮して集合時に隣のパイプから排気が来るようにしましたので引っ張り効果も期待できると思います。

どんな特性になるかは取り付けてからのお楽しみですね。

いい音になると良いな~

2014年7月 1日 (火)

シルビア

S15ですがタペットあたりの音が出ていると言うことでラッシュアジャスターを交換しますが・・・外してエアかみなどを調べてもあまりおかしくない感じでしたのでNVCSのプーリーも念のため交換することになりました。

B07011


新品のラッシュアジャスターはオイルに入れてエア抜きをしてから組み付けです。

プーリーを組んでクランクを2回転させて位置が合っていることを確認してからカバーを取付します。

 

プーリーは後から発注しましたので待ち時間の間に他の作業を進行します。

B07012_2


スタビの調整位置を追加する加工をしました。

元は2箇所でしたが延長加工して穴位置を増やしました。

この手の加工も何度かやったことはありますが溶接していますので壊れても大丈夫な人しか受けられませんのであしからず。

と言っても今まで壊れた事例はありませんけどね。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

無料ブログはココログ