« 筑波スーパーバトル | トップページ | セリカGT-FOUR »

2014年12月 7日 (日)

86の作業2台+α

今日はZN6の作業が2台ありました。

1台目はコイル+プラグの交換です。

デモカーのほうでもエンジン性能アップが確認できたオカダプロダクトのプラズマダイレクトとNGKのレーシングプラグです。

B12071

このコイルはマルチスパーク化されますので失火に対しての対策になります。

高回転、高負荷での失火はデトネーションの原因にもなりますので点火の強化はエンジンの保護にもなると言えますね。

プラグは少々お高いですがNGKの赤箱レーシングプラグです。

なぜ定価が高いのかはきちんと理由がありますから分かっていただける方にはお勧めしています。

 

もう一台はオイルクーラーの取り付けです。

B12072


レボリューションさんのVマウントキットです。

当店のデモカーも似たような取り付け方をしてありますが、エアガイドやアンダーパネルまでセットになっていますので当店でワンオフする必要がなくなってしまった素晴しい商品です。

今回は社外バンパーになっていて少し干渉する部分があったのでエアガイドを少しカットして取り付けました。

また油温、油圧センサーの取り付け穴が純正のクリーナーボックス側にあり、取り付けできない状況でしたのでアタッチメントを今まで取り付けしてあったアタッチメントを使用し、エレメントブロックのセンターボルトをキットのものから変更して取り付けできました。

B12073


ラジエターの前をエアガイドがある程度隠してしまいますが油温がしっかり冷えれば同時に水温も冷えてきますので実際には水温も安定してくれます。

サーキットで走っても温度は安定してくれるのはデモカーでも証明されていますのでこれからオイルクーラーを取り付けしようと考えている方はお勧めですよ。

 

そしてもう一つ

先日カムを組んだランサーですが、慣らしが終わったということでセッティングに入ります。

セッティングする時にはオイル、エアフィルター、プラグは交換したほうが良いので新品に交換してA/F計などの機材も取り付けします。

B12074


これでセッティング準備は整いました。

« 筑波スーパーバトル | トップページ | セリカGT-FOUR »

ZN6」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 86の作業2台+α:

« 筑波スーパーバトル | トップページ | セリカGT-FOUR »

無料ブログはココログ