« オリジナルパーツ部品+ | トップページ | スカイライン »

2015年3月29日 (日)

不調GT-R

BCNR33で調子が悪いと言うことでお預かりした車両です。

以前にオイルレベルゲージが抜けてオイルを噴出したことがあるということと、板金修理をしてから調子が悪いとの事でしたので、圧縮圧力測定とパイピング関係のチェックをします。

まずはコンサルトで故障診断しておきましたが、故障診断では異常なしになっています。

O2センサーが常にリーンになったままでしたのでO2センサー自体の異常かもしれません。

圧縮圧力を測定するためにプラグを外し・・・

B03291


真っ黒ですね。

この時点で確実に何かしらはおかしいと分かります。

圧縮はそれほどおかしくは無かったのでパイピングを確認・・・・

B03292


インタークーラーが曲がって潰れているのとその後ろのブローオフの戻りパイプが押されて割れていました。

インタークーラーはエア圧をかけて確認しても現状では漏れはないようです。

ブローオフの戻りパイプに穴があるのでこちらからエアを吸い込んでいたようです。

入庫時にエンジンがかかっている状態でしたのでこれほど大きな穴があるとは思いませんでした。

本来ならこのパイプの新品部品を取り寄せてインタークーラーと一緒に交換するところですが、ブローオフを取り外してしまうと言う選択もありますので要相談ですね。

« オリジナルパーツ部品+ | トップページ | スカイライン »

GT-R」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不調GT-R:

« オリジナルパーツ部品+ | トップページ | スカイライン »

無料ブログはココログ