« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

昨日の

昨日はモーターランド三河に行っていました。

Pb290001


筑波スーパーバトル前の最後のセッティングということで、やることが多く走っていてもかなり忙しくしていました。

それでもバルタイセッティングは何とかこなし、A/Fもカッチリ合わせたかった所でしたが途中から何かおかしい??

どうやらエキマニ~フロントパイプ接合部あたりで排気漏れをしているようでした。

ここは今日確認したらガスケットが抜けていましたので同じようにならない対策しておきました。。。今のエキマニにした時にやっておきたかったことをしただけですが。

これによって中間からのトルクはかなりなくなってしまい、筑波用のファイナルギヤとのマッチングで?最終コーナー立ち上がりはかなり遅くなってしまいました。

ECU-TEKのセッティングはこれでどうにもならない状況になってしまったので次はサスのセッティング変更をしていきます。

といってもやって行ったことが当たりで、最初から結構良い感じだったのをもう少しいじって足はかなり良い感じでセットできました。

あとは本番に向けてオイルやその他メンテナンスをしてOK?ですね。

2015年11月25日 (水)

まだまだつづき

EP91の作業はまだ続きます。

手持ちのヴィッツリフターのサイズがあったのでエンジン本体は完成。

クラッチを取り付け

Pb250001

ミッションと合体しボディに載せます。

Pb250002


本来ならタービンを取り付けした状態で載せたかったのですがとある事情によりあとから取り付けすることにしました。

今週中に完成できそう・・・かも。

2015年11月24日 (火)

スターレットの作業続き

EP91の作業の続きです。

ミッションは特に問題なく組み付け完了しました。

Pb220002


リヤブレーキローターも交換することになっていますのでハブベアリングにグリスを詰めて交換します。

以前の部品には既にグリスが入れてあってすぐに取り付けできたのに今回はグリスは入れてありませんでした。変わったのでしょうか?

Pb230003


スターレットのリヤブレーキローターはハブ一体になっていますので強制的にハブも交換になります。

そしてEP91でリヤブレーキを分解した時にはスライドピンを抜いてグリスアップしておくと良いでしょう。私が見る限りで分解時に動きがスムーズだったことがありません。

Pb230004

Pb230005


これもまた定番修理のブリーダープラグの穴の詰まりです。

フルード交換時に緩めてもフルードの出が悪い時には大抵詰まっています。時々締め付けすぎによって潰れてしまっていることもあります。

Pb240006


一番メインのエンジン組み付けです。バルブを組んでブロックに載せます。

Pb240007


カムを仮組みしてクリアランス計測まできました。

ヴィッツリフターで組み付けますがちょうど良いサイズのリフターが手持ちであるかどうかが作業進行に多大な影響を与えます。

ランサー

CE9Aにリジカラの取り付けなど。

Pb220001


CE9Aでは初でしたが、純正の穴径はかなり大きくて効果がありそうです。

リヤのボルトが錆び付いていたようで緩める時に折れるかもしれない感触があって心配でしたが何とか緩みましたので無事に取り付けできました。

2015年11月21日 (土)

まとめて

画像は撮ってあったのですがアップしてなかったものを色々。

EP91のフロントサス取り付け周辺の溶接増しとか。

Pb200001

スターレットはフロントロアアーム取り付け部分やストラットタワー横のボックス部が案外弱いので比較的簡単に作業できる部分でもかなり体感できると思います。

同じくEP91の流用クロスミッション化とか。

Pb200002

C型ミッションはギヤ比は上手くやれば純正で流用可能なギヤがいろいろあるので組み合わせでクロスミッション化可能です。

とは言え、もう定番になっている仕様で組みます。

FD3Sのドアノブとシフトブッシュ交換とか。

Pb210003

FD3Sのアウター側のドアノブは水が入りやすいので動きが渋くなって最終的にはノブの支点などが壊れて開けられなくなってしまいます。

動きが渋くなっているのを放置しておかない事が大事だと思います。

シフトブッシュはミッション側の先端に付く樹脂部品が減っていき、シフトレバーのガタが増えてきます。

この車は既に無くなってしまっていました。

ある程度の年数が経つとここは確実に破れていますので

Pb210004

当然新品を用意して交換です。

2015年11月15日 (日)

4E

しばらくバタバタして止まってしまっていた4EFTの作業です。

Pb150001


ピストンはCP製鍛造、コンロッドはH断面と豪華仕様です。

4Eのウイークポイントをそれぞれ解決できるのでオーバーホール時に使用したいパーツです。

Pb150002


シリンダーに組込してピストントップ容積を測定、ヘッド側の燃焼室容積も測定して圧縮比計算をします。

設定したい圧縮比になるようにヘッドガスケットの厚さを計算してメタルガスケットを発注しますので作業が一時中断になります。

2015年11月14日 (土)

筑波サーキット

昨日は筑波2000でMoty’s走行会に参加してきました。

Pb130003


天気はまぁまぁ良く走行に適した条件です。

Pb130002


タイムアタックイベントもこれからありますのでセッティング出しにとても良い雰囲気でしたが・・・

Pb130006


やって行ったことはハズレで車はあまり良くない状態でした。

今年のスーパーバトルまでもういくらも日にちがありませんので仕事の合い間にすることがいっぱいです。

2015年11月11日 (水)

EP82の作業続き

昨日やりかけたスターレットのファイナルギヤ交換作業の続きです。

Pb110001


ミッションギヤも分解しますのでシンクロ関係の部品も交換しました。

ピニオンギヤの大きさを比べてみると違いがわかりますね。

C型ミッションはかなりの回数分解しましたので慣れたものですがミッションのギヤ比は新旧で色々あり、シンクロ関連の部品の種類もいろいろあるので誰のミッションにどの品番の部品が入っているのか実際に合わせて見るまで取り寄せた部品が合っているか不安を感じます。

組み付けできたら載せて完成です。

2015年11月10日 (火)

またファイナル

夕方から入庫のEP82のファイナル交換です。

またファイナルギヤ交換と言っても今度はFFです。

Pb100002


デフを分解する所までは作業しました。

スターレットにクスコのデフを強くして入れてあるとピニオンギヤが欠けることがあるので内部も確認しておきます。。。今回は大丈夫でした。

イニシャルトルクがかなり落ちていたのでシムを1枚入れ替えて少し上げておきました。

明日はシンクロ関連の作業です。

 

おまけ

ZN6のリヤの調整アームを買ってみましたが少々気になる所を修正してみました。

Pb100001


製品のままで改造車検が取れる製品なので問題ないとは思いますが・・・単なる趣味ですね。

もちろんトーロッドの方も長さが足りなくなると思いますので交換しますがそちらはそのまま取り付けで面白いことは何もありません。

これでキャンバーの調整が出来るようになりますのでまた違ったセッティングが出来ますね。

2015年11月 9日 (月)

昨日の続き

昨日途中になっていたZN6の作業です。

ファイナルギヤを組み付け、デフケースの蓋を付けてシール剤が固まるまでの合い間にマウントブッシュを交換しておきます。

Pb090005


専用のジグでメンバーを降ろさずに作業できます。。。が2個穴の方のブッシュを入替するのにはいつも少々手こずります。

1個穴の方はいつもすんなりと入替できるので良いのですが、圧入状態がこんなに緩くても大丈夫なのかといつも心配になります。

とは言え、ずれてしまっていることは無いので問題ないのでしょうね。

デフを載せて完成です。

2015年11月 8日 (日)

またまたデフファイナル

ついこの間にも別の車で作業しましたが・・・

今回はデフは他のお店でクスコRSが入れてありましたので内部仕様変更とファイナルギヤ比変更です。

内部仕様はカム仕様をクスコ新仕様のカムリングに変更してそれに伴いイニシャルトルクなども変更します。

Pb080003

分解前にイニシャルトルクを測ったら1~2キロしかありませんでしたが分解して納得しました。

RSといえどある程度のイニシャルトルクは欲しいので目指す所にあわせて組み替えしました。

Pb080004


今日はここまでにしておきます。

クラッチ

ZN6のクラッチ交換作業です。

純正のクラッチ&フライホイールを外すところまではすぐに出来ます。

OS技研のストリートマスターを選んでいただきました。

仮組みしてありますので分解してパイロットベアリングをフライホイールに付けてクラッチ板には一手間かけて組み込み準備が出来ました。

Pb070001

前準備が出来たら組付けしていきます。

Pb070002


レリーズベアリングは付属のもので組み付けすることになりますのでグリスを入念に付けておきます。

今回は同時にレボリューションのシフトレバーガイドアームブッシュも交換しました。(画像はありません

ここはミッションを降ろした時にやると良いですね。

完成して試乗ですが、踏力は純正より少し重くなる程度で半クラッチもあるのでとても乗りやすいクラッチだと思います。

2015年11月 3日 (火)

デフファイナル

今日はZN6のデフとファイナルギヤの交換作業です。

Pb030001


ファイナルはミニサーキットで有効な4.8でLSDはOS技研のデュアルコアのスペシャル品です。

4.8と5.1のファイナルはリングギヤの厚みが薄いので特注品の専用のデフケースです。

スペーサーを使う方法もありますが、歯当たりにとってはあまり良くないので専用ケースを使った方が良いです。

今回は一度で歯辺りが決まらずピニオンを何度か入れなおしてシムを調整ました。

もちろんピニオンスペーサーは純正の潰すものではなくクスコにしてトラブル防止対策もしておきます。

少々気になったのは純正で付いていたピニオンのベアリングと新品で用意したベアリングが形状が違っていたことですね。

高加重に耐えられるベアリングになっているのでしょうかね?

2015年11月 1日 (日)

プーリー

ZN6のプーリーキットを取り付けしました。

まだホームページには追加してありませんが当店のオリジナル3点セットです。

Pa310003


軽量なだけでなくクランクプーリーは小径化、オルタネータープーリーは大径化してベルト駆動抵抗も軽減しますのでレスポンス、パワーアップできます。

Pa310004


取り付けはプーリー前のスペースが結構広いので作業はやりやすいと思います。

クランクプーリーの脱着は構造上少々注意が必要ですがそれ以外は変わったところはありませんね。

ベルトの取り回しで迷いつつ? 完成です。

エキマニ

何だかバタバタしてブログアップしていませんでしたが画像は少し撮ってあったので遅ればせながら。

Pa280001


10月に4-1エキマニを2台分注文いただきまして、部材が揃った時点から製作していました。

この所すごくたくさんエキマニを製作した気がしますね。

最初の頃と思うと随分作りなれてきた気がします。

Pb010005


2個目も完成しました。

このエキマニはバルタイセットが全く違うデータになりますがキッチリ合わせるとかなり面白くなります。

音も独特の音になりますので他と違うものをお求めの方にお勧めです。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

無料ブログはココログ