« 点火 | トップページ | 2016年ダンパー仕様 »

2016年1月20日 (水)

足回り

ZN6の足回り作業です。

まずはご自分で取り付けてそのままだった車高調の調整です。

ZN6ではリヤストロークの確保が非常に重要ですのでまずはバンプタッチまでのストロークを確認します。

P1160020

75mmほどしかありませんね。

レバー比もありますからホイールストロークよりは短くても良いのですがヘルパースプリングも有効に使ってストローク確保するにはそれ相応のメインレートが必要になってきます。

標準の設定ではヘルパーが密着した時点でバンプタッチまで約40mmほどでした。

メインレートが8Kでしたので40mm縮むまでに320Kgの荷重がかかります。逆に言えば320Kgしか荷重が受けられないということですね。

実際にはレバー比があって1Gまでの車重(リヤ1輪約270Kg)がかかります。なので1G時点で残っているストロークは・・・ほぼ無いと言えます。

つまり常にバンプタッチ・・・・

足回りとしての性能が発揮できるとかそういう状態ではありませんね。

どうしてこういうセッティングになったのでしょう?開発した人に聞いてみたい気もします。

ということで、私なりに少しでも良くなるように調整しておきました。

お次はこちら

P1160022

リヤメンバーカラーです。

もちろん当店オリジナルのメンバーブッシュを使っていただければ良いのですが作業が大掛かりになりますので第一歩としてはカラーで効果を体感していただきたいと思います。

もうひとつは

P1160021


ドライブシャフトのインボードジョイントのグリス入替です。

分解洗浄し、少々面取り処理をして高級グリスで組み付けします。

サーキット走行する場合にはやっておきたいメニューです。

« 点火 | トップページ | 2016年ダンパー仕様 »

ZN6」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足回り:

« 点火 | トップページ | 2016年ダンパー仕様 »

無料ブログはココログ