« ステアリングシャフト | トップページ | 足回り »

2016年1月 9日 (土)

エアダクトと補強バー

86のエアインテークですが、関西サービスのダクトが単品設定されましたので今までのHKS製から交換することになりました。

P1090002


ピンボケしていますが・・・HKS製でも純正と思えばかなり良いと思いますが関西サービス製の売りはここ

P1090003


クリーナーボックスの入り口を拡大加工することです。

上の純正の入り口の大きさと比べるとかなり大きくなります。

そして取り付け部分はちょっとした加工をして次回からの脱着をするときにやりやすいように細工をしておきました。

普通ならケースの裏表でボルト&ナットで取り付けになる部分をスタッドボルト状に加工しました。

P1090004


最初の入り口は少しだけ大きいですね。

86・BRZは吸気の入り口が制限されてパワー制限されてしまうので是非ともインテークダクトは交換したい部分ですね。

もうひとつはこちら

P1090005

リヤのフレームエンドバーをレイル製に交換しました。

取り付けのボルト穴がかなりギリギリで今回は少しだけ長穴加工しないとボルトが入れられませんでしたがこれくらいのことは起きても不思議ではありませんね。

« ステアリングシャフト | トップページ | 足回り »

ZN6」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアダクトと補強バー:

« ステアリングシャフト | トップページ | 足回り »

無料ブログはココログ