« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月27日 (土)

インテグラ

DB8の作業です。

先日鈴鹿サーキット走行でシフトミスをしてオーバーレブしてからおかしくなったということです。

コンプレッションを見ておそらくバルブだろうと目星をつけてヘッドを取り外し。

P2260004


リセスに当たった跡が残っていますね。

エキゾーストバルブがかなり曲がってしまっています。

P2270006

念のため全てのバルブの当たり具合を光明丹で確認しておきます。

P2270005

インテーク側は問題ないようですね。

バルブガイドが割れてしまっている所があるのでエキゾースト側はガイド入れ替え+バルブ交換が必要です。

必要な部品を発注して作業はここまでです。

鈴鹿

かなりサボっていたのでまとめてアップです。

25日はレインボーカラーズ走行会In鈴鹿フルコースに参加してきました。

P2250001


久々のフルコースです。

天気は最高に良く走行会日和でした。

P2250002_2


P2250003


自分では結構頑張って走ったつもりですが車載動画を見るとサンデードライブに見えてしまいます。

まだまだ精進が足らないようです。

エキマニ修正

デモカーのエキマニですが去年の筑波のときにどうすれば良いか判明して気になっていた部分を変更しました。

P2230001


集合部分の口径を変更しました。

こういうときに差込だと変更しやすいので良いですね。

それと同時に更に前から気になっていた所も作り直し

P2230002
今までのものはかなり長い間使って割れ補修を繰り返していることと捻りの力が掛かっているらしくパイプ径が潰れていたので作り直ししたかったのです。

同時に製品用のジグも干渉対策で修正しておきました。

更にフロントパイプも作り直して干渉していた所を回避しました。

新しくなると気分が良いですね。

2016年2月14日 (日)

ATSのデフ

86にLSDを組み付けしました。

クスコで行く予定でしたが納期が長かったのでATSに変更になりました。

P2140004


純正を分解する時に少しクリアランスが広い気がしていましたがLSDにシムが合わず、調整して組み付けしました。

クリアランスが合ったら歯当たりも見て問題ないことを確認してから組込です。

クラッチシリンダー

FD3Sのクラッチが切れなくなった車両の修理です。

クラッチホースかとも思いましたが、マスターシリンダーでした。

P2120002


こちら側に漏れてきています。

P2120001


安心のAssy交換です。リザーバーからのホースも付いていましたので更に安心です。

P2120003


外れている状態で断熱処理をしておきます。

同時にレリーズシリンダーも交換しておきました。

FD3Sはレリーズ側のエア抜きがやりにくいのが難点ですが完全にエアが出なくなるまで抜いたら完成です。

2016年2月 9日 (火)

ドライブシャフト

86のドライブシャフトグリス入替作業です。

サーキットを走るなら対策しておきたい所のひとつです。

P2080001


インボードジョイントが対策したい部分です。純正はグリスの量も少ないですし、グリス自体もそれほど良いものを使っていませんのでハードに使用すると最悪はバラバラになります。

分解して洗浄した後少々加工してブロー対策し最高級のグリスを入れて組み付けします。

2016年2月 6日 (土)

インテグラ

DC2のクラッチ交換です。

ATSのカーボンシングルにしてあったのですが、ずっと長く使っていてかなり繋がりが悪化してきていたのをだましだまし乗っていたとの事です。

P2060001


クラッチ板自体の減りはあまり無いようなのですがカバーとフライホイール側が消耗していました。

やっぱりカーボンの方が減らないようですね。

オーバーホールをしようと思うとかえって高くついてしまうので全換えです。

P2060002


フライホイールは純正でエクセディのウルトラファイバーにしました。

純正形状の中では乗りやすくて良いクラッチだと思います。

2016年2月 3日 (水)

フェアレディZ

Z34の作業です。

まずはフロントロアアームのピロブッシュから。

何はなくともまずはアームを取り外し・・・色々外さずにやって見たら逆に大変でした。

なのでもう片方は色々外してから取り外しました。

P1310001

アームが外れればプレスで入れ替えるだけなのでここはいつも通り。

P1310002

ブッシュを入れ替えたらアームを元に戻してアライメント調整です。

続きましてはクラッチ交換

作業自体で他の車との違いはダイレクトレリーズになっているのでクラッチラインを切り離してからミッションを降ろすことくらいでフロアトンネルが案外広く、作業性は良いですね。

P2010003

カバーが変わった形状でした。

P2010004


フライホイールにクランクアングルセンサーがセットしてありますがセンサーの取り付け方は少々変わっています。

P2010005


ピックアップはフライホイールに溶接・・・ノックピンがあるとは言え、製造時の歪みが大丈夫か心配になってしまいます。

P2010006


取り付けしたのはこちら。

エクセディのセット品です。

そして忘れていけないのはダイレクトレリーズです。

P2010007

純正は熱でパンクすると聞いていますが、外したものを見て納得。

もっとクラッチハウジング内部の熱が放熱できるようにすれば良いかもしれません。

以前に作って交換してあったクラッチホースの形状が違いそのままでは接続できなかったのでホースフィッティングを交換して取り付けしました。

最後はヘッドライト交換

P2020008

純正オプションだそうですがやっぱりレンズ内部は黒い方がシマって見えるので良いと思います。


« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

無料ブログはココログ