« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月29日 (水)

N1ダンパー制作?

またまたN1ダンパーのお仕事です。

各メーカーからもラインナップに無い車種ですがうちにあるN1ダンパー部品の色々組み合わせ流用で製作できそうなので制作することになりました。

まずは使えそうなダンパーを分解洗浄していつでも組めるようにしておきます。

P6290001


フロント用はストロークと車高は調整で問題なく行けそうですが念のためノーマル長を測定してから組み付けすることにします。

リヤはダンパー長が調整範囲から外れると困るので候補のダンパーを用意しておくだけにします。

車をお預かりしたら製作開始です。

2016年6月22日 (水)

シルビア

S15のダンパーを仕様変更しました。

P6180002

当店の在庫?のN1ダンパーをオーバーホール&仕様変更してのお渡しです。

旧ダンパー仕様から最新の仕様に変更するため、ピストンも新型に交換し、倒立タイプで旧型の弱点であるスライドブッシュも新型のものに交換。

P6180003

この部分でゴトゴト音が出ていたことが非常に多く、新仕様にしてダストブーツを付けておけばほぼ解消されます。

ダンパーストロークはヘルパーを入れる仕様ということで少し長めにしてダンパーは完成。

P6210002


スプリングは現在車についているものから入れ替えして取り付けしました。

あとはアライメント調整をして完成になります。

2016年6月21日 (火)

エボ3

CE9Aのラジエターホースを交換しました。

P6210001


ビリオン製が取り付いていましたがかなり使い込まれていた様子で膨らんで太くなっていました。

サムコ製へ交換となりました。

ラジエターが厚いタイプになっていますので短いアッパーホースは長さを調度良く調整して取付する必要があります。

CE9Aではラジエターの高さよりもエンジンの高さのほうが高くなっていますのでエアがなかなか抜けない車の一つですので念入りにエア抜きして完成になります。

2016年6月20日 (月)

スターレット

EP82の作業です。

最初にご来店時にAE111の6速ミッションを載せるご相談を受けたのですが、色々話をして計画変更になりました。

LSDはOSスーパーロックを使用してファイナルを定番の4.3へ

P6190004


C160ミッションにはファイナルギヤ設定が1種類しかありませんのでギヤ比の選定というものができないことが問題になりますが5速ではファイナルギヤが色々選択できてコースやエンジン特性に合わせることができます。

P6190005


ファイナルギヤはピニオンとリングギヤのセットで変更ですのでアウトプットシャフトを交換します。純正との差が良くわかりますね。

ギヤもクロス化したいということでしたので3速と4速のセットを流用クロスミッション化しました。5速までやるとフルクロスになって面白いですが今回は5速は巡航用に残しています。

P6200006

ミッションを降ろしますので同時作業がお得なクラッチ、フライホイールも交換します。

戸田レーシング製のセットものです。カバーとフライホイールが組み付けバランスが取ってあるところが良いところですね。

P6200007

ペイントで印が付けてありますのでバランスが合うようにセットして組み付けします。

ミッションを載せて完成です。

ランサー

エボ7CT9Aのクラッチ交換作業です。

入庫時にすでにほぼ動けない状態でしたが・・・

P6150001


やはりディスクはかなり減っていました。

エクセディのウルトラファイバークラッチを組込しました。

予算に余裕があれば長持ちするのでカーボンツインをお勧めするのですが滑ってしまってから修理する場合には予算が組めない場合が多いようです。

4駆の場合はクラッチ交換の工賃が高くなるので長持ちする物を選んでもらって何度も必要に迫られないようにして欲しいと思っているのですけどね。

2016年6月13日 (月)

セリカ

ST205のメインテナンス作業です。

最近水温が上がり気味ということでラジエター、サーモ等をまずは交換します。

分解していくと原因はこちら

P6130001


純正のサーモスタットが入っていましたが壊れてしまっていました。

壊れた具合を見てみると、どうやらほんの小さな穴だけが開いていただけのようです。

これならば水温は上がり気味になるでしょうね。

 

色々分解したついで・・・と言っては何ですが、フューエルフィルターも交換。

P6130002


ここは定期的に交換しておくことが無用のトラブルを無くす方法です。

まだまだ他にも作業はありますが今日のところはここまでです。

2016年6月11日 (土)

アコード

CL7のドライブシャフトオーバーホール作業です。

以前にデフなどの作業をした時アウタージョイントの動きに引っかかりが有ることがわかりましてそれの修理です。

何はなくとも分解して見ました。

P6110001


予想では右側の下の部品にクラックが入っていると考えていましたがボールの受け部分が虫食い状態になっていました。

86/BRZのドライブシャフトのインボード側がこのような状態になることが多いです。

初めからジョイントの再使用はできないと思っていましたのでアウトボードジョイントは新品で交換しました。

P6110002


当然ですが新品はかなりスムーズに動きます。

これで安心して乗れますね。

 

明日は鈴鹿サーキットへ行きますのでお店は臨時休業になります。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

無料ブログはココログ