« アルテッツァ | トップページ | ヘッドガスケット »

2016年8月 9日 (火)

RX-7

FD3Sの作業です。

P8090001


消耗品の交換作業でプラグ、プラグコードとエンジンマウントの交換です。

FD3Sではプラグは純正で1万キロまでで交換すると調子の良い状態を保つ事ができると思います。

ロータリーでは点火系の良し悪しが調子の良し悪しに直結していて怠ると失火からのエンジンブローが起こることがたびたびあります。

 

P8090002


エンジンマウントはRIGID製に交換。

純正は振動を減らすためかなり柔らかい物になっていますので動きが大きく、シフトフィールや各部の干渉、さらにはPPFの折れにもつながるので強化することが必須と言えるでしょう。

RIGID製はスチールの板でゴムを挟む形になっているのでエンジンの揺動はほぼ無くなり、ゴムである程度の振動は吸収してくれます。

明日アライメントを残すのみとなりました。

« アルテッツァ | トップページ | ヘッドガスケット »

FD3S」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RX-7:

« アルテッツァ | トップページ | ヘッドガスケット »

無料ブログはココログ