« ボンネット | トップページ | 86のブレーキ »

2016年10月16日 (日)

アルテッツァジータ

GXE10のジータの作業です。

リフレッシュを兼ねて体感できやすい部分のパーツ変更をしていきます。
Pa070006
ここは定番のフロントテンションロッドブッシュをTRD製にして
Pa070007
更にクスコのロアアームバーを取り付けします。
フロントのしっかり感が出ますのでぜひやっておきたい部分ですね。
 
デフマウントブッシュも交換しました。
 
Pa070002
 
これもTRD製です。純正はかなり柔らかい設定になっていますので駆動のダイレクト感に欠け、独特のシャクリ感なども発生するのでやりたい所です。
 
Pa070003_2
実際の作業は結構大変な作業になりますのでおいそれとできない部分でもあります。
 
Pa070004
 
純正ではデフケースと交換になるデフキャリア前側のブッシュもTRD製に交換しました。
ここの交換は元のブッシュを壊して取り外して圧入です。
 
Pa070005
 
画像はありませんがメンバーカラーも入れ、デフを載せたらクスコ製補強バーも取り付けしてアライメント調整して完成です。

« ボンネット | トップページ | 86のブレーキ »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルテッツァジータ:

« ボンネット | トップページ | 86のブレーキ »

無料ブログはココログ