« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月22日 (水)

なんだか慌ただしい一日

19日はモーターランド三河へ。

 
Pb190002  
 
午前中は所用により行けませんでしたが、午後からの参戦です。
 
到着したのが丁度お昼頃でした。
 
後期車でゼスティノを付けて初の自分での走行でした。
 
午後1本めのフリーで感触を確かめる為に様子を見ながら走行。
 
グリップ感と言うか感触はあまり感じない割にグリップ自体は結構しているようで破綻しにくいようです。
 
感触があまり無いので攻めきることもできずそれなりの走りで次はもう少し行ってみようと思っていたら・・・2本めは雨が降ってきてしまい撃沈。
 
そのままウエット+寒くなって最後はもっとひどい状態でした。
 
エア圧を色々調整して感触が良くなれば結構使えるタイヤのように思えますが、インチアップして使ったほうが良いかもしれないですね。

AE86のブレーキ続き

少々アップし遅れていますが・・・

 
Pb150004
 
ブレーキ回りを完全リフレッシュするということで、既に廃盤になってしまいましたが在庫があったスピンドルとハブAssyも交換しました。
 
ダンパーはエナペタルでしたのでスピンドルを持込してシェルケースを交換することで交換完了となります。
 
元のシェルケースでブレーキホースがタイラップ止めでしたのでステーキットを使ってクリップ止めにして今後の車検時にも問題が起きないようにしておきました。
 
 
リアブレーキは大径ローターキットですがキャリパーは純正です。
 
AE86でよくある事ですがリアパッドサポートの鉄板がどこかへ行ってしまっていたので新品を取り寄せして取り付けしておきます。
 
Pb170001
 
特に裏側のパッドを動かないようにしている部品(画像の中の長い部品です)が無いことが多いです。
 
それにしてもこういう部品もまだ新品が有る所がすごいですね。

2017年11月15日 (水)

筑波への準備

先日のテストで気になったところを解決する為に作業していきます。
 
まずはプラグを抜いて確認。。。すると、あまり焼けていないのでやはり少し失火している様子でしたから新品に交換しました。
 
 
大丈夫だろうとは思っていましたが念のための確認で直噴インジェクターを外しまして・・・
 
ぜんぜん大丈夫でしたが外したのでシールを新品に交換しておきます。

Pb140002

 
直噴インジェクターのシールが飛ぶとかなりパワーダウンしますので定期的に確認したい気持ちはあります。
 
が、うちの車は色々外してあるので割りと簡単になっていますが普通の状態だとそこそこ大変な作業になります。
 

ソアラLSD

JZZ30ソアラにクスコLSDを組みました。

 
サーキット走行をしたいということですがグリップもドリフトも両方やりたいということで特化しない仕様で組むことになりました。
 
Pb130001
 
慣れ親しんだ?いつもの86のデフケースとはと少し違うデフケースです。
 
日産やスバルにもこういう感じのデフケースがありますがベアリングサイドの調整シムの入れ方が違っています。
 
どっちが良いのでしょうね?

2017年11月11日 (土)

AE86のブレーキ

AE86のブレーキオーバーホール等の作業です。

 
マスターシリンダーも交換しましょうと言う話になって、せっかく交換するならサイズアップしてフィーリングを良くしたいとのことで、AE111のマスターシリンダーに交換しました。
 
Pb110005
 
配管は形が全然違いますが、キットに付いてきた配管は純正の配管を曲げる+変換ホースで取り付けするようになっていましたが見栄えが良くなさそうでしたのでメッシュホースで作ってスッキリするように取り付けしました。
 
キャリパーはオーバーホールです。
 
Pb110006
 
フロントはFD3Sの16インチキャリパーです。
 
案外こうしたキャリパーを使っていてフィーリングがカッチリしない車両がありますがマスターシリンダーが消耗していることがほとんどなのでマスターシリンダーは新品にしましょう。
 

BCNR33改造車検の用意

いつも色々やらせてもらっているGT-Rですが、車検時期が来たので2名乗車やアームなどの改造申請をしようと言うことで問題になる箇所を洗い出ししました。

 
改造車検と言えども通常の車検ラインで合格する必要はあります。
 
そして発見した部分
 
Pb060004
 
右フロントのナックルです。
 
R33、R34でよくある?ハブ側のベアリングのガタではなく、アッパーアーム側のガタがありましたので交換しないといけませんでした。
 
他は調整などで何とかなるかな~~~と言うぐらいのところにしてあとは現場での対応です。

2017年11月 5日 (日)

11月1日

今年も時期が来た~と言うことでテスト走行に来ました。

 
Pb010003
 
筑波サーキットです。
 
今回はリヤ足の大幅仕様変更がありますのでどうなっているかが気になります。
 
一応のために別方向の仕様のダンパーも持ち込みました。
 
走行1回目ではそこそこの感じで走行しましたがやはりそこそこでは話になりませんから色々考え・・・持っていったダンパーはどうやら逆方向のようなので取替はしないで違う部分の調整で試してみました。
 
2回目の走行ではいい部分と悪い部分が顔を出して微妙な状況で終了でした。
 
これは別の部分でのアプローチが必要だと思われます。

ターボ交換

BCNR33のタービン交換をしました。

 
Pa290004
 
ツインターボはとにかく外すものが多いので外したあとの部品を置く場所が・・・
 
Pa290005
 
純正タービンから純正タービンへ。R34の純正ですが。最初はリビルトで交換する話をしていましたが流用することになりました。
 
ここまで来て部品のトラブル発生し作業ストップしてしまいましたがすぐに代替部品が来て作業再開。
 
Pa290006
 
こうやって見比べると色々な部分が違っていますね。
 
Pa310001
 
順に取り付けしていって完成しました。
 

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

無料ブログはココログ