« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月27日 (火)

レストアのような作業

久々の更新になってしまいました。

AE86の作業ですが、10年ほど車庫の中で保管してあった車を動かしたいと言うことで各部確認と修理をご依頼いただきました。

 
何はなくとも燃料タンクを確認してやっぱりサビてしまっていたので交換となります。
 
P2270003
 
まだ新品があるという・・・これからまだ長く乗る予定の方は今のうちに交換しておいて防錆ケミカル処理をしておくと良いかもしれませんね。
 
ブレーキキャリパーは固着していましたのでマスターシリンダー共オーバーホールするために取り外し。
 
P2270002
 
この画像を見てオートエアコン車とわかる人はAE86マニアですね。
 
クラッチシリンダーは懐かしい対策前のものが付いていましたので交換します。
 
ラジエターやヒーターのホースも心配なので交換しておきます。
 
P2270001
 
差し込み部分はこういう状態になっていて漏れる寸前くらいの状態でした。
 
P2270004
 
シリンダーヘッドリヤプレートも滲んで漏れていた形跡があったのでガスケットを交換しておきます。
ここは新車時は紙のガスケットなので漏れやすいですし、外したあとの処理がやりにくいのでいつも苦労します。

2018年2月12日 (月)

86の冷却系

ZN6にオイルクーラーとローテンプサーモの取り付けをしました。

 
サーモは当店のオリジナルパーツの76.5℃開弁タイプです。
 
P2110001
 
純正は88℃なので通常走行時でも90度以上になっているはずです。
 
燃費や燃焼効率にはこの方が良いのでしょうがスポーツ走行には高すぎるので温度を下げれるようにしたいですね。
 
できればファンの作動温度も下げられると良いですがECUの方で設定する必要があります。
 
 
P2110002
 
オイルクーラーはHKS製のラジエター前に付けるタイプです。
 
オイルの冷却にはこちらのほうが良いですがラジエターの冷却性は落ちますのでミニサーキットでは問題になりにくいですが、全開時間の長いフルサーキットでは水温上昇する場合がありますので使用用途に合わせて選ぶ必要はあると思います。
 
オイル漏れなど無いことを確認してバンパー等の部品を取り付けして完成です。

2018年2月 7日 (水)

86いろいろ

ZN6の作業です。

 
最初にサスキット取り付け。。。ですがまずは分解して寸法チェックと防錆処理をしておきます。
 
P2050005
 
スプリングレートから必要なストロークを計算してスプリングシート位置を決定して車高を合わせます。
 
P2060007
 
水冷のオイルクーラーが付いていましたが取り外してレボリューションのキットへ変更し、同時にローテンプサーモも当店オリジナルの76.5度開弁に交換しました。
 
P2070008
 
それに加えてエアダクトもオートファクトリー製の物に交換しました。
 
P2050006
 
組み込みが完了してアライメントを調整して完成です。

2018年2月 3日 (土)

モーテック

AE86にモーテックの取り付け依頼が入りました。

 
まずは今まで取り付けられていたものの中でモーテックにすることに依って不要になるものを取り外し、付いていた配線、センサーも取り外します。
 
P1300003
 
それと今回はバルタイも確認して欲しいということでしたのでカムカバーも外してバルタイ測定もしました。
 
272ハイリフトで4連スロットルですのでせっかくですからオーバーラップを大きく取ったバルタイにしないと面白くありませんよね。
 
P2030004
 
センサー取り付け、配線製作も完成して電源投入して内部データをチェック。
 
初期データを入れてもらっていますが一部違う部分があったりしましたがあくまで汎用なので使用する状態に合わせて設定変更しておきます。
 
インジェクターやイグニッション、アクセサリーアウトプット等の間違いがないかをモーテックのテスト機能で確認してエンジン始動。
 
LLCのエア抜きをしつつ、スロットルの同調を見ると元の状態ではかなりズレていました。
 
アイドリングの同調はもちろんですが、スロットルを少し開けた状態の同調をきちんと合わせないとうまくフケてくれません。
 
やりにくい状況なので大変な作業ですがキッチリ合わせておきます。

RX-7

RX-7と言ってもサバンナでしかもSA22Cです。

 
今となっては非常に珍しくなった車ですね。
 
エキマニが割れてうまく修理ができない状況なので製作するご依頼です。
 
せっかく作るのだから等長にしたいということなのでできるだけのことはしてみました。
 
P1290002
 
元は12Aターボエンジンだったそうですが13BのNAペリ仕様でした。
 
等長になったので音がマイルドになったと喜んでいただけました。

BRZブレーキパッド

この所バタバタして画像を撮っていなかったり、アップしていなかったりでしたが・・・

 
年末にエキマニなどを交換してセッティングした車ですが、ECU-TEKセッティング中にブレーキが足りないと感じて伝えておいたのですが乗ってもらったらやっぱりブレーキに不安を覚えたと言うことでパッドだけだも交換しておきましょうと。。。
P1280001
 
プロジェクトミューでHC-CSとHC+の組み合わせです。
 
今回はパワーアップにお金を使ったばかりと言うことでパッドのみ交換しました。
 

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

無料ブログはココログ