« 86の冷却系 | トップページ | レストアのような作業・続 »

2018年2月27日 (火)

レストアのような作業

久々の更新になってしまいました。

AE86の作業ですが、10年ほど車庫の中で保管してあった車を動かしたいと言うことで各部確認と修理をご依頼いただきました。

 
何はなくとも燃料タンクを確認してやっぱりサビてしまっていたので交換となります。
 
P2270003
 
まだ新品があるという・・・これからまだ長く乗る予定の方は今のうちに交換しておいて防錆ケミカル処理をしておくと良いかもしれませんね。
 
ブレーキキャリパーは固着していましたのでマスターシリンダー共オーバーホールするために取り外し。
 
P2270002
 
この画像を見てオートエアコン車とわかる人はAE86マニアですね。
 
クラッチシリンダーは懐かしい対策前のものが付いていましたので交換します。
 
ラジエターやヒーターのホースも心配なので交換しておきます。
 
P2270001
 
差し込み部分はこういう状態になっていて漏れる寸前くらいの状態でした。
 
P2270004
 
シリンダーヘッドリヤプレートも滲んで漏れていた形跡があったのでガスケットを交換しておきます。
ここは新車時は紙のガスケットなので漏れやすいですし、外したあとの処理がやりにくいのでいつも苦労します。

« 86の冷却系 | トップページ | レストアのような作業・続 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レストアのような作業:

« 86の冷却系 | トップページ | レストアのような作業・続 »

無料ブログはココログ