« 86いろいろ | トップページ | レストアのような作業 »

2018年2月12日 (月)

86の冷却系

ZN6にオイルクーラーとローテンプサーモの取り付けをしました。

 
サーモは当店のオリジナルパーツの76.5℃開弁タイプです。
 
P2110001
 
純正は88℃なので通常走行時でも90度以上になっているはずです。
 
燃費や燃焼効率にはこの方が良いのでしょうがスポーツ走行には高すぎるので温度を下げれるようにしたいですね。
 
できればファンの作動温度も下げられると良いですがECUの方で設定する必要があります。
 
 
P2110002
 
オイルクーラーはHKS製のラジエター前に付けるタイプです。
 
オイルの冷却にはこちらのほうが良いですがラジエターの冷却性は落ちますのでミニサーキットでは問題になりにくいですが、全開時間の長いフルサーキットでは水温上昇する場合がありますので使用用途に合わせて選ぶ必要はあると思います。
 
オイル漏れなど無いことを確認してバンパー等の部品を取り付けして完成です。

« 86いろいろ | トップページ | レストアのような作業 »

ZN6」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 86の冷却系:

« 86いろいろ | トップページ | レストアのような作業 »

無料ブログはココログ