« FA20 | トップページ | FA20続き2 »

2018年9月 3日 (月)

FA20続き

ボーリング加工に出して待つ間にできることを進めて・・・

 
P8290001
 
部品洗浄をしているだけでもかなり時間がかかります。液体パッキンの残りカスを取る良い方法があるといいのですがなんだかんだ言って地味にやることが一番なようです。
 
オイルポンプは戸田レーシングの強化品を組んでおきます。
 
P9020003
 
コンロッドは重量を合わせて・・・ボルト、キャップ側、ロッド側単体でもできるだけ合わせていますが限界はありますので最終的に合計がきっちり合うようにします。
 
P9030007
 
今回オーバーホールと同時にブローバイセパレーターキットも同時装着しますのでオイルパンに戻し加工をしておいてすぐ組み付けできるように用意しておきます。
 
部品を洗浄した後に何日も経つとホコリをかぶってしまいそうな気がしてしまうのでなるべく加工から戻ってくるタイミングを考えて作業を進めていきます。

« FA20 | トップページ | FA20続き2 »

ZN6」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FA20続き:

« FA20 | トップページ | FA20続き2 »

無料ブログはココログ