« FA20組み付け | トップページ | インプレッサ »

2018年9月18日 (火)

アルテッツァ

SXE10の作業です。

 
アルテッツァでは定番のフライホイール+クラッチ交換です。
 
P9160011
純正を取り外し・・・なんでこんなに赤くなっているのでしょう?
横にある工具箱が反射していると思われます。
 
純正のフライホイールはダンパー付きということもあって非常に重いので取り外し時にも気を使います。
 
P9160012
戸田レーシングのクラッチキットを取り付けしますが普段あまり見ない裏側の画像を撮ってみました。
 
かなり軽量化してあることがわかります。
 
P9160013
エンジンに取り付けて
 
P9160014_2
クラッチを取り付けしますが戸田のキットはバランス取りがしてありますのでカバーと位置合わせのマークが有るので忘れずに合わせて取り付けします。
 
ミッションを載せてここは完成。
 
 
お次はエキマニ交換です。
 
P9170015
フジツボ製です。
数年前にはいろいろなメーカーからSXE10用がありましたが今では廃盤もしくは受注生産になってしまっていてなかなか選ぶことができません。
 
P9170017
エキマニを取り付けてパワーFCも取り付けしてセッティングしますのでエアフィルター、プラグも新品にします。
 
P9170016
プラグはNGKのプレミアムRXが取り付けてありましたが7番にしたいのでイリウエイへと交換です。
 
一通り交換し終わったらエアフロ洗浄してエンジン始動しスロポジ位置確認とパワーFCの初期学習をしてセッティング作業を残すのみとなります。
 
86/BRZもそうですがIN・EXともVVTのあるエンジンはセッティングで劇的に変化がありますのでやっていない人は是非体感してみてください。
 

« FA20組み付け | トップページ | インプレッサ »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルテッツァ:

« FA20組み付け | トップページ | インプレッサ »

無料ブログはココログ