« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月26日 (金)

シルビア

S15の作業です。

フロントロアアームブッシュのピロ化とアーム補強、タイロッド強化と

P4230015

N1ダンパー仕様変更

P4230016

ナックルをGPスポーツ製へ交換

P4230017

と、フロントサスの仕様を大幅変更しました。

サスペンションのストローク時のアライメント変化は純正はノーマル車高でちょうど良いようにできていますので車高が変わればそれに合わせておきたいというのは山々ですが一部分だけ変更したりするとかえっておかしくなる事もありますので慎重に選択する必要はあります。

 

モーターランド三河

マイカーチャレンジに参加してきました。

P4210014

朝は案外涼しくいい状況だったと思います。これくらいまでの気温なら十分ベストが狙える状況だと思います。

午前中はショートコースでフリー2本とタイムアタック1本でフリーには使い古しのタイヤを使ってかなりオーバーステア状態でしたがタイムアタックには一度使っただけのタイヤにして走行しました。

タイヤが新しくなったらかなりいい感じになり、タイムもアップしてショートコースの自己ベストは更新。

午後はそのままタイヤを使いましたので最後のタイムアタック時には最初のようなグリップ感はなくなってきましたが久々に46秒台に入ってベスト更新!?と思ったらほんの少しだけ切れていませんでした。⤵

それでも事前にやっていった足のセッティングは良い方向に行っていることが確認できたので良い収穫ができました。

86のクラッチホース

ZN6のクラッチホース交換をしました。

P4150007

もちろん当店オリジナルパーツです。

純正で付いているパイプ部分は付いたままホースの部分だけを交換するのが一般的ですがパイプ部分を外してマスターからレリーズまでを直接行きますのでダイレクトなのはもちろん、エア噛みもしにくくなっています。

FD3Sの作業続き

続きの作業があります。

ピロになっていなかったリアアッパーアームのブッシュを交換しました。

P4130006

ロアアームの純正ピロはガタがありましたので交換したのですが画像は撮っていませんでした。

これでアームはフルピロになりました。

ダブルウィッシュボーンはフルピロの状態が一番好きです。

 

ブレーキキャリパーもオーバーホールしてローターは持ってこられたのですが、リアローターは付いていたものは16インチ仕様で

持ってこられたのは17インチ仕様でしたので純正の部品を取り寄せして取り付けします。

P4190008

 

残るはガッチリサポートの取り付けです。

P4190009

Aピラーからストラット取り付け部までの補強はかなり効果が高いのでもっともっとがっちりさせたいところですが

実際にやろうと思うと増溶接する話になるのでこれ以上はなかなかハードルが高いと思います。

最後にアライメントを取りますがタイヤの減り方を見て数値変更して取って完成です。

FD3S

RX-7の作業です。

燃料の偏りが早い段階で出てしまうということでオリジナルボックス製のコレクタータンクを取り付けしました。

P4130001

取外し時に若干の違和感を覚えて観察してみると・・・

P4130002

ポンプは交換してありますが取り付け方が・・・

P4130003

P4130004

タンクの深さを測るとやはり高い位置になってしまっています。

なのでポンプをステーから外して加工しました。

P4130005

ちょうど底に当たってくれるぐらいの高さになるよう調整してバンド締めしました。

これでコレクターと相まって偏りはかなり出にくくなると思います。

 

2019年4月10日 (水)

セリカ

ST205のエンジンも完成しました。

こちらも画像を撮り忘れしていますのでブログとしては面白くない状態に。。。

P4080004

クラッチはOSのツインプレートを組込しました。

少し怪しかったパワステポンプと配管も交換しておきました。ここはエンジンが降りていないと作業はかなり難しい部分でした。

ST205は当時に色々新しい技術や部品が取り入れられていますので作業は色々大変なところが多いです。

3SGT続き

SW20の方はカムプーリーをスライド式にしていますのでバルタイを測定します。

P3270001

数回測定して測定誤差をできるだけ無くしておきます。

さらに組み付けを進めて補器類も取り付けしていきます。

P3310002

クラッチはATSのメタルツインです。

ツインは乗りにくいと思っている方も多いのですが今ではシングルと同等かむしろ乗りやすいことが多いです。

 

ミッションの方はクスコのLSDを組んで、エンジンマウント等も交換していますが画像が撮ってありませんでした。👊

エンジンとミッションを合体して車に載せてからオイルクーラーを取り付けしました。

P4030003

マフラーが左出しの物になっていたので右側を利用します。

あまり低くなると破損する確立が高くなってしまうのでマフラーより高くなるように斜めにしておきました。

風が当たりにくい分はエアガイドを製作しています。

エンジンを始動して各部分に異常がないことを確認してパワーFCに慣らし用のセッティングを入力してひとまず完成です。

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

無料ブログはココログ