« シルビア | トップページ | MR-2のクラッチとLSD »

2019年5月19日 (日)

86の駆動系

ZN6のクラッチ、ドライブシャフトの作業です。

クラッチはORCのSEクラッチで軽量フライホイールタイプです。

P4280024

小径クラッチディスクでフライホイールには穴が開いています。

レスポンスが良くなりますがその分ストールもしやすくなるので慣れていないと苦労するかもしれません。

しかしアクセルレスポンスは鋭くなりますので昔の強化クラッチに慣れているような人には良いと思います。

 

ドライブシャフトはグリスが出てきていたのでオーバーホールすることになりましたが既に

P4280025 

虫食い状態になり始めていました。

本来なら交換といきたい所ですが今回は協議の結果この一箇所だけでしたのでこのままで組み込むことになりました。

« シルビア | トップページ | MR-2のクラッチとLSD »

ZN6」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルビア | トップページ | MR-2のクラッチとLSD »

無料ブログはココログ