« 試作 | トップページ | FD3Sのダンパー仕様変更 »

2019年8月16日 (金)

86いろいろ

ZN6の作業です。

色々とご注文をいただきまして、まず最初は。

P7150001

プラグとプラズマダイレクト。当店ではもはや定番の部品です。

そしてエアフィルターも交換して

P7150002

ECU-TEKでセッティングをしました。

さらに

3~4速のギヤの入りが悪いということでミッションもオーバーホール&TRDクロスミッション+WPC加工などをするために分解すると・・・

P7210003P7210004

衝撃の事実!?

この玉のサイズはシンクロキーに入っている物ですね。

更に分解していくとやはり3~4速のシンクロの部分の玉が外れていました。

P7210005

この状況から3速と4速のギヤも交換しておくほうが良いと追加注文してWPC加工にも発送しました。

もちろんケースのシフトフォークブッシュも入れ替え加工しました。

P8020006

これは分解するならぜひともやっておきたい部分です。

WPC加工はシンクロ関連の部品です。

P8020007

分解して色々チェックしているとボールが外れた影響なのでしょう、噛み込んでギヤ欠けしていました。

P8020008

もっともここはTRDクロスミッションにすると交換してしまう部分なので特に問題なし。

シフトフォークも減っていたので交換です。

P8030009

一通りチェック&交換したら組み込みです。

P8030010

P8030011

クラッチもORCのレーシングコンセプトに交換しました。

フライホイールはかなり軽量化されていますのでレスポンスは抜群に良くなりますがストールはしやすくなりますのである程度の割り切りは必要ですが案外乗りにくい程ではなく慣れれば問題ないレベルでした。

 

 

« 試作 | トップページ | FD3Sのダンパー仕様変更 »

ZN6」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 試作 | トップページ | FD3Sのダンパー仕様変更 »

無料ブログはココログ