« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月25日 (水)

4AG組み込み

コンロッドメタルが入荷したので早速組込していきます。

P9250001

ピストンは安心の戸田レーシング製です。

ブロックはダミーヘッド付きでボーリングしています。

4AGはヘッドボルトを締め付けするとシリンダーがかなり歪むことを以前に確認していますのでダミーヘッドが欲しくなって私的に作ってしまいました。

FA20はそれほど歪まなかったので時代を感じました。💦

P9250002 

ヘッドを載せてヘッドボルトは新品にして組みます。

P9250003

カムは東名ポンカムです。

バルブクリアランス測定して必要なシムを発注して今日のところはここまでです。

2019年9月23日 (月)

FA20エンジン分解

86のエンジンオーバーホール依頼が入りましたのでベースエンジンを分解します。

今回は中古エンジンをベースにして完成後載っていたエンジンを下取りする形です。

P9230005

ある程度こういう需要があるようならエンジンを作っておくのも良いかもしれませんね。

ただ、下取りするエンジンが次のベースになるので状態が気になるところではあります。

自走で入庫できる場合のみの限定でならできそうですかね。

4AG組み始め

4AG20Vのオーバーホールの加工が上がってきたので組み始めました。

P9230003

洗浄してクランクシャフトを組み・・

コンロッドメタルがまだ入荷していないので腰下はここまで。

ヘッドはポートの段付き修正してからバルブを組み込みます。

P9230004

20バルブはバルブスプリングの径が小さいのでバルブスプリングコンプレッサーのアダプターを都度交換して作業する必要があります。

 

86のエキマニ

ZN6のエキマニを交換しました。

P9220001

車検対応品でということですのでアペックス製です。

どうしてこれが良いかというと・・・理由は店頭でお話します。

P9230002

遮熱対策もして取り付けしますが遮熱シートは製品に入っていますので親切ですね。

マフラーが純正でないと保安基準適合にならないところがこの車種の難点でしょうか。

 

2019年9月16日 (月)

86のレリーズ

ZN6のレリーズからクラッチを踏むたびにキィキィと音が出て気になるということで修理しました。

踏むときに音が出る箇所はエンジンルーム側であればレリーズフォークの支点が一番出る場所です。

P9160007

この場合ミッションを降ろしてグリスアップするという作業になるのですがそれだけではもったいない気持ちにもなります。

ということで、今回は強化レリーズフォークに交換と新品のレリーズベアリング、ピポットに交換しました。

グリスアップして組み込み、ミッションを載せて完成です。

シルビアのステアリング系

S14のパワステオイル漏れなどの修理です。

ラック、ポンプはリビルトですがラックのほうがリビルト会社の方で在庫がなくなっていて現物修理となりました。

P9130005

リビルトラックにはタイロッドエンドは含まれないので再使用可能であれば良いですが、

今回はそこそこ劣化をしている状態でしたので交換しました。

P9080001

エア抜きしてアライメント調整して完成です。

コロナ

AT141のコロナに20Vの4AGが搭載してある車両ですが、ECUをモーテックにしたいとのことでスタートしましたが・・・

載せ替えしてから10年くらい経っているということだったので圧縮を測定したらかなり低くなっていました。

なのでエンジンをオーバーホールして同時にモーテックも取り付けすることになりました。

 P9100001

まずはエンジンを降ろして分解しました。

どんどん分解して棚落ちはしていませんでしたがピストンリングクリアランスはほぼ限度でしたし、

P9100002

バルブの密着もかなり悪くなっていました。

壊れているわけではなかったので一安心です。

内燃機加工に出してひとまず作業はストップです。

 

 

2019年9月 1日 (日)

86のサーモスタット

ZN6のサーモスタットを当店オリジナルのローテンプサーモに交換しました。

オーバークールにならないちょうど良い温度になるように設定してあります。

P9010005

今回の車両ではエキマニは触らずに交換可能でした。

エキマニによっては取り外しが必要なものや少しずらして交換できるものなどありますので交換作業にかかる時間が多少違いがあります。

シルビアのテンションロッド

S15で先日オイル交換をしたときに発覚したテンションロッドブッシュのグリス漏れの修理です。

P9010004

今はとりあえず修理ということでブッシュのみ入れ替えしました。

できるなら調整式のピロアームにしたいところですがそれは次回のお楽しみということになりました。

AE86のタイミングベルト

AE86のタイミングベルトを交換しました。

P8300002

同時にカムプーリーやクランクプーリーも交換しています。

合わせ位置が通常と違っていたので危うくズレて取り付けしてしまいそうでしたが違和感で気がついてズレずに取り付けできました。

スープラLSD

JZA80にLSD組み込みしました。

今回はドリフトもしたいと言うことでATSのRタイプです。

P8280001

使用用途に応じて部品を選択しないと後悔することにもなりますので相談してください。

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

無料ブログはココログ