« シルビア | トップページ | ロードスターのサーモスタット交換 »

2020年1月 4日 (土)

アリスト

JZS161アリストの作業です。

2JZのターボエンジンの載った車も経年劣化が進んできていますので劣化部分の交換からです。

Pc230004

ラジエターは純正はアッパータンク部分に細かいクラックが入ってきて最終的には割れてLLCが漏れてしまいます。

そうなる前に交換しておくほうが良いですね。他の車でも同様に起こることなので10年くらい経っている方は確認することをおすすめします。

同時に交換する部分はサーモスタット、ラジエターホースです。

Pc230001

サーモはBILLION製ローテンプサーモでホースは純正の新品に交換しました。

Pc230002

ホースの差し込み部分はこのように汚れている場合が多いので

Pc230003

きれいにして取り付けします。

 

次にブレーキです。

純正のブレーキだとかなり効きが弱く普通に乗っていてももっと効いて欲しいと思う効き具合なので

Pc240006

前後ともグローバル製の大径レクサスキャリパーキットです。

試乗しましたがこれくらいでちょうど良いぐらいに感じます。

« シルビア | トップページ | ロードスターのサーモスタット交換 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルビア | トップページ | ロードスターのサーモスタット交換 »

無料ブログはココログ