« フィット | トップページ | チタンインテークパイプ »

2020年9月25日 (金)

セリカ

ST205のフロントサス加工の依頼です。

純正シェルケースを切って溶接して車高調にするものです。

P9220007

純正のシェルケースを分解したのはいつ以来でしょうか。今はこういった分解式のシェルケースの車は無くなったのではないでしょうか。

分解して切り取り、溶接前の塗料剥がしをして洗浄。

P9220008

アジャスターを溶接して取り付けしました。ここでもまた部品の画像は取り忘れ。。。

分解時に気がついたキャンバーアジャストアームにガタがありましたので新品に交換しました。

P9250009

スーパーストラット車両はこの部品にガタが出ますので気にしてメンテしましょう。

アライメントを取って完成です。

 

« フィット | トップページ | チタンインテークパイプ »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フィット | トップページ | チタンインテークパイプ »

無料ブログはココログ