« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021年10月30日 (土)

スイフトスポーツ

ZC33Sのブレーキを交換しました。

Pa230015

制動屋の4POTブレーキキットです。

純正ブレーキだとパッド、ローターとも消耗が早いので大径ローターにして消耗を抑えると言う目的もあります。

もちろん効きも安定感もアップします。

欲を言えばリアもローターサイズアップしたいところです。

スープラのリフレッシュ作業

JZA80スープラの色々な部分をリフレッシュしておきたいということで非常に沢山の作業をご依頼いただきました。

まずはエナペタルダンパーをオーバーホールするため取り外し。

Pa170002 Pa170003

サーキットへはこれからは行く予定がないということですのでスプリング、ストロークも仕様変更します。

スプリングレートからストローク変更量を計算しておいてエナペタルへ。1週間位は掛かるのでその間に他の作業を進めます。

 

今回の目玉?のメンバーブッシュ交換のためにメンバーを降ろします。

Pa180005

いきなり降りていますが外すものはいっぱいあります。

Pa180004

降ろしたメンバーからブッシュを抜き取り、新品ブッシュに入れ替えます。

Pa190007 Pa190008

アームのブッシュも交換するのですが、純正の場合はアーム丸ごとしか部品設定がないのでアーム交換となります。

ナックルも外れていますのでハブベアリングも交換します。

Pa190010

ドライブシャフトもブーツを交換しました。

Pa200012

プロペラシャフトのセンターベアリングとダンパーゴムも交換。

Pa200013

リアサス周りはひとまず完了しました。

 

ハルテックハーネス製作

かなりバタバタでブログアップしていませんでしたが画像は撮ってありましたのでやっとアップします。

AE101でECU不具合ということでお話させていただいた車両ですが心配事を減らすためにハーネス引き直しからスタートしました。

Pa050005

配線図を確認しながら純正ハーネスをバラしてハルテックのハーネスと入れ替えていきます。

この作業がおそらく最も大変な部分でしょうね。

後からのメンテナンス性も考えて製作しておかないと何か起きたときに非常に困った事態になりかねません。

こういう作業をしていると純正が非常によく考えて作られていることがわかります。

配線が完成して本体接続、設定をしてエンジン始動・・・早速エラーが出て原因はクラセンのようでした。

中古のクラセンを借りてやってみると素直に始動してエラーも出ませんでした。

まずはここを交換してからとなります。

 

そしてもう一つ作業途中で発見。

Pa080006

マフラーのテールから中を見るとこのような状態になっていました。

ここも交換しないとセッティングできませんのでそれまでは中断です。

2021年10月 8日 (金)

フライホイール

ZN6のクラッチ、フライホイールを交換しました。

ペダルを踏むとギィギィと音がしていたので治すための作業でもあります。

Pa040003

クラッチは純正で新品に交換、フライホイールはTRD製です。

純正は誰もが乗れるようにしているのとミッションの歯打ち音の低減のためフライホイールを重くしています。

その代わりレスポンスが良くないので軽量化するわけです。

異音もなくなり、レスポンスも良くなって楽しく乗れますね。

 

ダンパーオーバーホール

N1ダンパーのオーバーホールです。

アシストスプリングを入れてあるのですがかなり圧縮して取り付けしてあるのでストロークアップもしました。

Pa040001

最大に延長しても少しプリロードがかかってしまう長さです。ロアシート、ブラケットの位置関係を変えてもう少し伸ばしたほうが良いと思いますがそうすると減衰調整が非常にやりにくくなってしまうので考えものです。

Pa040002

前後ともオーバーホールしました。

Pa040004

乗り心地が硬いということでもありましたのでバルブを少し変更して初期の動きが出やすいようにしておきました。

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

無料ブログはココログ