« 新型 | トップページ | 86のダンパーキット »

2022年5月29日 (日)

シルビアのクラッチ

S15のクラッチ交換をしました。

ずいぶん前にORCの559を入れた車両ですが、距離も結構走行し、ギィギィと異音も出始めたということで全部交換する事になりました。

今回はATSのメタルツインです。

フライホイールにインプットシャフトブッシュを忘れずに入れて

P5140001

取り付けしていきます。

ATSはセンターハブ式で組込しやすいですがクッショニングディスクを入れる方向などがあるので注意する必要はあります。

組み込んでペダルを踏むと、なんだか変な感触で遊びも大きいのでレリーズやマスターシリンダー、プッシュロッドなど調べていましたが

レリーズシリンダーとレリーズフォークの間で遊びができてしまうようなのでレリーズシリンダーを分解してみると・・・

P5140002

内部のスプリングが折れてしまっていました。

これでは遊びができてしまうのも納得です。

今までは減ったクラッチで戻されていたので大丈夫だったのでしょう。

とりあえず今なんとかしないといけないので工場内を漁って他の外れていたレリーズシリンダーから取って入れておきました。

早いうちに新品交換ですね。

« 新型 | トップページ | 86のダンパーキット »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型 | トップページ | 86のダンパーキット »

無料ブログはココログ