« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月

2022年10月30日 (日)

スイフトスポーツのエアクリ

ZC33Sのエアクリーナーを交換しました。

Pa050001

HKSのコールドエアインテークキットです。

エアクリーナーを交換するだけでなく、外気導入までするようになっていますのでエンジンルームの熱気を吸うことなく効率アップできるので良いですね。

ターボ車の場合はインタークーラーもあるので最終的にエンジンに入る温度が低くなるように考える必要はあります。

2022年10月22日 (土)

86のブローバイセパレーター

ZN6のブローバイセパレーターキットを取り付けしました。

当店のキットはバッフルプレートを入れるのはもちろんですが、ブローバイで吹いたオイルをオイルパンに戻すようにしてあります。

オイルパンは新品を加工したものです。

Pa020003

オイルパンを剥がして取り付けしていきます。

Pa020002

バッフル形状は企業秘密なので画像を入れていません。

セパレーターはエンジン後方に取り付けします。

Pa020004

オイルの戻りはステンメッシュホースです。

Pa020005

ブローバイガスとオイルを分離してオイルはオイルパンに戻すのでオイル量を増やしても大丈夫で、高速サーキットでも偏りの心配をしなくても良くなります。

 

そしてこの作業の予定でお預かりする時、バンパーが割れていることの話から私の手持ちのイングスバンパーを使用して急遽バンパー交換作業が追加になりましたのでフィッティング作業をしました。

Pa020006

サイドウインカーのソケットやクリップなど壊れているところも発覚しましたので部品発注と塗装したら本付けになりますが今回は元に戻して一旦お返ししました。

 

2022年10月 9日 (日)

スイフトスポーツのサス交換

ZC33SにテインフレックスZを取り付けしました。

P9270001

リアダンパーブラケットの形状が独特ですね。

これほど逃げを作る必要があるかどうかは少し疑問ですがスイングアームの取付部周辺は確かにクリアランスが少ないので全長調整式で外径が太くなると干渉が気になるのは確かです。

取り付けは順調に完了し、アライメントは標準よりネガティブキャンバーを付けて調整して完成です。

2022年10月 1日 (土)

ノートニスモSのサス

ノートのサス交換作業です。

ストリートで遊ぶのが目的ということでクスコストリートZEROにしました。

P9260011

今のFF車両はフロントアッパーマウントがテーパー状のゴムの塊をボディに嵌め込むような作りでストラットの傾きをゴムの変形で許容するようになっているものが多いです。

P9260013

ストラットはステアリングを切ると大きく傾きますのでこれを見るたびにダンパーのロッドが折れてしまうのではないかと気になります。

ということでセンターロック式のピロアッパーの出番となります。

P9260012

ピロアッパーであれば傾きがあっても無理なく動きます。

P9260014

車に取り付けしてアライメントを調整して完成です。

アルテッツァ空燃比異常修理

SXE10のA/Fが非常に濃い状態になってしまっていたのを修理しました。

パワーFCが付いていますのでPC接続し、空燃比計を見ながら少し調整して見るもマップの数値はおかしくないのでセッティングの問題では無い。

クランクセンサーも疑って確認して異常がないことを確認してコンプレッション確認とコイル、プラグも同時に確認。

それでもおかしいので燃圧計を取り付けしてみると4.5キロもかかっていました。

アルテッツァの標準の燃圧は3.3~3.5キロくらいと言うことなので1キロ位も高くなってしまっていました。

SXE10では燃料リターンレスの構造なので燃圧は常時一定になるようにポンプ側のレギュレターで調整されているためレギュレターAssyを交換しました。

P9210010

どうやら純正とは違うものが取り付けしてあったようです。

交換して燃圧確認すると3.5キロになり、空燃比もほぼ適正な値になりました。

燃圧が変わると空燃比も変わりますので空ぶかしと試乗をして確認しながら微調整をしているとアクセル開度がほんの少しの時に微妙に引っかかり感があったりなかったりする所があってパワーFCの失火判定が入っているのかとも思いましたがデータを見ていて違う感じでしたのでエアフロメーターも念のため交換してみたら改善してくれました。

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

無料ブログはココログ