« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2022年11月

2022年11月25日 (金)

FFヤリス

MXPA10のヤリスFFのLSDとエンジンマウント組み込み作業です。

LSDはクスコRSでイニシャルトルクをできるだけ上げるということで分解して調整しました。

Pb150002

プレート枚数が少ないのでなかなかうまくイニシャルトルクが上がっていきません。

プレート厚を変更して行くとあるところから急にイニシャルが上がる(ロックになる)所がありますのでロックにならないように何度か組み換えして調整します。

 

エンジンマウントはオクヤマ製です。

純正加工のタイプですね。

Pb180005 Pb180006

全部で3箇所ありますがかなり硬いゴムになりますので振動は結構なものでした。

 

2022年11月23日 (水)

4AG組み立て

4AGエンジンの組立作業です。

Pa190009

今回はうちに残してあったAE86のエンジンのシリンダーブロックとAE92後期ヘッドを使って製作します。

クランクシャフトはAE111の新品がまだありましたので新品をバランス取りして組んでいきます。

ヘッドはナプレックハイレスポンスキットでこれはもう4AGの16バルブエンジン製作では定番と言ってもいいと思います。

組付け始めれば早いもので今回はヴィッツリフターの在庫がなくしばらく待つことになりました。

Pb010008_20221123210801

リフターが来てクリアランスが合えばバルタイチェック+調整して組付けは完成します。

フィールダーのリフレッシュ

カローラフィールダーのリフレッシュでショックアブソーバーとエンジンマウントを交換しました。

ショックアブソーバーはKYBのニューSRスペシャルです。

Pa280005

Pa280004

アッパーマウントやインシュレーター関係も同時に交換しました。

エンジンマウントはこの車両がハイブリッドなので助手席側が非常に大変な作業になると予想していました。

予想通り大変でしたがそういう所に限って画像は撮り悪れ・・・

Pa280006_20221123205801 Pa280007_20221123205801

すべて交換してアライメント調整をして完成です。

オイルパンバッフル

ZN8のオイルパンバッフルの作業です。

シムスのバッフルを取り付けしました。

やはり皆様気になっているようです。

オイルパンを外してストレーナーを見てみるとうちの車よりは多く入っていましたが問題になるほどには見えません。

Pa160007

画像で見るとかなり詰まっているように見えますが中は広くなっているのでこの状態でもほとんど網目は見えています。

Pa170008

取れたものです。

うちの車では

P8050004

ほんの少ししかありませんでした。

オイルパンのシールは明るいグレーですが他の色もありますのでオイルパンだけを処理してもその他の部分があるので完全解決するためには全バラするしか無いということです。

なにせすべてのシールがこういう状況ですから。

P7210013 P6160039

FA20もこういった感じでしたが特に問題になっていなかったので別の問題があると考えています。

GRクロスミッションとブレーキ

ZN6にGRクロスミッションとGRBブレンボを取り付けしました。

純正のミッションがかなり入りが悪くなったということでしたがオイルを抜いてみたら小さな玉が出てきました。

どこかのギヤのシンクロキーに付くボールのようです。

このボールが外れるという症状も時々あります。

オーバーホールしてクロスミッションを入れるより新品のGRクロスミッションAssyのほうが圧倒的に安くなり、強化もされているのでこのミッションが発売になってからうちのRe+αミッションの出番はほぼありません。

Pa120001

クラッチは減っていないかをチェックして今回はそのままです。

Pa120002

ミッションの作業が終わってブレーキの交換作業をしていきます。

Pa140003

今回はハブのPCDを114.3にしましたのでハブAssyも交換しました。

取付部の面をきれいにしてから取り付けします。

ブレーキを取り付けてからの画像は何故か取り忘れ・・・

Pa140004

圧をかけてエア抜きする道具を新調しました。これでエア抜きすると踏んでやるよりもきちんとエアが抜けてくれます。

 

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

無料ブログはココログ