« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月

2023年4月30日 (日)

4AG20V

20バルブ4AGの組付けです。

P4120013_20230430204701

メタルトラブルでオーバーホールとなりましたがクランクシャフトはまだ新品がありますので気持ちよく交換です。

ヘッドはバルブを入れて燃焼室容積を測定しておきます。

P4140001

ピストンも仮組みしてトップ容積を測定し、圧縮比を計算してヘッドガスケットの厚みを決めて発注しました。

2023年4月20日 (木)

コルトのマフラー

Z27AGコルトラリーアートのマフラー中間パイプを製作しました。

P4120012

純正の中間パイプに社外のリヤピースの組み合わせでしたが接続部分のここがかなり絞られていますのでリアピース側もカットして加工しました。

P4120011

Φ60のメインパイプにするため太さが合う所まで切って

P4120008

フランジを付けて絞りの無い状態にします。

フロントパイプから製作してフロントパイプと中間パイプとの間には球面フランジを使用してエンジンの振れにも対応します。

画像ではわかりにくいですが・・・

P4120009

P4120010

中間パイプはストレートにして排気が抜けるようにしました。

ターボは2次排圧を下げることが性能アップだけでなく排気温度上昇抑制にも効果があるのでマフラーチューニングは重要です。

2023年4月12日 (水)

86のメンテナンスとクラッチホース

ZN6のメンテナンスでギヤオイル、ブレーキフルード、プラグとクラッチホースを交換しました。

クラッチホースは当店オリジナルのスーパーダイレクトクラッチラインです。

P4080007

純正のホース部分だけでなくマスターシリンダーの周りでくるりと回してあるパイプも取り外すようになっています。

これを取り外すことでエア噛みのトラブルを減らすことができます。

こんな所の部品を変える意味があるの?と言われることもありますが操作感は結構変わりますよ。

オリジナルパーツ開発とテスト

GR86もレリーズベアリングなどは同じものを使っているようなのでトラブル回避のために強化レリーズキットを作ることにしました。

P3280004

ベアリングスリーブをスチールで作って金属製のベアリングでサイズの合うものを使用し、更にはフォークもターボ用の大きく太いものが使えるというものです。

試作品ができてとりあえずうちの後期に取り付けしてみました。

P3280005

寸法は問題なくできましたのでしばらく使ってチェックです。

 

ついでという訳ではないですがLSDもOSのものとの比較をしたかったKAAZのスーパーQを組んでみました。

P3290006

プレートにWPC加工がしてあってスムーズに動作するらしいので楽しみです。

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

無料ブログはココログ