« 86のメンテナンスとクラッチホース | トップページ | 4AG20V »

2023年4月20日 (木)

コルトのマフラー

Z27AGコルトラリーアートのマフラー中間パイプを製作しました。

P4120012

純正の中間パイプに社外のリヤピースの組み合わせでしたが接続部分のここがかなり絞られていますのでリアピース側もカットして加工しました。

P4120011

Φ60のメインパイプにするため太さが合う所まで切って

P4120008

フランジを付けて絞りの無い状態にします。

フロントパイプから製作してフロントパイプと中間パイプとの間には球面フランジを使用してエンジンの振れにも対応します。

画像ではわかりにくいですが・・・

P4120009

P4120010

中間パイプはストレートにして排気が抜けるようにしました。

ターボは2次排圧を下げることが性能アップだけでなく排気温度上昇抑制にも効果があるのでマフラーチューニングは重要です。

« 86のメンテナンスとクラッチホース | トップページ | 4AG20V »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 86のメンテナンスとクラッチホース | トップページ | 4AG20V »

無料ブログはココログ