ZN6

2024年2月 6日 (火)

GRクロスミッション

ZN6にGRクロスミッションAssyを流用です。

オーバーホールするか新品を買うか迷うところです。

P8010002

ケースまで新品になるのでお得感はあります。。。が新型になって変更された部分がウイークポイントとなってしまっているので心配な部分が新たにできてしまいました。

P8010001

レリーズベアリングとフォークは当店の新商品です。

ここは新型になっても変更されなかった部分で相変わらず心配な所になりますから結局自分で作りました。

P8010003

あとは同時にシフトリンケージブッシュと

P8010004

P8010005

エンジン、ミッションマウントを強化品に交換しました。

86の水回り

ZN6の水回りの部品を交換しました。

P7250019

ラジエターホース、ヒーターホースとパイプ

P7250020

ウオーターポンプも交換しました。

ZN6もいつの間にかこういうところを交換しておきたくなる年式、距離になったんですね~。

2023年11月 4日 (土)

バンプステア修正キット

当店オリジナルのバンプステア修正キットの取り付けです。

フロントロアアームのピロブッシュとステアリングラックブッシュで構成されているパーツですが初期から少し改良して

ピロブッシュのカラーを上下入れ替えしてアンチダイブ性の変更ができるようにしました。

P7190013

今回は初期の設定の通りノーズダイブが起きやすい方向です。ショートサーキットに向いています。

ロアアーム角度が変わるので後ろ側も同時にピロブッシュにすることをおすすめしています。

P7190014

これにラックブッシュを入れ替えてラック取り付け位置を変更することでバンプアウトを軽減するのでコーナーの回り込み性能が上がります。

P7190015

どうしてこの部品を開発したのか。。。は、直接聞いてください。

86に車高調

スタイルCbのお客様です。

少しだけ車高を落としてスポーツ性も高めたいということでしたのでクスコのZERO-Aを取り付けです。

P7150009

サスキットの選択はなかなか悩ましい問題ではありますが使用する目的に合わないものを選んでしまうと楽しいはずのカーライフが楽しくなくなってしまいます。

なのでよく相談していただいてからどういったキットをおすすめするかを考えてお話をさせていただいています。

2023年10月 9日 (月)

イングスエアロ

ZN6前期車両にIngsのエアロを取り付けしました。

P7120004

フロント、サイド、リアの3点セットです。

当店の前期デモカーと同じエアロですがボディカラーが違うと随分スッキリとしたイメージです。

P7120005

エアロパーツは納期がかかるようになってきているので取り付けする計画はお早めに。

2023年8月30日 (水)

86のデフ

ZN6のLSDの組み込み作業です。

デフはいつものOSデュアルコアSPLです。

P6240002

パワーをかけていない時はフリーに近くなるので市街地走行ではオープンデフに近い乗りやすさですがいざパワーをかければロックして前に進んでくれます。

同時にデフマウントブッシュをTRD製に交換しました。

P6250003

そろそろ劣化している車両も多くなってきていますのでデフを外す機会があれば交換しておくと良いでしょう。

P6250004

更にドライブシャフトも

P6240001

このようにグリスがしみ出てきているとオーバーホール時期だと言えます。

インボードジョイントがこのようになっていたらオーバーホールを考えてください。

 

BRZのクラッチ

レリーズベアリングからの異音が出ていた車両のクラッチ交換作業です。

レリーズベアリングトラブルはそこそこありますね。

P6030005

分解して手で回すとゴロゴロした感触があります。

P6030007

クラッチももう交換する時期でしたのでちょうど良いタイミングだったと言えます。

P6030008

フライホイールはレーシングギア製に交換します。

もちろんパイロットベアリングも新品を取り付けします。

 

2023年6月13日 (火)

BRZにLSD組付け

ZC6にデフ組み込みをしました。

LSDは当店で定番のOS技研デュアルコアのSPL仕様です。

P5090008

標準仕様よりも空転が起きにくいように内部仕様を変更してあります。

ショートサーキットでは縁石を使いたいときが多々ありますがその時にギリギリ空転するかしないかの線を狙ってセットしています。

 

デフを降ろすときマフラーのステーが折れていることに気がついたので取り外して修理しておきます。

P5090009

見てしまったらそのままというわけには行きません。

P5090010

付けました。

 

86の吸排気

ZN6の吸排気チューンです。

エキゾーストはアペックスフルエキゾーストのRS-Xです。

スパ西浦を走行するということで静かなマフラーを選択しました。

P5050002

エキマニ部

P5050005

キャタライザー部

P5050006

マフラーサイレンサー部

N1マフラーの方は音が大きく抜ける分ピークパワーが出てRS-Xの方は中間トルクが出るといった特性になっているとのことです。(メーカー営業者談)

吸気側は

P5050007

HKSエアダクトとアディショナルインテーク、インテークパイプとエアフィルターを交換して外気導入重視の仕様です。

取り付け完了してECU-TEKでセッティングをして完成です。

2023年6月 5日 (月)

86のドライブシャフト

ZN6で発進時などにゴトッと異音が出ていたのでドライブシャフトのガタがあるのを確認して分解しました。

P5050003

インボードジョイントに虫食いができていましたのでジョイント部分を交換します。

P5050004

オメガのグリスを入れて組んでいきます。

この車両は10年を過ぎていましたのでブーツも破れていませんでしたが新品に交換しました。

ガタもなくなり異音も解消しました。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ